さいたま水上公園釣り場紹介【場所・料金・レギュレーション・ポンド】

スポンサーリンク

埼玉県上尾市にある「さいたま水上公園」。ここでも冬季はトラウトフィッシングが楽しめます。

 

 

注意していただきたいのが上尾水上公園ではなく「さいたま」水上公園だということ。

 

 

住所は上尾市にあるので、「あー、さいたま市にあるプールフィッシングね。」などと勘違いすると案外遠いです。

 

 

 

 

さて、この上尾、いや、さいたま水上公園のプールフィッシング。結構難しいです。

 

 

先日川越水上公園に挑んで3時間で5匹という敗北を喫した私には到底攻略することは出来ないでしょう。

川越水上公園は「巻き」しか通用しないのか!?とんだセニョールトルネーダー来襲!

 

 

 

しかしこれから行こうとしている方のためにも何かの攻略法を紹介出来ればと思います。

 

 

 

場所

まず場所。先ほどからしつこいほど「上尾市」にあるのに「さいたま」水上公園と名乗っていると言っていますが、確かにさいたま市との境に近いのです。

 

 

国道17号を北上し、さいたま市を抜けたころに右折していくとすぐです。

 

 

 

冬季のプールフィッシングでは入り口が一つ、従来のプールの正門とは真逆に位置する入り口ですので注意しましょう。私は1周しました。

 

 

 

「大きい駐車場(一つしか無いが)からすぐの入り口」と覚えておきましょう。

 

 

 

 

料金

料金は埼玉県内にある他のプール釣り場とほぼ同じ。実は埼玉県内にある公営(西武園を除く)4つのプール釣り場では「加須はなさき水上公園」以外は同料金。加須はなさき水上公園はオールリリースの持ち帰り禁止なためでしょうか、少しお安くなっております。

 

 

3時間2060円1日2570円という、「短時間釣り人」に無慈悲な料金設定となっています(子供は半額)。しかし1日釣りをしたい人にはこの上なくリーズナブル。おそらく全国トップクラスの安さでしょう。

さいたま水上公園料金表

 

 

 

1日券が「共通券」となっているのも面白いところ(加須はなさき除く)。1日で「さいたま水上公園」と「川越水上公園」を3時間ずつ楽しむ。4120円かかるところを2570円で済んでしまうのですからね。

 

 

「1日で管釣り2~3箇所釣り」という常人では考えられない釣り超人を生み出しています。

 

 

 

レギュレーション

次にレギュレーションですが、これもおそらくプールフィッシング界では厳しい部類に入ると思います。

 

 

近隣の他のプール釣り場「としまえんフィッシングエリア」や「西武園フィッシングランド」と比較すると、マ式やフェザージグ使用不可ですから。

 

他には、テンカラ禁止、バーブレスならトリプルフックもOK、ペットの入場禁止。こんなところに注意すべきでしょうか。

 

マッディウォーターの中では関東最強の難易度と言っても過言ではないと思います。(個人の感想です。)

 

 

 

 

 

持ち帰りについては制限あり。1日なら10匹、3時間なら7匹。子供はその約半数です。

 

 

エサ釣りについても触れておきます。ここでのエサ釣りは3匹以上から「買い取り制」となってしまいます。一匹300円とリーズナブルではありますが、30秒で一匹釣れてしまうような鬼活性のトラウト達がエサ釣りプールにいます。

 

 

エサ釣りポンドは思いっ切りミニサイズでもあるため、ファミリーでのんびりエサ釣りなんてわけにはいかないので注意しましょう。

 

 

私は昔、子供を釣れてさいたま水上公園に行き、ルアーで全くのノーバイト。諦めてエサ釣りをやると爆釣の即終了。「中間は?ねえ、中間は?」と嘆き悲しんだものでした。中間を切に欲します。

 

 

 

 

ポンド

ポンドはこのマップをご参照ください。

 

【大型プール】

特筆すべき点は「水車の影響が強い」こと。水の流れが作られている水面が半分程度あります。

 

 

ワンド風になっているポイントは水の流れの影響は受けていません。静水面ですね。

 

 

 

大型プールはフルキャスト可の大きなポンドです。むしろフルキャスト出来るかが鍵となるでしょう。

 

 

 

 

【小変形プール】

こちらは水車の影響がより強い。半分以上の水面に水の動きがあります。軽いルアーは動きが定まりませんね。

 

 

 

こちらはフライ不可。フライがOKなのは「大型プール」のみとなりますので注意しましょう。

 

 

 

 

【スライダーポンド】

 

 

2箇所のメインポンドに初心者用ルアーポンド(スライダーポンド)、極小のエサ釣りポンドと初心者用ルアーポンドは同じポンドに仕切りが入っている状態となっています。

 

【エサ釣り場】

初心者用ポンドとエサ釣り場の水質はクリア。メインポンドはマッディウォーターとなっています。

 

 

 

 

食事処は無し。しかしポットが常備されている「休憩室」があります。割り箸や電子レンジも常備されているのが嬉しいところ。心ゆくまで持ち込んだカップラーメンやコンビニ弁当を食べましょう。

 

 

その他の注意点は、ランディングネットやビクの貸し出しはありませんが、ビクの代わりにバケツを貸し出してくれます。

 

また釣り券は帰りに返却しなければならないので過剰な時間オーバーに気を付けましょう。

 

 

 

次回はそんなさいたま水上公園での釣行記だ!関東最難関の管理釣り場を制覇せよ!

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 「このブログを日本一にしてやる!」と思ったアナタ。投票お願いします!

 

 

 

関連記事です!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

自作魚料理レシピカテゴリー人気記事!

“さいたま水上公園釣り場紹介【場所・料金・レギュレーション・ポンド】” への4件のフィードバック

  1. HETALLICA より:

    先日、川越で3時間2匹の大惨敗…
    相変わらずルアーを集団ガン無視でした。
    (ま、俺が下手なだけでしょう)
    今度、奴らが見たことないバス用ルアーでも
    見せてやろうと思います。

    その川越と姉妹プール「さいたま」記事期待してます。

    • green より:

      いや、私もプールで入れ食いしてるのあまり見たことないですね…
      マッディだから魚が5匹しかいないことも無きにしもあらずですからね。

      予告しておきます。
      川越よりもキツいかも!!

  2. おはようございます。サンデービルダーです。宮城AVさんなど群馬の赤城山方面の釣り場さんに通う前は(10年ほど前まで)、よくプール管釣りに行ってました。川越水上公園、さいたま水上公園、どちらも懐かしいですね。

    • green より:

      でも群馬方面を味わってしまうとプール管釣りは厳しく思えてしまいますよね。あんまり釣れないし…
      プールにはプールの面白さがあるんですが「旅釣り感」は0ですからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です