栃木市プールフィッシングフィールド案内【場所・料金・設備・レギュレーション】

スポンサーリンク

関東プールフィッシング戦国時代真っ只中ですね。

 

 

 

私が今名付けました。

 

 

トラウト管理釣り場のメッカ、栃木県にもプールフィッシングを出来る釣り場があります。「栃木市総合運動公園フィッシングフィールド」です。

 

 

 

今回はその「栃木市総合運動公園フィッシングフィールド」の釣り場紹介をしたいと思います。

 

 

 

 

場所

栃木県栃木市川原田町にあります。東北自動車道「栃木」出口から5分ほど。立地は最強の利便性を誇ります。

 

 

栃木とはいえ県南に位置することからあまり寒くないのも良いですね。空っ風は若干あります。

 

 

 

 

総合運動公園というぐらいですから、総合的な造りになっています。野球場やサッカー場なども敷地内にあるため、なかなかの広さとなっています。

 

「グーグルナビで調べたから大丈夫」。いざ公園まで辿り着いてもプールの場所が分かりません。駐車場が点在しているため、無駄な徒歩時間を加算されてしまう恐れもあるのです。

 

 

 

 

ベストと思われる駐車場はここ。大駐車場ではありません。

 

 

 

ここに停めればプールまでは徒歩2分程度

 

 

 

この橋がある方向に進んでいくと50mプールが見えてきます。

 

 

 

このプールが「栃木市総合運動公園フィッシングフィールド」です。「フィールド」です。フィールド感を感じましょう。

 

「随分小さいフィールドだな。」と思うでしょう?世界最小のフィッシングフィールドとしてギネス認定される可能性がありますね。

 

 

 

 

料金

料金は激安の部類に入ります。プールフィッシングの中では普通なのでしょうか。

料金表ページ

 

 

大人一日3000円は安心ですね。通うのにはもってこいです。

 

 

持ち帰り制限は一日券で10匹まで。半日券は5匹となります。

 

 

 

 

 

 

ポンド

世界最小フィッシングフィールドの呼び声高いこの50mプール。この一点で勝負しているのだから勇ましいところ。プール横側は釣り禁止ですのでさらに狭く感じます。

 

 

しかしそれほど自信があるということです。水質を見てみましょう。

 

 

 

【HP】より

HPと比べると随分濁っていると感じてしまうのも仕方ありません。あんなに水が綺麗なら人間が飛び込んでしまいたくなってしまいますから。このくらいで充分です。

 

しかし魚の姿はハッキリと見えます。プールフィッシング界ではトップクラスのクリア度でしょう。

 

 

ハッキリと見えてしまっているものですから魚量はケチれません。豊富な量の魚が確認できます。

 

 

プールフィッシングの罠、「実はそのポイントには魚はいなかった」がないのが嬉しいところ。比較的満遍なく魚達がスタンバってくれています。どこに投げても魚の前を通りますね。

 

 

独自の攻略情報ですが、満遍なく配置されてはいるものの、「プール両端は特に濃い」。朝一の客がまずプール両端に陣取っていることからも分かりました。可能であればプール両端を第一候補としてみるのも良いでしょう。

 

 

レギュレーション

栃木市総合運動公園フィッシングフィールドのレギュレーションは「ゆるい」。嬉しい限りです。

● 餌釣り、引っかけ釣り、スペイキャスト、ドロッパー、ワーム等のソフトルアー、ラバージグ等のスカートを使ったもの、おもりを使ったトレーラー釣り、集魚剤等の匂いのするものは禁止です。

(HPより抜粋)

 

 

 

受付で確認したところ、フェザージグもOKとのことです。

 

 

 

「え?フェザージグ?うーん、別にいいんじゃないかなぁ?」と回答していただいたのが不安要素なのですが、HPにも記載されていなかったので多分大丈夫でしょう。

 

 

その他は基本的なレギュレーション。残念ながら「マ式(トレーラー仕掛け)」は使用不可ですね。大きさ、重さ制限は特にありません。

 

 

 

 

設備

フィッシュイーターの方には残念なお知らせがあります。

 

 

「捌き場無し」です。公営プールフィッシングですから仕方のないところでしょうか。

 

栃木県のブランドマス「ヤシオマス」がウリのこの釣り場。ヤシオマスが釣れたら素早く内蔵を取り、最高の状態で食したいところです。

 

 

せめていち早く氷漬けにしましょう。

 

 

 

 

トイレ、自販機などはもちろんあり、快適に過ごせます。

 

 

食事は提供していませんが、ポットが自由に利用できるのでカップラーメンを持ち込めば一日の釣りに耐えられますね。

 

 

スープの残りは受付の方に託すと、「いいよ、預かっちゃうよ。」と快く処理してくれました。

 

 

 

 

その他、ネットやスカリの貸し出しはありませんので必ず持参しましょう。

 

 

 

 

最後にこの栃木市運動総合公園フィッシングフィールド最大のウリをご紹介しましょう。これはどこにも載っていない、プールの運営者自体気づいていない大きなメリットです。

 

 

 

 

それは、「イスが多い」!!

