サクラマス連発の308クラブ!今回も完全攻略に成功だ!

前回のあらすじ

リリース池で行われた第一回グリーンカップはほんの少しの卑しさの差でグリーンが制覇した。しかしこの激戦の記録はアングリングファンに載ることはないだろう…。

第一回グリーンカップの覇者は誰だ!?公式トーナメント開催さる!

 

 

みんなメインポンドに移りサクラマス一択の勝負に移ります。

 

 

確実性のタカ氏がサクラマスゲット!

サクラマスを狙って釣る。こんなことは可能なんでしょうか。タカ氏には見える水中のサクラマスが私には全く見えません。偏光グラスの値段の差でしょうか。

 

 

ポテポテ氏も黒光りサクラマスをゲット。

 

 

弱り気味で水面にずっといたためゴングロになったとか。元気なうちに食されて良かったですね。

 

 

たてよこななめ氏も数を釣る中サクラマスをゲット。しかしリリースします。

 

 

 

しかしなんとまたサクラマスをゲット!308のサクラマスをほしいままにしていますね。

 

私には釣れない。まず狙って釣ることが不可能。私にはセブンセンシズは感じ取れない。シローアマダばりのオールドタイプなのですから。

 

となると、たてよこななめ氏のように数釣りのなかでサクラマスを狙うしかない。

 

たてよこななめ氏の縦釣り技術を横から盗みます

 

 

エンドレス釣法。たてよこななめ氏の必殺技ですね。ただ釣り続ける。簡単なようで誰もできないエンドレス釣法を見せつけられました。もう200匹に到達しようとしています。

 

 

またもカラコンをつけて釣ってもらいました。

 

爆。爆です。誰も疑うことのできない爆釣を見せてもらいました。

 

 

「なかなかいいルアーですね。ネオスタイルやロブに勝るとも劣らない完璧なルアーです。」

 

ついにカラコンルアー大量入荷!今回はバリエーション豊富!ただし販売場所はラクマです。

 

後半はよく聞き取れなかったのですが、多分そんなことを言っていたと思います。

 

 

カラコンってうまい人が使えば爆釣するのか…。

 

ではそのうまい人の技を会得しましょう。

 

 

たてよこななめ氏の20分の講義を受け、たった一つだけ理解できました。あとのことは高等技術過ぎて何もわかりませんでした。

 

 

その一つとは、「縦釣りルアーを垂直に落とすテクニック」です。

 

ルアーをキャストし、着水と同時にすぐにベールを閉じ、糸ふけを少し余らせるまで取る。

 

 

その後にロッドを水面側に伸ばすのです。

 

こうすることにより、ルアーが垂直に落ちてくれるとのこと。ロッドをそのままにしておくとどうしてもこちら側に向かって斜めに落ちていく軌道になってしまうそうです。

 

 

やれてる感ある!この技術はやれてる感が出るはずだ!

 

 

ロッドを伸ばすことを練習します。着水と同時に剣道の突きのような極端な動かし方をする怪しきカラコンパイオニア。カラコンに今、命を吹き込んでやる!!

 

 

 

ヒットぉぉぉーっ!!デカい!

 

手応えで分かりました。これは結構デカいはずです!

 

重い手応えながらも水深は浅い(2m)308のポンドなのですぐに寄せることができました。

 

 

 

水面から出てきた魚体は…、100%サクラマスです!

 

 

「ああそうだよ、おれはサクラマス。逃げも隠れもしないよ。過去の武勇伝でも語ろうか。」ぐらいの堂々としたサクラマスが上がってきました。

 

やった!ついにデカサクラマスをゲットだ!

 

 

足元2メートルまで寄せて安堵の表情を浮かべたその刹那…!

 

 

 

「このオレを仕留められるだけの度量がお前にあるのならな!」

 

急転回!サクラマスが急転回し、沖10メートルまで飛んでいきました!

 

うっそぴょーんみたいなノリでぶっ飛んでいったサクラマス。完全に虚を突かれました。しかしガッチリとフッキングしている。「大物はなかなかバレない」という誰かが言っていた大物あるある情報が私のモチベーションをなんとか保ちます。

 

 

バレないならば切れるか切れないか。私のなんのケアもしていない劣化したアーマードFとサクラマスとの勝負です。貧乏との勝負なのです。

 

 

「私と貧乏勝負をいたしましょう。」

 

朱絹よろしくサクラマスに貧乏勝負を挑みます。

 

 

寄せるが離れる、ネット際まで行くがまたぶっ飛んでいくを繰り返すこと3分。

 

 

 

しかし貧乏の粘り勝ち!これが後世まで語り継がれる「甲賀貧乏帖」です。

 

 

 

ネットに収めたサクラマスを急いでまな板に乗せると…。

 

立派!立派な45cmのサクラマスです。

 

 

小さすぎずデカすぎず。このサイズが一番食べごろなのではないでしょうか。腹に思いっ切り卵が入っていたので先程のセリフは何だったのかと思いましたがまあ良いとしましょう。

 

 

パーフェクト!308クラブを完全攻略!トーナメントでも優勝し、デカサクラマスも持ち帰る。野球でいうとノーヒットノーランです。

 

 

しかし釣れた総数は35匹と全員の中でも最低クラス。打たせて取るピッチングでのノーヒットノーランです。

 

 

 

予報の雨も降らず、まさに鬼がかった一日でした。

 

次回の釣りミーティングも秘密裏に行われる!ヒントは夏でも涼しいアソコだ!まだ全然決めてないぞ!

