リーダーをつなごう!初心者にも簡単なチチワ結びで釣果アップ!?

スポンサーリンク

貧乏アングラーのみなさん。今日も貧乏釣りライフを楽しんでいることでしょう。

 

 

そんな貧乏釣りライフのランク「極」を楽しんでいる方へどうしてもお伝えしたいことがあります。「極」ですからね。

 

 

貧乏釣り「極」ランクの方が使われているのはもちろん「ダイソーのライン」200m100円(道糸ver.)というあり得ない価格です。

 

ダイソーラインの素材はもちろんナイロン製。フロロカーボンだったら腰を抜かしますよね。あり得ない話ではありません。

 

そのため使いこなすにはなかなか難しい。特にライントラブルでしょうか。

 

 

そうは言っても使えないということではありません。ライントラブル発生率が釣具メーカー製の安いナイロンラインと比較して「1.25倍」くらいですから。「男気」でカバーです。

 

 

 

ライントラブルは男気でカバー出来るとして、どうしてもカバー出来ないのが視認性ですね。

 

 

ダイソーラインの視認性は抜群。しかし水の中でも魚から抜群に見えるカラーリングとなっています。やられましたね。

 

 

先端に何か付ける(仕掛けやハリス等)釣りなら良いのです。しかしルアー直結で釣りをする場合はハンデとなる可能性が高いと考えます。

 

 

 

 

ではどうするか。どうすればクオリティを高めることが出来るのか。貧乏でも釣果を上げることが出来るのか。

 

 

リーダーです。リーダーで釣果をアップさせることが出来るはずです。

 

 

「リーダーとはなんぞや?ミッキーマウス?」初心者の方は聞いたこともないでしょう。私も初めは聞いたこともありませんでした。

 

 

 

 

しばらくのちに耳にすることはありましたが調べることもありませんでした。「どうせソッチ系の言葉だろ?釣り意識高い系の言葉だろ?」そう思っていたのです。

 

 

しかし一度リーダーを体験してしまうともうやめられない。リーダーを使った釣りの快適さから離れられなくなってしまったのです。

 

 

 

 

「で、リーダーとはなんぞや?やっぱりミッキーマウス?」 話が戻ります。

 

 

リーダーとは、ラインの先端(ルアー側)を違う糸に変えて使うことを言います。

 

 

リールから出ている糸に別の糸を直結して使ったりする手法ですね。

 

 

別の糸と言うと、例えばリールにナイロンラインを装着していたらフロロカーボンラインを結びつける。はたまたPEラインにフロロカーボンラインを結びつけるということです。

 

 

私はルアーフィッシングのリーダーしかわかりませんが、ルアーフィッシングであれば先ほどのフロロカーボンラインですね。

「糸と糸を結び付ける?何インチキ結婚相談所のババアみたいこと言ってるんだ。」と思うでしょう?しかしダイソーラインで釣果をアップさせるためにはこれが重要なのです。

 

 

「そんな結び方知らないよ。本に載ってたって実際の結び方と全然違う絵だからわかんないよ。」

 

本に書いてある結び方の絵が実際とはだいぶ違うように見えてしまうことは認めます。しかし、しかしそんな難しいことをしなくても良い方法があるのです!良い時代になったのです!

 

 

 

それは、「ループtoループ」という接続方法。DUELの「アーマードF」に説明書がついていました。

縦釣り用に激安ラインを購入!第4の次世代ライン「アーマードF」!

激安高性能PEライン「アーマードF」のハイグレードバージョン「F+」とは!?

 

 

 

なーに、「ループtoループ」なんてカッコいいこと言ってますが、単なる「チチワ」です。乳輪です。乳首のまわりにあるエリアです。

 

 

どんなに面倒くさがりな方でもチチワ結びなら出来るのではないでしょか。

 

 

 

 

チチワ結びすら知らない方へ、「ラインを10cmくらい折り返して二重になった部分で片結び」。イメージ出来たでしょう?それを数回繰り返せば頑丈なチチワの出来上がりです。

 

 

リールから出ている糸の先端をチチワ結びにし、リーダーとして接続する糸を1mくらいとって先端をチチワ結びにする。後はリーダー側のラインをリールから出ている方の輪っかに入れてその輪にラインを通すだけ。これは「DUEL」の画像を参考にしてください。

こんな簡単な作業で憧れのリーダーを繫げることが出来るのです。もっと早く知りたかったですね。

 

 

 

 

ダイソーラインに対してはフロロカーボンラインはかなり高い。しかし一度買ってしまえば使うのは1mずつですから半永久的に持ちます。一番短く、一番安いフロロカーボンでも良いです。

 

 

 

これでダイソーのナイロンラインでも魚にバレずにルアーを操ることが出来ますね。これで釣れなければもうダイソーのせいには出来ません。大丈夫。私のせいにすれば良いのです。

 

 

次回、ダイソーのラインにフロロカーボンのリーダーを使って上永野フィッシングリゾートに挑む!釣果は上げられるのか?

上永野フィッシングリゾート完全攻略へ!朝一の並び方と取るべきポイントを徹底解説!

 

 

少し面白かったという方、クリックお願いします! にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 


関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

お役立ち記事カテゴリー人気記事!

“リーダーをつなごう!初心者にも簡単なチチワ結びで釣果アップ!?” への10件のフィードバック

  1. HETALLICA より:

    リーダーってフロロだけだと思ってました。
    GT-Rトラウトエディションの緑にもリーダー付けた方がいいのでしょうか?
    非常に興味深い記事です、次号が待ちきれません

    • green より:

      フロロ限定で良いと思います!私もGTRにフロロリーダーをつけて使っていましたが、かなり使いやすかったです。GTRの視認性は抜群ですからね!

  2. タカ より:

    グリーン様

    最近になってPEデビューをしましたが私はクインテットノットを多用しています。
    ループtoループも簡単ですが、これもめちゃくちゃ簡単で結束強度も抜群ですよ。

    • green より:

      クインテットノット!調べて絵を見てみましたが絵で理解できない私にはなかなか難しい…!
      やはり実演をしてもらわないと覚えられなそうです。未だにチチワとクリンチノットしか出来ませんからね!

  3. ユッケ より:

    フロロとの結束は奥深いですよね。
    私も色々試していますが結束部のトラブルが多いんですよね・・・・・・。
    特にPEラインは結束部がガイドにグシャーですよ。
    ただ、フロロリーダーの効果は紛れもなく絶大ですよね。リーダーの有無で釣果は歴然です!

    • green より:

      確かに結束部が引っかかったりはよくしてしまいますね。でも…ダイソーのラインでも活躍できるのが強み!!

  4. HAL より:

    トリプルエイトノット。
    超お手軽です。
    便利です。
    ループトゥーループより簡単かもしれません。

    • green より:

      そんなに簡単な結び方があるとは…!ありがとうございます。調べてみますね!

  5. 赤飯くん より:

    ライトゲームとかトラウトくらいならPE使って3.5ノットが安上がりだと思いますよ。
    ナイロンは使って3回とかですが、PEならコーティング剥がれるまでそこそこ使えるんで

    • green より:

      3.5ノット。これも私には難しそうな結びですね…
      「結び四十八手」マスターへの道は長く険しいですね。
      アーマードFもなかなか耐久性があるので気に入ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です