むむむ☆「縦釣り」ってなんだ!?次世代ルアー紹介!『管釣り☆スーパー列伝』

何故か5時レンジャー「オレンジ」の座を射止めてしまった【たてよこななめ】です。

 

久しぶりの投稿は最近、貧乏釣り部の方々との交流があまりにも楽しくなり修行しなくなった自分への戒めと、「縦釣り」という言葉が少し一人歩きしているようで、縦釣りアンチ様も含めて5時レンファンに私なりの考察や謎と秘密と秘訣をお届け(笑)。

 

 

そして

 

最近入手したオススメ爆釣ルアー

 

の情報もお届けしてみようかなと。

 

※完全な個人的見解や意見なので御参考までに

 

 

私が使用するのは「フロントフック」のハード ルアーのみです。

たま~にクランクとかスプーンも投げますが年に数回です。

そして名前の通り縦にも横にも斜めにもルアーを動かして釣果をあげてるつもりですが「バチプロ(感度のよい変な硬い竿)」で釣りしているので世間でいう「縦師」とか「縦釣り」の人となってます。

 

【第1章】

☆魚釣りは魚も業界も日進月歩☆

 

縦で投げればバコバコ入れ喰い状態だったのはもう10年近く前で

縦だから誰でも釣れて当たり前なんてのはもう昔の話し。

 

不思議なもので釣り場の魚さんは釣られて放流されて入れ替わってを繰り返しているのにルアーへのスレ具合というか見切りや慣れ具合や流行りが間違いなく魚間で伝承されていて、爆釣ルアーが誕生してもいつかは並のルアーとなってしまいます。

 

ハイドラムブングも発売当初ほど魚の反応が良くなくなっているように感じませんか?

created by Rinker
JACKAL(ジャッカル)
¥605 (2019/10/17 12:48:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみに「縦師」とか「豆ルアー」という言葉の始まりは縦釣りを蔑んだり馬鹿にした意味での単語でした。

 

それに対抗してneo氏がじゃあ作ってやるよとリリースされたルアーが「MAME豆」

created by Rinker
ネオスタイル(neo STYLE)
¥517 (2019/10/17 12:48:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

今では通常会話の釣り用語となり認識されていますよね☆

 

 

実は、

現存のバチプロより感度が同等かそれ以上のロッドは普通に売ってます。

メーカーで感度の種類「反響感度」「抵抗感度」「接触感度」

それぞれの必要度などを数値化して設計されているようです。

 

 

例えば

個人的にはルアーやセッティングによってAGSガイドより普通のチタンガイドの方が「良い感度」を伝えてくれるなんて事もかなり多く感じます。

 

情報に惑わされずに自分の釣り方、好み、予算等々でマッチング(合う合わない)するタックルに出会えると嬉しいですよね☆

 

 

【第2章】

☆縦釣りの凄さってなんだ☆

 

縦釣りの凄さとは、たくさん釣れる以外にもあります。

 

本当の凄さは「エリアトラウトの超繊細さ」「ルアー釣りの面白さ」を他のルアーより早く感じやすく実感出来るところじゃないかなぁと思います。

 

まず普通のスプーンよりは釣りやすいし、テクニック無しで釣れちゃう可能性も高い。

 

釣れる = 楽しい

可愛い = 正義☆と同じですね。

 

そして

エリアトラウトでのアンダー1gのフィネスな世界となってくると

0.1gの差で魚の反応が大きく変わるという事を本当に実感出来ている人はかなり少ないと思います。

 

縦釣りは名前の通り縦に落ちる「フォール」が基本となるので「巻く」より視覚や感度や魚の反応でルアーの違いや反応の違いを確認しやすくなります。

 

水質の違い(硬い柔らかい)やコンディションも視認じて感じやすいです。

 

 

例えば

ネオスタイルのルアーには同じシリーズの中に0.1g、0.2g、0.3g、0.4g、0.5gと刻んだものが存在しますが誰でも使えば0.1gと0.5gの違いは明らかで、なので中間の0.3gという存在の意義も感じれます。

 

そこそこ慣れてくるとさらにその中間が欲しいシチュエーションが出てくる訳です。

 

