上永野攻略法はやはり流れ込みか!?独自に編み出した技で大物ゲットしたのは…!?

スポンサーリンク

前回のあらすじ

サブポンドでも釣果を上げたグリーン。昼食を取った後も勢いは止まらない…!?

上永野のサブポンド「ルアーポンド」を攻略せよ!氷を割って出て来たのはブルックトラウト!

 

 

 

昼食をとって満腹になった私はもう止まりません。

 

 

 

 

 

 

車の中で寝ます。

 

 

 

昼になると魚も寝たように大人しくなる。それに合わせて私も寝るという作戦です。帰りの運転に備え、10分程でも仮眠を取れば元気ハツラツとなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

…目を覚ましました。2時間寝ていました。

 

 

 

後半のロケットスタートならず!完全に出遅れスタートです。急いでポンドに戻るとta氏が午前にやっていた場所から大きく離れたポイントにいました。

 

 

 

「ここは好ポイントですぜ。」

 

 

ta氏がおすすめするポイントの足下には変わった模様の魚がワンサカ。ブルックトラウトかブラウン、若しくはイワナでしょう。

 

 

他のポイントにはこれほど色物はいません。わかりました、ここは「色物の里」です。

 

 

 

 

 

午後も引き続き桃色カラコンZを使い続けます。だって他のを使っても釣れないんですもの。

 

 

 

とりあえず安定の釣果を上げている桃色カラコンZで色物を釣り上げてやりましょう。

 

ここの色物は足下間近でも逃げない。人間様をナメています。いや、大変ありがたい魚達です。

 

 

 

キャスト距離は2メートル。ごく自然に足下の魚の前に桃色カラコンZを置いておきます。

 

 

 

 

すると、食った!やはり色物は食いつきが違います。無警戒で食ってきました!

 

 

 

 

「こ、これはブルックじゃない!?」

 

 

 

これはイワナの一種ではないでしょうか。少々小ぶりで赤色斑点のない、イワナ的な魚が釣れました。

 

 

「置いておく」でもヒット。今度は遠目に投げてみます。

 

 

 

 

最近ta氏から伝授された技は「ボトムレスト」。ボトムステイと似て非なる技です。

 

完全に置いておくわけではなく、定期的にワンアクション加えてまた止める。この繰り返しです。

 

 

一般的には「STAY」が平日8000円だとしたら「REST」は4000円~5000円程度。昔は「REST」は2時間が主流でしたが最近は3時間休める所も増えている。昼間は「フリータイム制度」なんてのもあるお得なシステムですね。

 

 

 

 

ヒット!桃色カラコンZのボトム「REST」でヒットです!

 

 

 

 

追加!さらにボトムレストで追加です。

 

 

 

足下までルアーが来たら今度は「STAY」で色物をゲット。毎回違う相手と「STAY」&「REST」。多少の語弊はありますが大変効果的なメソッドです。

 

しばらくすると足下の色物は減少していきました。また釣り場荒らしの名を欲しいままにしました。

 

 

 

 

ta氏はポイント移動。流れ込みをチョイスしたようです。

 

私は流し場で持ち帰り用の魚を捌くことにしました。もうこれ以上持って帰ったらお腹一杯です。冷凍庫に長期間幽閉されてしまうことになってしまいます。

 

 

まだ日が出ている時に捌いておく。冬の管釣りの鉄則ですね。終了時間ギリギリになって捌き始めると時間のプレッシャーと寒さで血合いやはらわたカスの残り具合が違います。

 

 

 

 

 

するとta氏がネットインした魚を持って流し場に突進してきました。

 

 

 

 

 

 

「ウォォォー!ヤシオマス!!」

 

 

 

な、なんと!ヤシオマス!?なんだかストーリー性のありそうな女性マスターに聞いたところヤシオマスとのこと。大物ハンターta氏が憧れのヤシオマスをついに仕留めました。

 

 

 

 

ta氏が流れ込みで使った手法は「流しAIR」だったとのこと。

 

 

さすが奥多摩フィッシングセンターの「流しクランク」で量産した男。ここ上永野の攻略も「流し」を選択してきました。

奥多摩フィッシングセンターを完全攻略!「流しクランク」で爆釣!?

 

 

 

私も「流し桃色カラコンZ」を試してみます。

 

 

 

上永野フィッシングリゾートのメインポンドの流れこみパイプは「水平型」と「落下型」があります。「落下型」だと流しのテクニックが使えないので注意しましょう。

【水平型】

 

 

 

【落下型】

 

 

ルアーを流れこみの波の向こうに投入し、リールのベールを開けたままさらに遠くに流していきます。軽いルアーで挑む場合の応用テクです。

 

 

 

流れこみの奥までルアーが流れていく。この辺が好ポイントです。

 

 

 

するとラインで取れるようなハッキリとしたアタリ!早速ヒットです!

 

 

流し…!圧倒的「流し桃色カラコンZ」…!

