さいたま水上公園は難攻不落の要塞か?セニョールが効かず窮地に!

スポンサーリンク

さいたま水上公園釣行記です。

さいたま水上公園釣り場紹介【場所・料金・レギュレーション・ポンド】

 

 

このさいたま水上公園へは1年ぶりに来ました。

 

その時の結果は3時間でボウズ。歯が立ちませんでした。

 

 

 

 

しかしそこから1年。私の実力は大幅にレベルアップしているはずです。

 

 

なぜなら10戦以上連続でボウズ無し!3時間コースだろうがどの釣り場でも確実に釣果をあげられるようになりました。

 

 

 

 

今回はリベンジ戦。格段にレベルアップしたこの私がさいたま水上公園を完全制覇してやりましょう!

 

 

今回も3時間コース。2060円を払って平日の朝一に参戦です。

受付のおじさんによると、「大型プールは大物を放してます。小型プール(小変形プール)は小物がいますよ。」とのこと。

 

 

 

さらに、「大型プールにはロックトラウトを放してますが、釣れるか釣れないかはアナタのウデ次第ですね、ウワーッハッハッ!!」。朝からテンションがべらぼうに高い。釣り人とはこうありたいですね。

 

 

 

 

朝一の人はまばら。数名のフライ団体の方が一斉に大型プールの中央に陣取ります。なるほど、ここは好ポイントなのですね。

 

 

 

 

私もまずは大型プールから。そしてセニョールトルネードから。

 

 

「どうしても釣れないときに使ってください」的な注意書きってよく見かけますよね。私はそれを拡張し、「どうしても釣りたいときに使ってください」と無理矢理解釈します。

 

 

 

「どうしても釣りたいとき=いつも」です。いつでも使って良いというわけですね。

 

 

しかし数投するも反応なし。おかしいな…?私のいつものマッディウォーターに対しての懐疑が出始めます。

 

 

 

 

「ホントに魚いるのかな…?」

 

 

 

私の頭の中には「セニョールに反応なし=他のルアーに反応があるわけない」という図式がありますから、即ち「セニョールトルネードで釣れなければ今日はボウズ」ぐらいの恐怖感が押し寄せてきます。

 

 

 

一度ふわとろを投げて落ち着きます。

 

 

しばらく経つと、フライの方にヒットが!

 

 

 

 

第一関門突破です。「魚はいる」。

 

 

 

あとは何匹いるかの問題です。マッディウォーターだから5匹しかいないかもしれません。

 

 

 

 

以前、しらこばと水上公園のクリアウォーターで釣りをした時に、魚が固まって動く様子が見られました。

 

 

プール型の釣り場は皆そうなんだろうか。とりあえずポイントをこまめに移動しながらルアーを投げていくこととしました。

 

 

 

 

この大型プールには水車が何台か設置されており、プールの形状も変わっている。攻略しがいのあるポンドです。

 

 

水面に動きのある場所もあれば、静水面のワンド風なポイントもあり。

 

 

1日いても飽きないでしょうね。釣れれば。

 

 

 

 

 

釣れない!っていうかバイトすらない!!

 

 

 

フライの団体の方同士で話しています。

 

「今日は全然アタリが無い。1回来たアタリを逃したら終わりだな。」

 

 

 

フライですらそうなのか!?したらばルアーフィッシャーにとっては地獄の日??

 

 

 

大型プールを1時間かけて1周しました。バイト0。

 

 

 

 

 

 

 

何故だあーっ!何故なんだぁーーーっ!!

 

私は心の中でギャリック砲を何発も打ちました。

 

 

 

しかし仕方がないのです。他のルアーフィッシャーの方も私の見た限りでは釣果0。他の人が釣れないのに私が釣れるわけはないのです。

 

 

 

 

そんな時、私のふわとろにヒットの感触が!

 

 

 

 

「フィーーーッシュ!」

 

 

 

 

 

釣れました。ビワマスの近似種「ビニマス」です。でもこれって一匹にカウント出来ないんですよね。

 

 

 

 

 

 

ビニールだから。

 

 

 

 

 

 

 

移動…!敗北的移動…!

 

 

私はすがるように小変形プールへと移動するのでした。

 

 

小変形プールは普通の四角形の小型ポンド。「大型プールの方がよっぽど変形している。」と言いたくなりますがそこは大人。黙って釣りをします。

水車がある影響で、水面にかなりの動きが見られます。

 

 

 

水面に動き…。これだ!!

 

 

 

 

もうお分かりですよね。「ただ浮いている」をチョイスです。

今回は「ただ浮いている」シリーズの「GPS(ギョロ目ポジショニングシステム)」を使います。水車からの流れに乗せればトップで食い付いて来るでしょう。

 

 

 

 

 

…ってホントに来た!しかしヒットせず。

 

 

 

ガボッとアタックしてきましたがうまく食い付けず。なぜトップウォータールアーってあんなに食い付きミスが多いのでしょうか。

 

 

 

 

しかしその後は反応無し。終了です。

 

 

 

このプールもセニョールは効かず。まるで要塞。難攻不落の要塞がここにはあったのです!

 

 

 

 

次回、さいたま水上公園でなんとしてでも釣る方法を公開!期待するな!期待はまるでしては駄目なんだーっ!!

さいたま水上公園ボウズ回避攻略法!ただひとつ…恥を捨てれば楽勝!?

 

 

 

いつも投票ありがとうございます!今回もよろしくお願いします! にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

 


関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

お役立ち記事カテゴリー人気記事!

“さいたま水上公園は難攻不落の要塞か?セニョールが効かず窮地に!” への4件のフィードバック

  1. よー より:

    いつも楽しく拝読してます。

    しらこばと水上公園のプールフィッシングはいかがでしょうか?
    こまめに放流もありますし、小2の息子もスプーンで一匹は釣り上げてますよ。

    縦釣りはもちろん、巻き釣りでもアタリはガシガシありますよー。

    変形プールではなく、流れるプールは25センチくらいの小型ばかりですが、数はいます。

    • green より:

      しらこばとですか!トラウトフェスタで子供が爆釣したことがありますが、ta氏が最近惨敗していました…
      数いるんですね!?「マッディだからどうせ5匹しかいないんだろ?」と疑念を抱かなくて良いのですね!?それは大変ありがたい所です。プール完全制覇も目論んでいるのでまたチャレンジさせていただくことと思います!

  2. なま より:

    greenさんはフィッシュアップ秋川湖はもう行かれましたでしょうか。
    記事同様、わたしも前回惨敗のリベンジで本日行ってきました。
    以前の釣行はレギュレーションの意味もわからないひよこちゃんの頃だったので、今日しっかりレギュレーション読んでみたらゆるゆるでした。
    セニョールぐるぐるは当然、フェザージグにマ式もOKです。
    結果、スタンダードな釣り方で午前中ノーヒットノーバイト。
    午後、いよいよと反則系解禁、即大型大爆釣です。3本に1本は50upです。
    とくにマ式がやばかったです。
    ぜひgreenさんも!
    でもここ魚持ち帰れません!

    • green より:

      秋川湖!行こうとしたことがあります。
      デカいのが釣れる!しかし持ち帰れない!
      その理由で早々に断念しました。
      ごちそうを目の前で「もっと大きくなれよ…」と放つ哀しみを越えてゆかねばならぬという厳しい釣り場なのですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です