ついに初出航!教習艇とは違うボートで河川航行する時の注意点とは?

スポンサーリンク

前回のあらすじ

東京都葛飾区にある「スパイラルマリーン」でボートのスポットレンタルをしたグリーン。どんなドラマが待ち受けている!?

初めてのボートデビューはスポットレンタルをお勧めする理由。

 

 

 

スパイラルマリーンのスタッフさんが解らん(ボートを係留から解くこと)してくれ、楽に離岸することができました。

 

 

 

免許を取得してまだ4日しか経っていませんので、ある意味安心です。講習で教わったことはまだ覚えていますから。

 

 

 

 

教習艇とは全く違うスロットルレバーを前に入れていざ出航!

 

 

船内からの景色はこんな感じです。少々見通しが悪いため、時々上から周囲を確認します。

 

 

 

 

平日の午前中であったため、他の船は全くいません。

 

 

 

のどかです。超楽しいです、これがセレブ!セレブの遊びなのですね!死ぬまでに一度体験出来て良かった…

(安全のため、写真を撮るときは停止して撮っています。)

 

 

 

ちなみにここからは徐行区間。引き波で停留している船やロープに負担をかけないよう2000回転以下で航行しなくてはいけません。スパイラルマリーンのスタッフさんから説明を受けました。

 

 

のどかな葛飾区。BGMは「葛飾ラプソディ」です。アニメこち亀のエンディングテーマでした。

 

 

 

 

難敵「橋」が見えました。油断してはなりません。激突したら船体破壊です。座礁です。死を招く橋、人呼んで殺人橋です。

 

 

 

 

 

かなり遠目から中央部に入り難なくクリアー。この程度で難あれば船乗り失格ですが。船舶というのは舵を切ってからすぐには船体が反応しないもの。なかなか方向が変わらないと脇汗が出てきます。

 

 

 

次々に訪れる橋をクリアーし、好走を見せます。

 

雄三です、加山雄三が憑依しています!今、私に加山雄三が憑依し、風と一体になったのです。スピードは時速10km程度。チャリの立ちこぎに抜かれました。

 

 

 

 

この程度のスピードでも結構引き波が立つのですね。川は衝撃を左右の端で受けるので川全体が波で揺れてしまいます。この区間では速度を出したらいけない訳ですね。後方を見ながら引き波の大きさを確認します。

 

 

 

 

 

運転も慣れてきた頃、そろそろスピードを出したいが我慢だ。もう少しで河口に到着するぞ!

 

 

 

運転の練習と言っておいて、実はこっそりバッグに忍ばせてきた釣り道具。せっかく海に出るのだから試してみたいのが釣り師のサガ。セレブから急に貧乏釣り師に転身します。

 

 

 

 

次回は東京ディズニーシーの裏側でサビキに挑戦!果たして魚探なしで魚は釣れるのか!?

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 「このブログを日本一にしてやる!」と思ったアナタ。投票お願いします!

 

 

 

 


関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

お役立ち記事カテゴリー人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です