◇その恩恵も有り、魚のバイトの種類や違いを感じやすいところが最たる魅力と楽しさだと思っているのですがその詳細はまたいつかで。

 

 

【第3章】

☆ルアーってなんだ☆

 

釣れるルアーを選ぶ、選べるのが、はじめの一歩でありデンプシーロールです。

すいません・・・

 

シチュエーションや魚の状況でルアーチェンジするのは当たり前ですが、そんな中でも私が愛用して絶大な信頼をおいて一番釣れて使っている大好きなルアーがneoSTYLE「プレミアム」シリーズです。

created by Rinker
ネオスタイル(neo STYLE)
¥814 (2019/10/17 12:48:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

こ~~~れがなかなか売ってない!!

 

それは

見れば一目瞭然で工場でプレスするようなものでなく1個1個マシンカットによる削り出しなので大量生産は不可能なのです。

 

しかも値段は通常ルアーと変わらないのでそりゃ大人気ですよ☆

 

最初の数年はイベント限定販売だったのでメルカリやらヤフオクやらで高値で取引されている始末。

 

 

でも安心して下さい。

 

最近は大手の釣具店さんでも普通に見かけるようになってきました!!

 

それでも欲しいウェイトやカラーが人気だと「あっ」という間に無くなるので入荷情報には常にアンテナを張りまくりです。

 

 

実は・・・

 

この「プレミアム」を構想~設計~テスト~作成・塗装まで開発したのがSF(シンエイ ファクトリー)という小さな会社さんなのですが、このSFさんが新しく満を持して開発したルアーが秘密裏に販売されておりました☆

 

 

名前は「INVITE(インバイト)」

これも見れば一目瞭然で形も色も釣れるに決まってる!くらいに美しく手の込んだもので、実際に使ってみましたがプレミアムに匹敵か凌駕する魚の好反応でした。

 

今回は釣りメーカーさんを通してないので宣伝あまりされてませんが、今現在は

 

・裾野フィッシングセンター

・川場キングダムフィッシング

・足柄キャスティングエリア

 

で少量販売しているまで判明出来たので5時レンファンにこっそりお知らせします。

 

 

大きいシルエットもあったのでリアフックにして巻いても釣れそうです。

 

プレミアムでもインバイトでも使えばきっと釣れまくれるので、たてよこななめが技術ではなく道具に頼っていたことが丸裸になるのを恐れずにおすすめします☆

 

 

どんなルアーでも個人で相性があるので保障できませんが・・・

 

僕はセニョールトルネードと相性が悪いというか下手なだけですが上手く釣れません。

created by Rinker
ZacT craft(ザクトクラフト)
¥494 (2019/10/17 12:48:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

こんなん最後まで読んで頂けた貴方に幸がありますよう☆

ありがとうございました♪

 

PS:ユッケちゃんごめんw

 

〈お読み戴きありがとうございました! 健闘を称えて戴ける方タップお願いします!〉 にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

関連記事です!

人間失格系カラコンルアー好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

“むむむ☆「縦釣り」ってなんだ!?次世代ルアー紹介!『管釣り☆スーパー列伝』” への12件のフィードバック

  1. アバター うーちゃん より:

    たてよこななめさん。
    おはようございます。興味深い投稿、ありがとうございます。面白かったです。
    この頃、縦釣りを一定時間やるようにしていますが、豆ルアーの平行引きとマイクロスプーンの水平リトリーブの違いを観察しています。同じコースを通しているはずなのに、サカナの反応がまるで違う…。ルアーのポテンシャルの違いなのか?スプーンにできなくて豆ルアーにできることは何なのか??考えて喜んでます。

    • アバター たてよこななめ より:

      うーちゃんさん
      うーちゃんさんのブログに書いてあったのかな?
      泳ぐと漂うの違いも、スプーンのシルエットの違いも魚には大きいものだと思います。
      泳ぎに対してはきっと攻撃本能的から誘発するバイト、漂うに対しては補食本能的から誘発するバイトが多いかなと感じます。
      マイクロスプーンをフロントフックにして漂わせても、縦釣りスプーンをリアフックにして泳がせても釣果は伸びないところに何か秘密があるような・・・
      とか考え出すとたまらなく面白くて嬉しいですよね♪

  2. アバター タカ より:

