燻製を超えた!?〇〇を使って作る簡単トラウトサーモンの生ハムは絶品!

ブロガー登竜門!読者寄稿のコーナー

(今回は「タカ」様からの寄稿です)

 

皆様、こんにちは!

 

一ヶ月以上管釣りに行けていないので禁断症状が出てきたタカでございます。

 

 

ルアーだけが増えていく日々・・・、来たるハイシーズンへ向けてイメージトレーニングだけはばっちりです。

 

 

 

 

まぁまぁ、それはさておきまた新しい料理が完成いたしましたのでご報告です。

 

 

 

改めまして皆さんは「生ハム」は好きですか?

 

 

私は大好きです!

 

 

生ハムメロン以外は!

 

 

 

でも、そんな生ハム好きで釣り好きの方々に朗報です!

 

 

 

あの、刺身を美味しくする「ぴちっとシート」で生ハムが作れてしまうのです!

 

 

通常、生ハムを作る場合には8~10%の塩水に漬け・・・等様々な工程があるのですが、この生ハム作成は本当に簡単です!

 

 

 

 

用意するのは切り身になったor刺身状態のヤシオマス。(頂鱒やその他管釣りにいる赤身はほぼ美味しく出来ました、ただし私の腕が悪いと思いますが、海水魚のイナダは何故か血生臭さが抜けませんでした)

 

 

 

 

それに満遍なくクレイジーソルトを塗します。(岩塩・クレイジーソルトの両方で作りましたが職場の女性スタッフは圧倒的にクレイジーソルトが好きなようです)

 

 

 

で、ここでぴちっとシートが登場です。

 

 

塩を塗した切り身をぴちっとシートで空気が入らないように包みます。

 

 

 

その後は冷蔵庫で3℃前後で3日間から5日間熟成させます。

 

 

 

 

で、ここで注意点です。

 

 

 

肉に黒カビ等の有害なカビが生えてしまったらそこで終了…。

 

 

 

低温熟成失敗です。

 

 

 

残念ですが廃棄して下さい。

 

 

 

カビ防止として私は毎日ぴちっとシートを開き、96度のウォッカを肉に霧吹きをして消毒致しました。

 

 

 

ただ、ウォッカで消毒しなくてもきちんと3℃位を保てれば失敗しませんのでご安心を。

 

 

 

 

ですが、味見はした方が良いかもしれません。

 

 

 

 

塩気が薄ければその都度クレイジーソルトや岩塩を表面に塗してまたぴちっとシートで包んでください。

 

 

 

 

私のオススメ熟成期間は5日間ですが、完成した姿がこれ!

 

 

 

どうです?

 

 

 

身から水分が抜けて旨味が凝縮されたヤシオマスの切り身!

 

 

 

艶々してますね!

 

 

 

これを食した嫁からは「燻製を超えた!」との言葉を頂きました。

 

 

 

 

普通の豚肉で作る生ハムは少し怖いですよね!?

 

 

 

ですが、管釣りの魚達なら生食OKですから安心ですよね!?

 

 

 

 

この生ハム、実際はヤシオマス・頂鱒・ロック・サクラマス・アトラントラウト・ジャガーで作りましたが、やはり旨味という点ではヤシオマスと頂鱒・ロックがずば抜けていました。

 

 

 

ということは各地のご当地鱒(サーモン)で作っても確実に美味しいはず!

 

 

 

 

これは水分を抜きながら熟成をしたからこそ分かった結果なのかもしれません。

 

 

 

 

是非みなさんも本当に簡単に出来て美味しいですからお試しあれ。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

あっ、グリーンさん今期こそヤシオマス釣りましょう!

 

 

 

〈お読み戴きありがとうございました! 健闘を称えて戴ける方タップお願いします!〉 にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

コメント

  1. うーちゃん より:

    おはようございます。朝から美味しそうな画像!ありがとうございます。
    ヤシオマス、羨ましいです。朝霞にはちょくちょく行きますが、塩焼きサイズしか釣れたことがありません…。
    万が一、ヤシオマスが釣れたら真似させて頂きマス。

    • タカ より:

      うーちゃん様

      おはようございます、コメントありがとうございます。

      この生ハム、サラダにしてもサンドウィッチに挟んでも、ハムエッグにしても何でも合うんです!

      是非お試し下さい。

  2. ユッケ より:

    ニジマスが生ハムに!夢のようですね。
    次赤身が釣れたら絶対作ります!
    ちなみに出来上がった生ハムサーモンの保存期間はどの程度なんでしょうか?

    • タカ より:

      ユッケ様

      コメントありがとうございます。

      ヤシオマスの生ハムですが、個人的な見解としては通常の生ハムよりも圧倒的に塩分が薄いですから冷蔵庫で1週間以内、冷凍で1ヶ月以内と思います。

      ただ、冷蔵庫では凍らないギリギリのラインで冷やしておいた方が安全です。(熟成させる時と同じ3℃前後)

      • ユッケ より:

        一週間ですか!!
        保存食つまみとして大量ストック・・・は難しそうですね。
        釣りに行った後だけの贅沢として嗜みたいと思います!!

        • タカ より:

          ユッケ様

          業務用冷凍冷蔵庫があれば保存は問題ないんですけどね~。

          私は保存したい時は柵にした切り身をキッチンペーパー等で包み、ビニール袋に入れてから極力真空になるように空気を抜いて冷凍してます。

          それだと解凍して生ハムも問題なく作れました。

  3. ポテポテ より:

    タカ様

    ニジマス生ハム。
    自分もやります!
    美味しいですよね。

    ピチットシートの万能性は凄いと思います。

    最初、結構熟成期間が長くてシートを剥がす時に身まで剥がれましたよ・・・。

    塩は結構キツくすると良い感じですよね。

    これ、白身魚全般出来るんですけど、青魚は上手くいかない・・・。

    ニジマス料理の可能性を広げたいおじさんでした。

    • タカ より:

      ポテポテ様

      コメントありがとうございます。

      鮭鱒系の生ハムは本当に美味しいですよね!

      最近は一番ハマって作ってるかもしれないです。

      で、私もイナダで生ハムを…と思い作ったら血生臭くて全く駄目でした。

      ぴちっとシートは食材管釣り師にとって魔法のアイテムですよね!

      少し前に小鱒・小岩魚で甘露煮を作りましたがこれも鱒達の地位向上を狙える旨さでしたよ。