 

 

 

足下に魚は少ないが奥のほうはまだまだ魚影が濃い。再度流していくと…、

 

 

ヒット!またもハッキリとしたアタリ!流れ込みの奥で魚の警戒心も薄れているようです。

 

 

 

流しで量産…!上永野の流れ込みも完全攻略だぁーーーっ!

 

 

 

 

 

すると、人慣れしたネコが近づいてきて、私の釣り上げた魚に手を出そうとします。

 

 

 

おっと、これはリリースする魚。傷つけられたらたまらない。

 

 

 

ネコの手をかわしリリースしますが、ネコはそのまま私の近くに待機しています。

 

 

 

ま、まさかこれは…!

 

 

 

 

 

 

上永野のヌシ!!

 

 

 

 

上永野のヌシに認められた瞬間です。

 

 

「こいつはここの流れ込みを完全に攻略している。ここに待機して魚のおこぼれをもらうかな。」

 

 

上永野のヌシの徹底監視のもと私は釣りを続けます。

 

 

 

 

 

圧倒的プレッシャーに耐えきれず、私は逃げるようにポイント移動。すると上永野のヌシはta氏に憑依!!ta氏も上永野のヌシの認定を受けました。完全攻略者と認められたのです。

 

 

 

 

 

最後に誰もいないルアー池に移動しました。ラストアイスフィッシングです。

 

 

 

といってもすでに氷は溶けている。静寂の中、池中央にルアーを落とし…、

 

 

 

 

 

ラスト!ラストサムライ!!

 

 

 

ここで終了!日没となりました。

 

 

 

私はゴールドフィンガー2017で1往年の名女優で1ギョロ目王で1桃色カラコンZで12計15匹!自作レジンに完全に頼った部分がありますが充分すぎる釣果です。

 

 

一方ta氏は計36匹!前回のアルクスポンド宇都宮同様、確実に30匹オーバーをキャッチしてきました。内50cmオーバーは2匹。大物ハンターのランクをまた上げました。

 

 

 

しかし楽しい!やはり超クリアポンドは楽しいです。魚が見えれば見えるほどモチベーションが上がる私にとってはクリアポンドなだけで楽しさ&釣果3割増しです。

 

 

逆に言えばマッディポンドでの釣果が著しく落ちるということなんですが…

 

 

 

 

 

さあ、クリアポンド専門の「クリ専」アングラーは要注目!リゾート気分を味わいつつ色物&大物を狙え!

 

 

 

このくだらないブログを読んでくれている慈善家のあなた!投票お願いします! にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ
にほんブログ村

 

 

関連記事です!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

自作魚料理レシピカテゴリー人気記事!

“上永野攻略法はやはり流れ込みか!?独自に編み出した技で大物ゲットしたのは…!?” への24件のフィードバック

  1. HETALLICA より:

    凄く楽しそうな所ですね。

    遠投しなくても釣れますか?小3女子は遠投力が無いので、近くで釣れる!が必須。
    遠投出来ますか?中2・野球部は思いっきり投げらる場所がよい!とほざきます。

    相反する質問ですが、ご教示下さい

    • green より:

      足下、遠投、自由に出来るポンドでした。かなりのクリアなので子供でも飽きない!私でも飽きないのですから。
      しかし足下の釣りはレジン必須。フェザーが使えないので「置いておく」だとやはり市販の縦釣りルアーよりも桃色カラコンZでした。
      市販のだとカップ型(バベルZとかEXAとか?)がいいのかもしれませんね。…釣れてはいないのですが。

  2. 三流釣り師 より:

    流石加藤鷹

    いい釣りが出来ましたね

    今度は、サクラ鱒を狙ってください。
    刺し身、から揚げ最高ですよ。
    まだまだ栃木には釣れるエリアが、あるのでドンドン来てください今イチオシは、308clubサクラ鱒天国です。透明度も最高ですよ

    • green より:

      さすが管釣りメッカ栃木。期待以上の釣り場でした。ここを超える釣り場が他にも?これはとてもじゃないが1年では回りきれませんね!
      サクラマスまだ釣ったことがないんです!

      • 三流釣り師 より:

        まだまだあります。上永野は、難しい方です。
        ファミリーフィッシングだったら、みどりフィッシングエリアをおすすめです。かなりの放流量で、かなりつれます。あとは、私の、ぶろぐに書いてある所は、まずまず釣れる所です。三流釣り師のぶろぐ見てください。栃木に来るときは、言ってください。情報ながします。

        • green より:

          「上州の情報屋」ですね!みどりフィッシングも聞いたことがあります。
          ブログ読ませていただきますね!

