宮城アングラーズヴィレッジ場所・料金・ポンドの紹介【レギュレーションのゆるい管理釣り場!】

スポンサーリンク

「宮城アングラーズヴィレッジ」

 

宮城県にあるんだろうな-、関東の人には関係ないな-。」と思っていた方、多数派です。私もそう思っていましたから。

 

 

 

「自作ルアーの雄」、サンデービルダーさんがオススメしている宮城アングラーズヴィレッジ。実は…

 

宮城県にないんです!

 

それどころかなんと群馬県前橋市にあるのです。関東在住の人は急に親近感が湧いてきましたね。九州在住の人は親近感が湧かなくて当然です。

 

 

 

関東の管理釣り場のメッカとしては栃木県が有名ですが、そのお隣の群馬県にこんな衝撃的な管理釣り場があったとはつゆ知らず。初めて行った方は度肝を抜かれるでしょう。

 

 

 

なぜ私がこの宮城アングラーズヴィレッジに興味津々かというと、「ルアー制限がゆるい」管理釣り場だということだからなのです。

 

 

ペレット系フェザー系も全然OK。

 

 

特に自作ルアーへの理解があり、「試してみなよ、試せばわかるさ。いくぞぉ!一・・・二・・・」という豪気な釣り場。

 

 

今回はそんな「関東一のカオス管理釣り場」、宮城アングラーズビレッジをご紹介したいと思います。

 

 

 

 


群馬県前橋市苗ヶ島町にある宮城アングラーズビレッジ。国道17号やICからそれほど離れていないので交通の便は大変良いです。

宮城アングラーズヴィレッジHP

 

 

受付は7時~(夏季6時~)でした。

先客は5名ほど。数分フライング気味に受付を開始してくれました。

 

受付では「山ちゃん」(宮城アングラーズヴィレッジの名物スタッフ)が朝からハイテンションで対応してくれました。朝マヅメの高活性の魚達が憑依しているということですね。

 

 

 

 

料金については少々複雑な体系。「ひだまり券」や「イブニング券」、「ペア券」などの釣り人のニーズに合わせた各種の券が用意されているからです。詳しくは下記より確認してください。しかし一日券4,200円などかなり良心的な部類に入ると思います。

宮城アングラーズビレッジ料金ページ

 

 

 

 

 

各ポンドの紹介です。

 

①下池【バス、ストライパー、ブラウン、キャットフィッシュエリア】

管理釣り場なのにストラクチャーが豊富で野池がイメージされている下池ポンド。「下池」と表現されていますが三つのポンドには高低差があり、一番下(受付から入ると一番始め)のポンドのことです。

 

 

3/25(H29)にブラックバスが放流されたということで、多種多様な魚を釣ることができるポンドになります。

 

「ストライパー」なんて聞き慣れない魚だと思う方もいるでしょう。私は初めて知りました。

 

ちなみに画像ではバーブレスフックの絵がシングルフックで描かれていますが、スタッフさんに確認すると、バーブレスならトリプルフックでも構わないとのことでした。

 

安心して準備しましょう。

 

 

 

②中池【トラウトポンド】

宮城アングラーズヴィレッジでは一番広く、メインとなるポンドです。

 

単調な造りではなく、流れ込みや噴水、クイなどのストラクチャーが豊富で、攻略する楽しみがあります。

 

釣り具メーカー等の看板がたくさん立ててあり、管理釣り場としては斬新な風景です。

 

 

 

ここではニジマスがメインとなりますが、「銀ザケ」なるトラウトも釣れるそうです。

 

 

 

③ストライパー専用エリア

最後は一番上にあるストライパー専用エリアです。

 

いかにも野池の穴場ポイント的なロケーションが期待感を高めます。

釣り人は少なく、ひっそりと静まりかえっていました。ここで大型ストライパーがヒットしたら大声で助けを呼んでも誰も来ません。自分で何とかしましょう。

 

 

 

以上、三つのポンドの紹介をしましたが、これほど豊富な魚種を狙える管理釣り場はなかなかないでしょう。

 

基本トラウトを狙いつつ、下池でバス、ストライパー、ブラウン、ナマズ(キャットフィッシュ)を狙うこともできる。まさに関東一のカオス管理釣り場と呼ばれる所以(私が勝手にそう呼んでいるだけです)なのですね。

 

 

 

釣り場にBGMが流れているのもオシャレなポイントです。ダンスミュージックを背景に釣りをする機会なんてこの先、一生ないでしょう。

 

 

 

 

受付小屋では食堂及びルアーショップも兼ねています。

 

 

私がイチ押しなのは「蕎麦」

 

 

「どうせ適当な給食みたいな蕎麦だろう?」と思っていたんですがやたら旨い!

このざる蕎麦はキンキンに冷やしてあり、蕎麦好きのツボを得ています。特盛りにせず、大盛にしたのが今でも悔やまれます。皆さんは特盛りにしてくださいね。

 

 

その他のメニューも豊富で、中でも名物メニュー「山ちゃん串」というものが人気なようで、これを注文するとスタッフの山ちゃんが山ちゃん小屋に籠もり、串打ちをしてくれるという贅沢な逸品です。

 

 

 

出来上がるとマイクで呼び出されるので「山ちゃん串」を頼んだことが場内の釣り人はおろか魚達にまでバレバレになります。

 

 

「俺たちをリリースしといて山ちゃん串喰うのかよ。それって矛盾してない?」とトラウト達が不機嫌にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

一番の注意点としては、下池の魚は持ち帰り禁止と見せかけてキャットフィッシュが1匹まで持ち帰れることですね。ナマズを食べたい方は是非チャレンジしてみましょう。

 

 

 

さあ、次回はそんなカオスな管理釣り場、宮城アングラーズヴィレッジでの実戦記だ!どれだけカオスか読めば分かるさ!

宮城アングラーズヴィレッジ釣行記!子供が大爆発!?釣り上げたモンスターは…

 

 

 

このくだらないブログを読んでくれている慈善家のあなた!投票お願いします! にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ
にほんブログ村

 

 

関連記事です!

人間失格系ルアー桃色カラコンZ好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

自作魚料理レシピカテゴリー人気記事!

“宮城アングラーズヴィレッジ場所・料金・ポンドの紹介【レギュレーションのゆるい管理釣り場!】” への5件のフィードバック

  1. 面白そうなエリアですね^_^

    自分は再来週、裾野フィッシングパークに遠征しようかなと思ってます!

    • green より:

      HPを見ると何とも大自然的な釣り場ではないですか!行ってみたいですね。
      釣行記お待ちしてます!

  2. ta より:

    いろんな場所に行けて羨ましいです!!!!!車さえあれば…!!あと免許…!!

    • green より:

      最近遠征をしているおかげでガソリン貧乏になりました。
      ビールとガソリンを消費しすぎています…

  3. […] 宮城アングラーズヴィレッジとは?関東一のカオス管理釣り場のレギュレーションと楽しみ方! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です