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 まあまあ面白かったという方、投票お願いします!

関連記事です!

人間失格系カラコンルアー好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

“サクラマス連発の308クラブ!今回も完全攻略に成功だ!” への14件のフィードバック

  1. アバター うーちゃん より:

    グリーンさま。
    308!行きたかったです。次回は是非!308は縦なんですね〜。
    たてよこななめさんのカラコンZの評価が高いですね。ここぞ!って時にカラコンは効きますよね。朝霞では重宝してます。近いうちに北関東全域で出入り禁止ルアーになるかもしれませんね(笑)。

    • アバター green より:

      まあたてよこななめさんならどんな縦釣りルアーでも釣ると思うんですがね!しかしカラコンのポテンシャルがMAXまで引き出されました。トーナメントでも活躍できる可能性がなきにしもあらず!

  2. アバター タカ より:

    グリーン様

    サクラマスのイラスト(笑)

    そして私達が帰った後にあの駆け引きを味わってしまったのですね!

    そして最も美味しいであろうサイズ!

    これで完全に大物ハンターの称号を手に入れましたね。

    そして、是非ともたてよこななめ氏を口説き落としてカラコン動画を!

    次回も楽しみにしてます!

    あっ、私も特殊能力を身につけていたようです。

    「魚種判別センサー」です。

    気付かせてくれたのは
    グリーンさん・ta氏・ユッケさんから苦笑いしつつ揃って言われた「何なんですかその魚を見分ける特殊能力は」という言葉です。

    偏光グラスの差?いえいえ、私の偏光はJI〇Sですから!

    • アバター green より:

      おそらくタカさんなら魚の戦闘力まで見極められるようになるでしょう。私はビッグトラウトと鯉の判別さえ出来ませんからね。ウグイも分かりません。

  3. アバター kan より:

    グリーン様
    ううう・・・。毎度参加できず、無念です。
    なんとかカップとか、楽しそうー!

    参加できた時は、貧乏度と下手釣り度がトップクラスの私に、
    ハンデ+3匹を・・・(貧乏根性もMAX

    つ、次こそはー!

    • アバター green より:

      私はディフェンディングチャンピオンとしてプラス10になりました。手強いですよ。
      次回もミニ大会をやりたいですね。参加してくれる人がいれば!

  4. アバター ポテポテ より:

    グリーン様

    私のサクラマスは「ずるっ子サクラマス」ですからね・・・。
    もしくは「引導を渡したサクラマス」ですね。

    でもいーんです。
    美味しく食べられれば。
    卑し系のおじさんですからね・・・。

    しかし、今回のグリーンさんは完全勝利ですね!
    よっ!大物ハンター!

    次回もミニ大会やりましょう!
    小菅トラウトガーデン、夏でも暑くなくて良いですよ。

    • アバター green より:

      あの黒光りサクラマスはレアでしたね!まさに「サクラマスの魚種のるつぼ」。308は管釣り界のアメリカです!

  5. アバター HAL より:

    308釣行、お疲れ様でした。
    毎回ドラマチックな奇跡が起きますねー!
    308さんのサクラマスは大きいですよねー。
    今後はロックを放流していくみたいですけどー。
    小生も23日に308に行きました。
    サクラマスは苦戦して1本持ち帰りましたー。
    釣り上げたのは息子ですが(・_・;
    ラインブレイク2回に泣きました。

    • アバター green より:

      グリーンカップならもちろんHALさん親子もハンデありですね。「延竿縛り」です。
      最近思うような展開になりすぎているのでヤラセ疑惑も出てきてますね…。

  6. アバター たてよこななめ より:

    皆さん釣れてましたし凄く楽しかったですね。

    数を釣る秘訣は小宇宙(コスモ)を爆発させるペガサスファンタジーです(笑)

    なんて
    数釣る事が上手いという事とイコールではありませんからね。
    とりあえず、これで管釣りスーパー列伝の信憑性も少し上がったかな(笑)

    • アバター green より:

      管釣りスーパー列伝の書籍化も見えてきましたね。
      もちろん帯は私が書きます。「全管理釣り場オーナーが泣いた!」ですね。

  7. アバター ta より:

    甲賀貧乏帖で笑ってしまった…くやしい…

    たてよこななめさんはもはや変態の域まできていると思いました。おそロシアです。

    タカさんの魚種判別能力もだいぶ変態の域まできてるなと思いました。

    トラウト界隈は変態ばかりですね。

    • アバター green より:

      バジリスクネタが伝わって良かったです。
      貧乏釣り部は特殊能力者が多いですね。
      まさに忍法帖、まさにアベンジャーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です