上永野のクリアポンドを早くも攻略!?見えマス釣りを堪能せよ!

スポンサーリンク

前回は上永野フィッシングリゾートの釣り場紹介をしました。リゾート感満点の釣り場でのフィッシングを心ゆくまで堪能したくなったでしょう。

上永野フィッシングリゾート釣り場案内!【場所・料金・ポンド・レギュレーション】

 

 

 

しかし釣れるのか。これを証明しないことには「全国管釣り紹介師」の私の使命は果たせません。

 

 

 

ちなみに「管釣り師」ではありません。「管釣り紹介師」です。誰にも頼まれていないのに全国の管理釣り場を自腹で世に紹介していくという厳しくもやりがいのある仕事です。お金が無いのでもう辞めようかと思っています。

 

 

 

しかし今年の任期はせめて頑張らなくては。誰からも決められていない任期を全うします。

 

 

上永野フィッシングリゾートに到着しました。東北自動車道「栃木IC」からほぼ直線で20分ほど。大変交通の便が良い釣り場ですね。

 

 

 

今回も同行はta氏。前回のアルクスポンドでは私の3匹に対して30匹オーバーを見せるなど類い稀な実力を秘めています。今回も上永野フィッシング攻略なるか。

 

 

 

さすが情報が早いta氏。「貧乏アンテナ」をしっかりと張っていますね。前に紹介した「2年生」様考案の「メガヒート手袋」を用意してきました。今回はそれにさらにアレンジを加えてコンパクトな靴用カイロを使用しています。なかなか考えましたね。

これがかなり収まりが良いとのこと。これなら冬の釣り場でも快適に釣りが出来ますね。皆さんもぜひ参考になさってください。

 

 

 

 

 

車から降りて釣り場を見渡すと…、

 

 

 

 

「な、なんだここは…!」

ポンドを見て度肝を抜かれます。何に度肝を抜かれたかというと、「後ろの木の高さ」です。クリアポンドにも度肝を抜かれましたが、「後ろの木が細くて長い感じ」に比べると比ではありません。

 

後ろの木の高さはリゾート感と比例します(個人の感想です)。この後ろの木の高さの中で釣りができるなんて心が躍りますね。

 

 

 

 

 

なんだかストーリー性のありそうな女性マスターに受付をしてもらい、いざ1日勝負です。

 

 

まずはメインポンドの手前側から。ボートが雰囲気を出していますね。

 

 

ちなみにサブポンドのルアーポンドはかなり厚くが張っていて、朝一では釣りにならなそうです。

 

 

 

 

しかしこちらのメインポンドも中々の氷の張りよう。

 

足下はまだ溶けておらず、場所によっては釣りになりません。それを考慮してファーストルアーを選択します。

 

 

 

「足下は氷。5m向こうは溶けている。風速はほぼ0mか…」

 

 

 

 

 

 

 

 

「加藤鷹のゴールドフィンガー2017」しかないですよね。

なぜ「顔ルアー」は釣れるのか?3倍体を狙うために特化されたニュー自作ルアー開発!

 

 

クリアなポンドで魚の反応を見てみます。

 

なかなか反応は良い。魚の反応が露骨に見えるクリアポンドは最高ですね。しかもここは「鬼クリア」。「鬼クリ」です。魚のプライバシー完全無視の鬼クリポンドなのです。

 

 

 

 

 

 

来た!初ヒットです!

氷と一緒に魚をランディング。やっぱりファーストルアーの選択が間違っていませんでしたね。さすが鷹さん。

 

 

しかし反応が無くなりました。というかルアーが見えづらいため、合わせるのが難しいのです。「ラインで合わせる」ほどの勢いが魚にないため、口に入れた瞬間に目で見て合わせる卑しい釣りをしています。

 

 

 

 

 

「少し氷が溶けてきたな…」

 

 

 

状況の変化に合わせてルアーをチェンジします。

 

 

 

 

 

 

 

飯島愛さんと紅音ほたるさんの顔を使った「往年の名女優」です。

UVレジンルアー大量増産!蓄光・ラーメン・ステーキ・往年の名女優まで!?

 

 

 

 

 

 

やっぱり正解でした。2匹目をゲットします。

 

 

皆さんはすでにお分かりだとは思いますが、このメソッドの解説を少し。

 

 

まず若者の多い都心部の釣り場ではなく、山林地域の釣り場ということがポイントです。

 

 

若者に好まれがちな若手ではなく、あえてカリスマ性の高い「加藤鷹」をチョイスし、次いで名声の高い演技派女優「飯島愛&紅音ほたる」へローテーションする。

 

氷の張っている水温の低いポンドならなおさらです。

 

 

 

 

希志あいのを使おうかとも思いましたがやはりこちらが正解でしたね。

 

 

 

 

…まだ読み続けてくれている読者の方のために普通のルアーに戻します。

 

 

 

 

セニョールトルネードの反応はいかに?

 

 

 

駄目です。追ってくるスピードが遅すぎます。怠慢です。これは「セニョールを追ってくるフリをしている」だけです。

 

 

「待ってよ~。」なんて追ってるフリをしているだけで顔はにやけています。これではいくら投げても食いません。

 

 

 

 

 

次にクランク。定番の「バービー&ふわとろ」を投げますが反応がよろしくない。

 

 

水温が低く活性が上がっていないためか?「普通のルアー」のことは全く分かりません。

 

 

 

 

 

 

「これは早いうちに出来るだけ釣っておかなくては…」

 

 

クリア水面を生かしたルアーで出来るだけ数を稼ぐこととしました。

 

 

 

次回、上永野フィッシングリゾートでセコ釣り!自作ルアー〇〇〇〇〇〇〇〇〇で連発だ!!

上永野のサブポンド「ルアーポンド」を攻略せよ!氷を割って出て来たのはブルックトラウト!

 

 

 

〈皆様のご投票でもっと上に登りたい!よろしくお願いします!〉 にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 

 


関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

お役立ち記事カテゴリー人気記事!

“上永野のクリアポンドを早くも攻略!?見えマス釣りを堪能せよ!” への2件のフィードバック

  1. タカ より:

    グリーン様
    順調に釣れているじゃないですか!
    縦で釣れている時は足下・岸際についてるいイワナ系も狙い目ですよ。
    先日自分が行った際は岸際にいたジャガーを狙ったら40アップが釣れました。
    あっ、画像に写ってたta氏とリリーサーが自分と一緒で ちょっと嬉しかったです。

    • green より:

      ジャガーもいましたか!なんだか色々いすぎて訳が分からなくなってきますね!あれだけ多種を入れるのは大変でしょうね。
      足元にもうじゃうじゃいるし、逃げないのが面白いですね。
      ta氏公認の「メガヒート」手袋もご愛用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です