5月の本牧釣り施設はイワシとアジとコノシロが爆釣!?

神奈川県の横浜市にある本牧釣り施設。関東ナンバーワンの釣り公園として名高い所ですね。

本牧海釣り施設朝一の並び方&釣り方徹底解説!【これを読めば初めてでも怖くない!】

 

久しくこの本牧釣り施設に行っていませんでしたが、とある用で横浜に車で来る機会があったため、久しぶりの参戦です。

 

 

 

5月のちょうど良い陽気。サイトの釣果報告によるとシコイワシが万超え。アジやコノシロも釣れているようです。

 

コノシロがこれだけ上がっているのもなかなかのレア。しかし私にはコノシロは不要。

 

前回コノシロを上手く下ごしらえできず、激臭となってしまったことは言うまでもありません。

釣れたのはコノシロ…!いわく付きの嫌われ者を酢漬けで食せば…?臭いっ!

 

 

しかしイワシとアジは欲しい。できるだけたくさん欲しい。本牧の黄金アジは高級品ですからね。

 

 

 

朝6時オープンに間に合うよう出発。平日なのでゆうゆう場所は取れます。

 

この季節の土日は1000人超え。しかし平日なら300〜400人程度がいいところ。

 

沖桟橋の手前内側に陣取ります。

今回は一人での釣行なので場所取りも楽。狭いスペースなら受付から近いところでも余裕でキープできます。

 

 

 

朝一はチャンスなことが多いため、急いでサビキを準備します。早速周囲ではイワシの一荷も上がっています。

今回は生タイプのアミサビキにチャレンジ。とはいってもパック物ですが。スプーン付きで便利なんですよ。

 

 

 

ああーーーっ!!

スプーンが折れました!万事休す!手?手でやるのか!?

 

 

釣具箱の奥にコマセ用スプーンを発見!助かりました。

 

 

 

そしてバケツで海水をくんで紐のフックを金網に掛けようとすると…、

 

 

ああーーーっ!!

今度はフックが折れました!破損続きの立ち上がり。担保の無いままバケツロープを必死に引き上げます。手を離したら終わりですからね。

 

 

 

勝手に九死に一生を得ていると、左隣の親子にヒット。この親子は羨ましいことにお父さんと娘さん。娘が父と二人きりで釣りに行ってくれるなんて良いですよね。うちでは考えられません。

 

 

しかし今日の潮の流れは鬼!鬼がかっています。

 

落とし込むと即座に左に2メートル流されます!これは釣りにならない!

 

オモリを10号から30号にチェンジしますが大して変わらず。周囲も苦戦しています。

 

 

 

開始一時間アタリ無し。周りではそこそこ釣れているのに私にはアタリなし。

 

潮が止まるのを待ったほうが良いのか。売店でおにぎりを買って食べます。

 

 

私は高血圧症のためカップ焼きそばを我慢しておにぎりにしました。しかし、高血圧症の人には絶対に知っておいて欲しい情報を我が身を持って入手したので惜しげもなく公開します。

 

 

 

売店の手作りおにぎりは激塩!本牧の大潮よりも激塩です!

 

 

カップ麺よりも塩分が高いんじゃないかと思うほどの塩っぷり。市販品おにぎりも売っているので塩分を気にしている方はそちらにしたほうが良いでしょう。死にますよ。

 

 

 

また戻って釣りを再開します。潮もだいぶ収まり真下に落とせるほどに。オモリを10号に戻します。

 

 

しかし…、今度は魚の動きも止まる!周囲でもアタリがストップしました。

 

 

潮が止まればアタリも止まる。当然なのですがどうしようもない。八方ふさがりです。

 

パックマンのような四方ふさがりではない。スーパーフォーメーションサッカーぐらいの3Dな八方ふさがり。スーファミレベルです。

 

 

 

仕方がないので入口付近でコーヒーを飲んでサボります。

 

すると本牧釣り施設のスタッフさんが通り掛かりました。私はここぞとばかりに突撃しました。

 

 

「今の時間は駄目ですかね?」

 

 

「イワシなら釣れると思うんですけどねー。お客さん、サビキですよね?」

 

 

なぜ?なぜ私がサビキだとわかった?今いるところは受付施設の入り口付近。私の釣具なんてありません。さすがここのスタッフ。私の卑しい顔だけを見て瞬時にイワシ狙いだと読んだのですね。

 

 

「ここのレンタルのサビキはピンクっぽいんですよ。だからピンクだとスレちゃって釣れづらいかもしれませんね。」

 

 

 

なるほど!それは特ダネだ!

 

 

 

「まあ、イワシだけ狙う小物狙いもそうはいないと…」

 

スタッフさんがそう言いかけたであろう瞬間、私は釣り場にダッシュします。

 

 

「そうか、わかったぞ!完全勝利だ!本牧のイワシは全て独り占めだーっ!」

 

 

この特ダネは誰にも教えてやりません。もし私が爆釣して、周囲から「どんなサビキがいいんですか?」なんて聞かれても「今、ピンクのスキンが熱い!」なんてコンドマニアの店員のようなことを言って教えてやりません。

 

 

 

次回、特ダネを仕入れたグリーンに勝機はあるのか!極スモールゲームに挑む!

シコイワシ一匹に執念を燃やす卑しき漢の釣りを見よ!

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 まあまあ面白かったという方、投票お願いします!

 

関連記事です!

人間失格系カラコンルアー好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

“5月の本牧釣り施設はイワシとアジとコノシロが爆釣!?” への1件のコメント

  1. アバター タカ より:

    グリーン様

    海釣り良いですね~!

    私は一度しか海釣りした事ないですが、釣れた場合の魚種の豊富さは楽しそうですね。

    毎年、仕事の出張で海のそばで働きますが、ヘトヘトで一度も釣りに行けてないのでいつかやってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です