スポンサードリンク

冬の地下水ならカラコンは効く!増井養魚場で巻きカラコンが爆釣!

基本ボウズ!ポンコツ実践記
スポンサーリンク

増井養魚場でサクラマス狙い!

今回の釣りミーティングは栃木県の「増井養魚場」

 

私が「カラコンが効かないから地下水じゃなきゃいやだーーーっ!パンケーキ食べたい!」と駄々をこねて増井養魚場に決定されました。

 

私のカラコン仮説「冬は地下水であれば効く」により、これで釣れなければイカロスの羽根で天高く飛び、空から在庫カラコンを全てぶちまける「鳳翼天翔」をくらわせてやるしかなくなりました。

 

 

 

増井養魚場と言えばなんでしょう。そう、「セニョールで大物が爆釣」ですね。私の勝手なイメージです。

 

しかし3倍体サクラマスもそこそこ入っているとの情報がありました。

 

今や世の管理釣り場は「サクラマス戦国時代」。サクラマスの旨さが釣り人達に知れ渡り、どの管理釣り場でもサクラマスをピンポイントで狙うファンが増えてきました。

 

まさに私もその一人。禁断の発明品「ノータッチスカリ」はサクラマスが釣れた時のみに発動します。

魚に手を触れずに入れられる「ノータッチスカリ」が100均で作れる!

 

ということで、「カラコンで爆釣を楽しみあわよくばサクラマスを持ち帰る」というカースト最下層の卑しい人間の考えで増井養魚場に臨むとしましょう。

 

今の増井養魚場では手前はかなりクリア。遠くても表層であれば魚が溜まっているのを確認できました。

 

まずは「見え鱒」でカラコンへの反応を見ます。

 

 

 

…く、食わない…!

 

 

フォーリングへの反応はイマイチ。朝イチでこれなら一生そうなのでしょう。

 

しばらくノーフィッシュが続いたので百恵モード(竿をそっと置きその場を立ち去る)に入ろうとしましたが、隣のたてよこななめ氏はバベルで爆釣しています。

 

そこで私は「カラコンのCMを撮る」という口実でたてよこななめ氏にカラコンタックルを手渡し、たてよこななめ氏の自腹でフックを装着させます。

 

そしてユッケオリカラのCMを撮っていたユッケ氏にも協力を仰ぎ撮影してもらうことにしました。

 

巻きカラコンでCM完成!!

たてよこななめ氏は表層から少し下を横に巻く「巻きカラコン」を繰り出します。

 

たてよこななめ氏のお家芸「巻きバベル」をカラコンに応用させた「巻きカラコン」の誕生です。

 

 

魚が溜まっている表層付近をデッドスローで平行に巻くだけ。これだけで…、

 

 

フィーーーッシュ!

 

 

 

CM一発撮り成功です。

 

 

 

私も「巻きカラコン」を試してみます。

 

すると…、

 

 

フィーーーッシュ!!

 

 

あっさり釣れました!

 

 

 

これは妙技。今までカラコンの横引きは「フォーリングの二の次」的なイメージだったのですが、時にフォーリングとは比にならないほど釣れるとは。

 

 

スプーンに追ってくる時のような反応で後方からかぶりついてきます。

 

 

表層引きがオススメのユッケオリカラエイティンも表層で食ってきます。この「表層パターン戦争」にカラコンも参入することができました。

 

 

たてよこななめ氏にもらったフックがもったいないという理由でフック交換はしません。そのためキャッチとバラシが1:3の「1/3の純情な感情釣り」により匹数を増やします。

 

アイラブユーさえ言えないまま釣り続けると簡単に10匹を超えました。

 

 

しかしまだ釣る…!釣れるときに釣る…!

 

「叩ける時に叩く」。これは「引っ越しおばさん」にも通ずる精神です。あれだけ布団を叩くのが好きだった引っ越しおばさんはもう布団を叩くことができません。しかしあれだけ布団を叩くことができたのだから本人も十分満足したてしょう。だから私も釣れる時に釣るのです。

 

 

カラコンのサブメソッド「横引き」がメインに躍り出た瞬間です。魚の反応が見えるためかなり楽しい釣り方ですね。

 

 

2時間程度の巻きカラコンで20匹。これは大満足の結果です。

 

 

 

「ふふふ…、やるぞ…。今がチャンス!プアーカップの開催だーーーっ!!」

 

 

次回、爆釣モードそのままの勢いで開催されたプアーカップ!勝機はあるのか!

サクラマスとニジマスの見分け方の新しい方法は「口が美川」!?

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村 投票お願いします!

 

コメント

  1. […] 「カラコンの表層引き」という新メソッドを駆使して、順調に数を伸ばすグリーンさん…。 […]