粘土で作った自作ルアーは釣れるか?【実戦での釣果報告】

基本ボウズ!ポンコツ実践記

今回のフィッシングフィールド川越での実戦は、底釣りの挑戦という使命もありましたが、もう一つ、「自作粘土ルアーのテスト」という重大なミッションも課せられていました。

 

ボトムで大物トラウトを狙え!初の底釣りチャレンジ

日向小次郎の「強引なドリブル」によりミッションをクリアしたグリーンは自作粘土ルアーでの釣りを試みます。

 

 

 

しかし自作粘土ルアーを多量に作ったはいいが、果たして釣れるのか・・・?

 

題して「貧乏釣り部の定番ルアーとなり得るのは誰だトライアウト」です。

 

 

 

主な参加選手を紹介しますと、「さなぎさん」、「ジョイントスペシャル」、「それいけ玉ニャン」です。

 

 

 

私の本命は「さなぎさん」シリーズ。見た感じこれに食いつかない訳がないという出来栄えです。逆にこれで釣れなければ窮地に追い込まれます。

 

 

 

 

穴としては「ジョイントスペシャル」。未曾有の動きが生じる波動がトラウトにどう働きかけるか。

 

 

 

「それゆけ玉ニャン」はまあ釣れればラッキーという感じです。ちょっと「お菓子的」ですから。

 

 

 

まずレギュレーションの確認です。

 

フィッシングフィールド川越のレギュレーション、「ワーム禁止」がちょっと引っかかりますが、このワームとは柔らかタイプを指していると判断して良いでしょう。フィッシングフィールド川越のレギュレーションと楽しむ為のルール【初心者向きの管理釣り場!】

しかし私のルアーはれっきとした「ハードルアー」です。カッチカチに仕上げましたから。

ルアー塗装と粘土の色々な組み合わせを紹介【塗り重ねのパターンを検証してみる】

 

 

ちなみに朝霞ガーデンではペレットそのままの形や粒ルアーは禁止とされていました。フィッシングフィールド川越なら試せると言うわけです。場所によって使い分けたいですね。

 

 

 

 

釣れるならな。

 

 

 

 

 

さあ、トライアウト開始です。

 

①さなぎさんシリーズ

赤大は見るからに釣れそうでしたが、なかなか反応はありません。

 

ここではフェザージグが釣れますのでそのように底に落としてしばらく放置。少し動かして放置を繰り返しました。

 

 

10投目位した頃、ラインが吸い込まれます!

 

 

「喰っ・・・、喰わあああーっ!!」

 

 

痛恨の極み!合わせられませんでした。

 

もう二度と訪れないかも知れない一期一会のトラウト。しかし自作粘土ルアーの実績に「バイト1」が加えられました。

 

 

 

②ジョイントスペシャル

アクションを入れるといい動きをします。まるで生きているよう!この未確認生物に何故食い付かないのか!

 

釣れる気は十分するのですがそう甘くはありません。グリーンの「貧乏釣り師の甘い恋の予感」は全然当たりませんでした。

 

しかしこれは改良の余地があります。もう少しボディを大きくしてジョイント部分のワイヤーの輪を大きくしたいです。さすれば釣れる可能性はもっとアップすると思いますから。

 

 

 

③それいけ玉ニャン

 

これの根拠はサンデービルダーさんの「ペレットタイム」という自作粘土ルアーが釣れているから。類似品を勝手に作り出しました。

こんなハンドメイドルアーを製作してます~ペレットタイムまん丸~

 

やはり外観が全く違うからか、釣れません。パクリはもっと忠実にやるべきでしょう。

 

 

 

④極太ロング棒(子供作)

画像左下の物ですが、木粉粘土を使うとフローティングになるのですね。これはいいことを知りました。

 

 

 

結果は論外。フローティングの理由もわからずただゴミが浮いているようです。

 

しかし、新たなアイデアが生まれました。ふわふわと動いている様はまるでシマノの「ふわとろ」です。

 

 

ボディをジョイントにしてリップをつければ自家製ふわとろが出来るかもしれません。

 

 

 

⑤Bean Stick(貧乏)【特別参加選手】

大敗北記事へのコメントをいただき、「似たようなルアーで頭にオモリをつけて1回転巻いてボトムでアクションを加えたら釣れた」とのこと。

トラウトルアー開発!釣り界に旋風を巻き起こせるか!?【その名もBean Stick(貧乏)】

 

 

 

スプリット忘れた・・・

 

仕方なくそのまま1回転巻いて底でアクションを加えましたが釣れませんでした。

 

何やら謎の浮遊体が底をさまよっているように見えたでしょう。

 

次回はスプリットを付けて試してみたいものです。

 

 

 

さて、自作ルアートライアウトは即戦力ゼロという結果で終わりましたが、「赤さなぎさん」は期待を込めて採用です。次回はやってくれることでしょう。

粘土で作る自作ルアー!素材編【100均で買える道具を集めて】

 

 

 

まあ別にいいです。反則系はやっぱり釣れるから・・・

 

 

 

フィッシングフィールド川越の釣果(5時間)

 

グリーン:セニョールトルネード(イエロー)2、ぐるぐるX(山吹)4、アラベスク1

 

モーセK師:セニョールトルネード(イエロー)2、海釣りの水中ウキにフックを付けた物1

 

 

 

「フン、やっぱり釣れたな。」

 

 

モーセK師は本人一押しの自作ルアー「海釣りの水中ウキにフックを付けた物」で実績を残しました。自作ルアー釣り対決では敗北を喫したグリーンなのでした・・・

 

今日の記事がほんの少し面白かったという方!投票お願いします! にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村

 

 

コメント

  1. ta より:

    自作ルアーというのはなかなか難しいですね…
    自分は明日としまえんでリベンジ&練馬サーモン狙ってきます!!
    明日のためにエステルラインも購入しました!

    • green より:

      としまえんリベンジですか!ボトムポンポンで是非!
      としまえんでも平日ならプレッシャーは少ないですかね?

      • ta より:

        平日ならあまり人はいないです!
        明日朝8時とかからNHKのニュースの生放送取材があるみたいなので、後ろでイエーーイしてきます!