スポンサードリンク

アメリカナマズが爆釣…!ビッグサイズ連発で食材確保達成!

基本ボウズ!ポンコツ実践記
スポンサーリンク

前回のあらすじ

渡良瀬川でナマズ一本狙い。しかし当たりはあれど釣れない状況が続く…。

鬼のナマズ釣りリベンジ!今回は準備万端の専門タックルで勝負!

 

ドバミミズ一本仕掛けとドライブシャッドにドバミミズを付けた「ドバミミズドライブ」の二本タックルで勝負を挑みます。

 

 

 

ヒット!

 

私ではありません。同行のタカ氏の奥さんに激しいヒットが訪れます!

 

多くの当たりをとうとうものにしたか。ファイトが続きます。

 

 

 

そしてランディング成功!

アメリカナマズのメスです。瞬時にタカ氏が判別しました。

 

50cmオーバーはいってるでしょう。ジャイアントキリングを成し遂げました。

 

 

 

さあ、迷うことなく締めにかかります。

 

しっかりと準備してきたバケツと真水。ゲットしたナマズを最高の状態にします。

 

 

エラ下を切り、血を抜きます。

 

 

そして尻尾を切って神経締めワイヤーを差し込みます。

 

ここまでしっかりと処理すればアメリカナマズも浮かばれるでしょう。

 

 

 

私も釣りたい…。釣って最高の状態で持ち帰りたい…。

 

 

とその時、私のドバミミズドライブに強烈な当たりが…!

 

川の流れに任せる「エターナルリバー」により、永遠に泳ぎ続けていたドバミミズドライブ。ついにナマズに発見されたか…!

 

 

 

ああーーーっ!!

 

 

ラインが切れました。4ポンドでは対応出来なかったか。ビッグトラウト対応タックルでもナマズには敵わなかった。

 

 

 

と、同時にHAL氏にもヒット!場が荒れています!

 

 

 

これも大きい。無事ランディング!

 

 

 

これもアメリカナマズのメス。タカ氏は顔で分かるそうです。

 

HAL氏は食べる目的ではないのでリリース。私はそんなHAL氏に近寄ります。

 

 

 

「ください。」

 

 

ああーっと!物乞いならぬナマズ乞い!生粋のナマズハンターが他人のナマズを乞いました!

 

 

 

HAL氏からナマズを入手した私は早速締めにかかります。

 

タカ氏に神経締めをしてもらい、内臓を取ります。

豊富な卵です。やはりメスでした。

 

用意した真水でキレイに洗って保管します。これでノルマは達成。

 

 

 

成果主義の私はまたも完全勝利を成し遂げました。釣るより手に入れる。それが目的ですからね。

 

 

もうここには用はありません。仕掛けを片付けます。さようなら、モンスターナマズの棲む川よ。

 

と、さらにタカ氏にも当たりが!ナマズの強襲は止まらない!

 

 

タカ氏もトラウトタックル。かなりドラグを緩めて長期戦に持ち込みます。

 

5分、いや、10分は激闘が続いたか。いつ切れてもおかしくは無い状況です。

 

 

 

ゲット!ゲットォーっ!

 

感動のランディングです。

今日一番の60cmクラス。これはアメリカナマズのオスでした。

 

計3匹!完膚なきまでに征しました。渡良瀬川のナマズを完全に3匹減らしました。

 

やりました。念願の食用ナマズゲットです。氷で冷やして丁寧に持ち帰ります。どんな調理でこれを食するか。夢が広がりますね。

 

 

次回、アメリカナマズを食す!完全に処理したアメリカナマズは美味いのか!

 

いつも投票ありがとうございます!今回もよろしくお願いします! にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

 

コメント

  1. アバタータカ より:

    グリーン様

    『ください』

    私はその場にいたのに、文字でも阿佐から吹き出してしまいました(笑)

    それにしても、今見ても美味しそう…。

    • アバターgreen より:

      管理釣り場の大敵「譲渡制限」が無いというのが自然の釣り場の一番の魅力と言えるでしょう。しかし法による「持ち帰り制限」が強力にあるとも言えますね!

  2. アバタータカ より:

    あっ…寝ぼけて朝を阿佐って書いてる(苦笑)

  3. アバターポテポテ より:

    グリーン様

    釣れないときは貰う・・・。
    基本中の基本ですね!

    えー、いいなぁー!
    欲しいなぁー!
    って言うんじゃなくて「ください」が素敵です!

    • アバターgreen より:

      「他人が欲しけりゃアメリカナマズでも惜しい」となるはずですがさすがHAL氏は太っ腹。惜しげもなく、逆に怪訝そうな目で見てもらえました。