  3. タカ より:

    グリーン様
    おめでとうございます、これであなたも上永野の魅力にてりつかれてしまいましたね。
    ta氏もおめでとうございます、これであなたもヤシオマスの魔力にとりつかれてしまいましたね。
    魚種の豊富さ、釣り場の雰囲気、大盛りランチ、完璧なトイレ、全てにおいて管釣り師を魅力してしまうここは私にとっても楽園です。

    • green より:

      私もヤシオマス釣りたかったです…
      遠目に投げられるともっと大物率が上がるんですかね?足下の色物率は格段に高かったのですが…
      釣り・食事・排泄全てにおいて好ポイントの釣り場ですね!

      • タカ より:

        グリーン様
        上永野の大物は自分が釣れたパターンだと沖のボトムか流れ込みでした。
        流れ込みの5mほどは豆系ルアーは最強だと思いますし、ta氏のように流して沖を狙うのも有りですね。
        ただ、ミノーで流れ込みを狙うとあの流芯からガバッと大物が食い付いてくる時があり、その時の興奮はわすれられません。
        上永野でサクラマスを狙うならミノーが良いですよ。
        先日の釣行でも4匹釣れましたがあの美味しさはヤシオマスとは別の感動がありハマりますよ!

        • green より:

          上永野にもサクラマスいたんですか!いやー、お目にかかれなかった!
          またチャレンジせよという上永野からのお告げですね。
          ミノーですか…、私は難しいルアーが全然使えないんですよね。「タダ巻き」と「置いておく」しか…

  4. tomo より:

    無双釣果ですね!羨ましい!
    色物を獲れるのも魅力的ですね。クリア釣りの魅力は危険ですねw
    どんどんハンターランクが上がって縦釣りの長に…
    人気スポットみたいなので人が少ない時に行ってみたいですねぇ!

    • green より:

      人気スポットでしたか!聞いたことが無かったのですが読者の方のおすすめが多かったので穴場かと…
      休みの日は混んじゃうんでしょうかね。子供も連れて行きたいと思っていたのですが…

      • tomo より:

        NEOさんの動画にもあったので有名どころだと思ってましたw
        この時期だとどうなんでしょうね。プール管釣りもオープンしてるから
        すいてたりするのでしょうか。
        行ってみたいのですがグリーンさんが行かれた時は
        ノーマルタイヤでもOKでしたか?

        • green より:

          その時は全然雪も無く取り越し苦労でした。山のようで山で無い。上永野マジックです。
          恐らく寒気の影響でポンドも凍っていましたが今頃は凍らないのかも…?

  5. おっちゃん より:

    質問です。
    今アマゴ釣りに苦労しているんですが、アマゴ、ヤマメにもステイ、レスト作戦は効きますか?

    • green より:

      ネイチャーの魚では全く分からないのですが上永野での「置いておく」では2回ほどヤマメがかぶりついて来ました!フッキング出来なかったのが悔やまれます…
      イワナとブルックにはかなり有効だと思いますが、ブルックはフォールで勢い良く食いついて来ました。

      • おっちゃん より:

        有り難うございます。
        ヤマメもありならアマゴもありですね。
        実験してみます。

        • green より:

          検証結果をお待ちしてます!!

          • おっちゃん より:

            今日、検証しに行きましたが、見えるところに魚がいませんので断念しました。

            ところでブログ村の「貧乏釣り」に参加しましたのでよろしくお願いしますm(__)m

          • green より:

            そうです、魚が見えないとクソみたいに釣れないルアーですからそれで良いのです。

            つ、ついに貧乏釣りファミリーに入りましたか!戦慄してください。恐ろしいほど誰も見てくれませんから!

  6. おーちゃん より:

    初めてコメントさせてもらいます。ただ釣果を伸ばしたいだけならば柳の下に魚がたまってますよ。そこにバベルで『ちょんちょん』です。放流も柳の下で有るときはかなり釣果が上がります。ブラウン系とファイトしたければ流れ込みの反対側に行って沖に向けて投げて下さい。ブラウンしか釣れませんw
    私もいつも旦那様と旦那様の職場の方と一緒に行きますが、ここは本当に色々な魚種釣れて楽しいですね。

    • green より:

      「柳の下に2匹ブラウン作戦」ですね!次回参考にさせていただきたいと思います!
      おーちゃんさんのマル秘攻略法が全国200万人に知れ渡ってしまいましたが。

      人種のるつぼでなくトラウトのるつぼ状態でしたね。サクラマスも釣れてるようなので次回こそ!

      • おーちゃん より:

        しまった(°Д°)!!でも、上永野は攻略しがいがありますから大丈夫です。約週1で行ってますが、まだまだです。greenさんに会える日もそう遠くない?と期待しておりますw柳の下で怪しげな釣りをしてる女性アングラーがいたら私ですね。。。w上永野のサクラマスはミノーでしか反応は無いですね(ヒソヒソ・・・)

        • green より:

          どうりで私のインチキルアーにはかすりもしないと思った!ミノーですね?わかりました。拾ったやつしかないですが…
          週1とは上永野のヌシですね!上永野はヌシが多い!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です