各所に設置されているイスは移動自由。自分の釣り場に置いて楽ちんフィッシングが楽しめるわけです。

 

 

 

 

 

これは盲点、イス一つでこんなに快適に釣りができるとは正に文明の利器です。

 

 

そんなイスを自分で持ち込まずに遺憾なく使用できるなんて関東では類を見ない釣り場でしょう。背もたれ付きですからね。

 

 

 

さあ、次回はそんな栃木市総合運動公園プールフィッシングでの実戦記だ!果たして夢のヤシオマスは釣れるのか!?

栃木プールフィッシングでヤシオマスを狙う!巻きが通用しない!?

 

 

 

いつも投票ありがとうございます!今回もよろしくお願いします! にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

 

 

関連記事です!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

自作魚料理レシピカテゴリー人気記事!

“栃木市プールフィッシングフィールド案内【場所・料金・設備・レギュレーション】” への10件のフィードバック

  1. タカ より:

    グリーン様
    遂に栃木市プールに来たんですね!
    出来ればオープン直後のドクリアを経験して頂きたかったですが。
    はたしてヤシオは釣れたのか!?
    次回が気になります!
    私は来週今年の釣り始め予定です。

    • green より:

      タカさんのヤシオマスに憧れて急遽突入してしまいました!開店直後のドクリアなんて体験してみたいですね。
      しかしなかなか難しい釣り場ですね。私には攻略不可でした!

      • タカ より:

        グリーン様
        私も2年前はヤシオマスが釣りたくて釣り場を巡っていましたが、とある釣り場で会った方から「ヤシオが釣りたいならオープン直後のプールだよ。」と教わり、行ってみると2投目で釣れた事に歓喜しました。
        栃木在住の身としては年末から2月中は、北関東地域特有の風が強くて釣りにならないことも多々ありますから絶対にオープン直後から12月中旬をオススメします!
        栃木で釣ったヤシオマスは格別ですよ!

        • green より:

          なるほど、「空っ風を回避してオープン直後を狙え!」がかなりの攻略法なのですね。
          栃木プールはこじんまり感が気に入りました。
          これで捌き場があれば最高なんですけどね!

  2. HETALLICA より:

    いろんな所に遠征しているんですね。
    しかも最近私のお気に入り「しじみわかめ」付はうらやましい。
    50mプール1本勝負、凄すぎます。川越がハワイアンズに見えてきました。

    今日、奥多摩FSに行きました。Greenさんの記事で予習して。
    クランクは、予習通り流しクランクになってしまいましたが、スプーンで人生初の2桁行きました。
    1月にして今年の運を使い切りましたぁ~

    • green より:

      しじみわかめ好きですか!あれは激ウマです。実は今日も食べました。スープを全部飲まないとオルニチンがフルに摂取できないのが頭を悩ますところですね。
      奥多摩で二桁なんてすごいです。プロです。私は絶対釣れる気がしません。流しクランクしか技を知りませんから…

  3. HAL より:

    こんばんは。
    明けましておめでとうございます。
    今年も楽しく拝見させて頂きます。

    私も1月2日に行きましたよ。
    放流も有り、半日やって結構な数釣れました。
    ヤシオマス2本ゲット。
    あと、綺麗なヤマメも持ち帰りで。
    年末は、鬼怒川FAが激アツでした。
    ヤシオマス4本、サクラマス2本、頂鱒2本を持ち帰り。

    • green より:

      ホントですか!?
      なぜあの難水面で簡単にヤシオマスを!?
      むしろ私にとっては全て高難度。
      簡単なのはイ〇ナセンターしかありません…。
      鬼怒川FA。心に留めておきます。

      • HAL より:

        運ですね(笑)
        年始の放流は、ブラウンも混ざってまいましたよ。
        見た範囲だと、イワナもチラホラ見えました。
        常連さんみたいな方に聞いた話だと、例年より今年は魚影が少ないみたいな話しを聞きました。

        • green より:

          そうでしたか。年末の釣行だったので渋かったのでしょうか…。否、ヤシオマス釣ってる方もいましたね!
          私の才能でしょう…
          また行ってみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です