プアーカップ激戦記!上位入賞を狙う2人の熱き闘いは上永野フィッシングリゾート!

スポンサーリンク

第2回プアーカップ開催中!

第2回プアーカップ開催!今回はルールが違う!【募集要項はこちら!】

 

 

小物ハンターの私ももちろん参加します。参加して「優勝賞金をあげない」という暴挙に出るためです。

 

 

 

 

そして今回はモーセK氏も参戦します。優勝したら全額を「こども食堂に寄付」するつもりなのでしょうが、Amazonギフト券で渡されるためそれは叶いません。

 

 

場所はどこをチョイスしたか。もちろん大型が狙える場所です。

 

 

しかしまず釣れなければいけません。ボウズとの闘いの結果、ようやく釣った20cmのニジマスでエントリーするわけにはいきませんからね。

 

ある程度釣りつつ、その中に大物が入ることを願う。そんな釣りが出来るところはないか。

 

 

ありました。私お気に入りの場所が!

 

 

「上永野フィッシングリゾート」ですね。数釣りが出来てヤシオマスも狙える。

上永野フィッシングリゾート釣り場案内!【場所・料金・ポンド・レギュレーション】

 

 

釣りが楽しめる上に食事も美味しい。1番の理由はそこです。

 

本末転倒なことを言いましょう。はっきりいって私なんて釣れなくても食事が美味しければ良いのです。鯉の釣り堀に三ツ星レストランが併設されていれば間違いなく通ってしまう食いしん坊属性の人間なのです。

 

上永野は間違いなく釣れる。土日は約束できませんが平日は間違いなく釣れる。その平日の間隙を突いて出撃です。

 

 

 

朝7時到着。朝一の整理券を取ろうと受付小屋に向かったが…、

 

 

 

な、なにぃ!すでに始まっている!!

 

 

上永野フィッシングリゾートにはオリジナルHPがないため、どこかの情報を頼りに行ったのですが季節によって早く開くとは…、完全に出遅れました。

 

 

 

爆釣ポイントの流れ込み2(柳側)に入れる…訳は無いか。

すでに両脇に先客がいます。

 

 

 

 

しかし柳の下はキープ出来そうです。とりあえず安泰か。

 

 

 

 

…!?

 

 

異変に気付きました。

 

 

 

「足元に全然魚がいない!!」

 

 

前回(3月)の上永野では足元にたくさんのブルックトラウトとイワナ。「置いておく」で爆釣でした。

上永野放流時の攻略法!赤金・オレ金よりも〇〇〇カラーが効果的だと…!?

 

 

しかし…、いない!足元にいなければ私の爆釣はありません。インチキ縦釣りでの爆釣が出来ないのです。

 

 

 

ちいっ!外したか…!

 

 

シャゲ(シャア専用ゲルググ)にビールライフルをかわされたアムロよろしく悔やみながらもカラコンZ。遠投を試みます。

 

 

 

岸から7~8mのところにトラウトの群れが帯を成しています。確実に魚量はあるのですが足元ではない。どう出るか。

 

 

 

着水させてフォーリング。上層まで上げてまたフォーリング。すると、

 

 

 

 

ヒット!

 

桃色カラコンZに好反応!とりあえず1匹をキープします。

 

 

一方、同じく桃色カラコンZを投げているモーセK師にはアタリすらありません。

 

 

 

おそらく使い方か。いや、実は桃色カラコンZの産みの親である私ですら使い方なんてわかりません。

 

しかし朝霞ガーデンで実績があるのが「魚のいる層をリフト&フォール」。当然「置いておく」の次にですよ。

 

 

今さっき釣った魚もその戦法。その後も何度かアタリはありました。

 

 

しかし爆釣感ゼロ!前回の上永野とは雲泥の差です。

 

 

モーセK師には申し訳ない気持ちです。遠くまで行くのがイヤだというモーセK師を爆釣が待っているとそそのかして釣れてきたと言うのに。

 

 

そもそも今回は久しぶりに「アリゲーターガーM氏」が来ると言うから上永野にしたのに。直前になって「親指が化膿した」なんて確変20連チャンぐらいあり得ない理由で欠席された私達は何なのですか。

 

 

 

そんなことはどうでもいい。今回はプアーカップがかかっている!どんな状況でも負けるわけにはいかないのだ!

 

 

次回、ヤシオマスを求めてグリーンが迷走する…!

激シブの上永野!フライオンリーの状況でルアー勢が一矢報いるか…!?

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 まあまあ面白かったという方、投票お願いします!

 

 

 


関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

お役立ち記事カテゴリー人気記事!

“プアーカップ激戦記!上位入賞を狙う2人の熱き闘いは上永野フィッシングリゾート!” への2件のフィードバック

  1. タカ より:

    グリーン様

    どうやら難しい日の上永野に行ってしまったようですね・・・。

    しかもインレットを抑えられていて、柳の下に魚が溜まってないとなるとかなりの難しさです。

    私も過去に午前中で4匹という激渋を経験し、心を折られた事があります。

    ただ、ご飯は美味しいので許せますが!

    それはそうと画像のニジマスはヒレを見る限り頂鱒か発情しているニジマスのように見えますがどうでしたか?

    • green より:

      え?そうなんですか?モーセK師に持って帰ってもらっちゃいました!上永野は厳しかったですね。私の技量ではどうにも出来なかったです…
      まあご飯が美味しかったんで全然いいんですけどね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です