魚からしか摂れないDHAやEPA!釣り人が知りたいマニアックすぎる一覧表でまる分かり!

スポンサーリンク

大人気不飽和脂肪酸の「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコタペンサエン酸)」ですが、青魚に多く含まれているという話は聞いたことありますよね。

 

このDHAやEPAは脳の発達生活習慣病予防等に効果的といった話も聞いたことがあるでしょう。

 

 

 

しかし、DHAやEPAを調べていると驚きの内容を目にしました。

 

「DHAは脳の発達に効果があるが、血液の改善にはEPAの方が効果がある。よって子供の脳の発達にはDHA、大人の健康にはEPAが効果的。」

ニッスイ DHAとEPAの違い

 

 

今まではDHAを採っていれば血液サラサラになるのだと思っていました。しかし実際に主に作用するのはEPAの方だったんですね。

 

DHAの成分は脳まで到達することが出来るが、EPAはそれが出来ないのだとか。そのため脳に良いのはDHAなのですね。ちなみにDHAは「網膜」に良い効果をもたらす働きもあるそうです。

 

 

その代わりEPAはDHAよりも血栓予防効果は高い。どちらかと言うと我々生活習慣病予備軍である「不摂生サラリーマン」はEPAの方が気になります。EPAはどのようにして摂れば良いのでしょうか?

 

 

 

しかし心配ご無用。なんとDHAを多く含んでいる魚にはEPAも多く含まれているのです。

 

 

 

良かったですね。今までのあなたの努力は無になりませんよ。サプリメントを使っていた方、切り替えを検討しなければなりませんね。

 

 

そういった誤解が「DHAで生活習慣病予防」というキャンペーンにつながってしまったのでしょうね。もちろんDHAも生活習慣病予防に効果が無いと言うわけではありませんが。

 

 

 

さて。この大人気不飽和脂肪酸DHAとEPA。実は他の食品から摂ることは大変難しいのです。

 

 

 

鶏肉や牛肉には全く含まれていません(鶏卵には少々あり)。野菜、果物類にもほぼ無し。絶望的です。

 

 

そのかわり魚ならとりあえず何でもOK、以外と川魚にも豊富に含まれています。

 

 

しかも我らが大好きトラウト類にも多く含まれているのです。

 

 

 

全国養鱒振興協会が頑張ってPRしているのが「マス類のDHA」。全国養鱒振興協会のテーマソング「ヘルシーニジマスくん」の歌詞の中にもありますね。

全国養鱒振興協会のテーマソング「ヘルシーニジマスくん-虹鱒GOLD-」を聞いてみよう!

 

「栄養豊富~イェイイェイイェイ」と。

ヘルシーニジマスくん~虹鱒GOLD~楽曲へ

 

 

この栄養豊富なトラウトを好きなときに釣ってきて食べられる我々釣り師は何て幸せなのでしょう。

 

 

 

さあ、そんなこんなを伝えたついでに「どんな魚にどれくらいのDHAやEPAが含まれているの?」という全世界からの疑問に答える形で私が調査した、

 

「釣り人が気になる、よく釣れるポピュラーな魚に含まれるDHA&EPA一覧!」なるものを公開します。

 

 

これははっきりいってマニアックなため、どこにも載っていないという自負があります。

 

 

 

何故なら、厚生労働省HP内にある、成分表から私が独自に抜き出したという賜物だからです。

 

 

 

ド暇ですね。

 

 

 

しかしこのマニアックさの不実用性をツッコまない寛大な皆さまにはお見せすることとしましょう。刮目せよ!