    たてよこななめ様

    ご無沙汰です。

    縦釣りのお話、非常に興味深く読ませていただきました。

    実際、オフ会ではたてよこななめさんとは不思議と対岸にいることの多い私ですが、じっくり釣り方を見させていただくと実際は、縦であり、横であり、斜めなんですよね。

    豆ルアー否定派が俗に言う縦の動きのみでしか釣ってないは大きな間違いなんですよね。
    合わせも繊細で、 ミノーで色物狙いで(どうしても太軸フックだから)合わせが強くなってしまい反省している私とは大違いです。

    使用可能な釣り場では私も大いに豆ルアーを使いますが、使用不可の釣り場で最近思った事があります。

    普通にスプーンを投げて、縦の動きを見せ、横の動きで誘い、斜めの動きでバイトに持ち込む。

    これ、ルアーは違えど一緒ですよね!?

    そうすると否定派も肯定派も実際は関係ないんですよね。

    う~ん、面白い。

    また一緒に釣りすることが楽しみです!

    そして最後に魚のルアー見切り、あれは絶対遺伝子レベルで伝達されてますよね!

    長文失礼しました。

    • アバター たてよこななめ より:

      タカさん
      ありがとうございます♪
      僕も常々そう思っていて「巻き」「縦」って言葉に釣り人が縛られてしまっているように感じることがあります。
      ルアーの特性で釣り方やタックルを変えたり、自分の好みを選ぶだけなのではないかなと。

      「のせる」楽しさと面白さ
      「かける」楽しさと面白さ
      快楽的に本能を満たされるのはどちらも同じですもんね♪

  3. アバター ポテポテ より:

    たてよこななめ様

    私は多くは語りませんが・・・。

    今度レクチャーお願いします!

    以上です!

    • アバター たてよこななめ より:

      ポテポテさんはもう気付いてるはず・・・
      私の説明はめちゃくちゃ下手で解りにくいという事を!!(笑)

      ちょうど先週もneo氏に大会の表彰台で今日のポイントを皆にコメントして下さいと言われて説明したのですが、一刀両断、解りにくくて説明が下手と言われたばかりでした(笑)

  4. アバター ユッケ より:

    こんなにいい記事だったらこっちに載せて欲しいくらいです・・・・・・笑

    インバイト気になりますねぇー!!
    もう少し早く知っていれば裾野で買えたのに・・・、残念!!!

    • アバター たてよこななめ より:

      俺のかわいいユッケちゃん♪
      ⬆️最近これが気に入ってます(笑)

      俺なんてほとんどのウェイトとカラーを買えるタイミングだったのに手持ちが¥3000しかありませんでしたからね(笑)

  5. アバター りくパパ より:

    たてよこななめ様
    大変興味深い記事ありがとうございました。
    プレミアム本当に釣れますよね。
    今日、実感しました。
    インパクト…
    先週教えてもらえたら川場で買えたのに…w

    • アバター たてよこななめ より:

      りくパパさん
      ありがとうございます♪
      それでも、例えばプレミアムよりNSTの方がいい!って言う人も一定数いる所が面白いですよね。

      invite(インバイト)はプレミアムよりアクションが大きい感じでしたよ

      • アバター りくパパ より:

        たてよこななめ様

        そうなんですね。
        プレミアムを使ってみて、強さはシルエットの小ささと、程よい波動な気がしています。
        あくまでも個人的な感想ですが。
        プレミアムはロールと言うかアクションが細かい感じで、すーっと沈む感じ。でも沈む速度は早くないので凄くナチュラルに感じます。
        当然、状況によっては、NSTのほうがきく場合もあるんでしょうね。

        • アバター たてよこななめ より:

          プレミアムにはシルエットが大きいシリーズも有りまして最大3.8gまであります。
          Air(エアー)もシルエットは大きいですが、りくパパさんが仰る通りで正に豆のように小さい形は間違いなく武器になります。
          同時に大きいシルエットのルアーは魚様へのアピールも大きいのでそれも強さの一つだと思います。

          微妙な違いの形・重さ・色の無限大の組み合わせから状況にマッチするルアーを見つけるのが難しくもあり凄く楽しくもある管理釣り場の魅力ですよね☆
          (ルアーの)マッチングアプリがあればいいのになぁ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です