 

 

 

(可食部100gに対しての含有量。焼いた物は溢れ出した脂分に多く含まれているというのでご注意を。)

魚名測定

DHA

mg

EPA

mg

マイワシ870780
マアジ570300
マサバ970690
ゴマサバ830230

 

 

 

 

 

 

 

まずは青魚。当然のようにDHAやEPAが豊富に含まれています。

 

注意点は「イワシ」のような小さな魚です。

 

1匹あたりでなく100gあたりですから例えば1匹の魚体に倍の違いがあれば倍の換算率で考えなくてはいけないのですね。

 

 

また、マサバとゴマサバでこれだけEPAの含有量が違うものなのですね。「ゴ」しか違わないのに・・・。

 

 

魚名測定

DHA

mg

EPA

mg

マダイ天然生610300
マダイ養殖生780520
クロマグロ赤身生12027
クロマグロとろ生32001400
メバチ19040
ウナギ蒲焼き1300750
ブリ1700940
カツオ春獲生8824
カツオ秋獲生970400
サンマ刺身28001500

 

次にその他のメジャーな魚です。驚くべきはマグロの赤身とトロの含有量の差。不飽和脂肪酸は脂ですから脂身の部分に多く含まれているという訳ですね。

 

魚の目の回りにも多く含まれています。ちなみに我々人間も同じく目に多くDHAが含まれているそうです。

 

 

カツオが春獲りと秋獲りでここまで数値が違うのも驚きです。やはりカツオは初鰹より戻り鰹なのですね。

 

 

 

魚名測定

DHA

mg

EPA

mg

すけとうだら生たらこ600510
ボラからすみ19001100
アンコウ肝生36002300
しろさけスジコ24002100
しろさけイクラ20001600

 

魚卵や内臓には多くのDHAやEPAが含まれていますが、やはり100gあたりの値ですからイメージよりも摂取できる量は少なくなります。

 

イクラやタラコなど中年が多量に食べたら死期が近くなります。医者には「脳の栄養の為に脳出血を起こすとはこれいかに」などと揶揄されるでしょう。

 

あん肝なんて多量に食べたらお金がいくらあっても足りません。あれは富豪専用の食べ物なのです。

 

 

 

魚名測定

DHA

mg

EPA

mg

ニジマス

海面養殖

皮付き生

1300600
ニジマス

淡水養殖

皮付き生

550140
イワナ養殖生350110
アユ養殖焼620250
サクラマス生(海?)960390
ヤマメ養殖生470130

 

マス類にも含まれています。しかしニジマスは海面養殖のほうが豊富に含まれていますね。淡水のニジマスもDHAが多く含まれているので子供に強制的に釣ったニジマスを食べさせたいところですね。

 

 

魚名測定

DHA

mg

EPA

mg

あまえび2531
くるまえび養殖生4435
毛ガニ31100
しじみ5341
はまぐり4532
ほたてがい2182
かき養殖生71120
くらげ塩蔵00
しゃこゆで120110
するめいか13043
まだこ6840
うに25400

 

意外なのが魚以外の魚介類です。蟹や貝にも多く含まれていると思ったら全然少ないのですね。

 

くらげなんて「O」です。我々は何のためにくらげを食べているのでしょうか。水分を採るためだったのでしょうか・・・。「海のキュウリ」と呼びましょう。

 

 

 

その他のスーパーマーケットではレアキャラだけど釣り人にとっては結構ポピュラーな魚達です。

魚名測定

DHA

mg

EPA

mg

イサキ810350
アナゴ550560
イシダイ300500
おきあみ200350
うぐい17048
マガレイ72100
カワハギ118
キンメダイ870270
養殖生510270

 

カワハギにほとんど含まれていないのはショックですね。痩せてますしね。

 

 

魚名測定

DHA

mg

EPA

mg

銀鮭養殖生1200740
サワラ1100340
スズキ400300
タチウオ1400970
ナマズ440210
ナイルティラピア27031
ハゼ1216
ヒラメ天然生290120
フナ110190

 

ナイルティラピアは果たして食べられるのでしょうか。

 

意外とタチウオのEPAが高いのが驚きです。ジギング好きは生活習慣病にならないということですね。

 

 

 魚名測定 

DHA

mg

EPA

mg

トラフグ養殖生5519
ほっけ530450
ボラ590370
メジナ450200
メバル390370
ナマコ616

 

 

 

どうでしたか?

 

いらない知識でしょう。

 

 

しかし自分の釣った魚に含まれている戦闘力(DHAやEPAの量)が高いとなんだかほっこりしますね。

 

 

子供の発育と家族の健康のために魚を食べよう!

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ
今日の記事まあまあ良かったぞ!という方投票お願いします!

 

関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

お役立ち記事カテゴリー人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です