赤久縄(あかぐな)はハコスチのいる秘境型管理釣り場!【レギュレーション・料金・場所・詳細】

スポンサーリンク

赤久縄。

 

 

 

 

「あかぐな」と呼びます。

 

 

 

この赤久縄は驚くべき秘境型管理釣り場。しかしそもそも秘境型管理釣り場とは何か。

 

 

 

 

 

 

管理釣り場にはいくつかのパターンがあります。

 

 

 

埼玉県にある朝霞ガーデンは都心からも比較的近い「アーバン型」管理釣り場。

 

 

 

一方、奥多摩フィッシングエリアやリヴァスポット早戸のような、自然の川を使い、ファミリーでバーベキューなども楽しめる管理釣り場は「リゾート型」

 

 

 

赤久縄は山中にあり、渓流に足を入れて釣り場を巡るような管理釣り場。「秘境型」です。(五時ペディアより)

 

 

 

今回はそんな秘境型管理釣り場「赤久縄(あかぐな)」を、自分の足で確かめてきた情報と公式ホームページの情報を絡めつつご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

【場所・アクセス】

場所は群馬県藤岡市の外れ、赤久縄山にあります。

 

 

 

「藤岡ならたいして秘境じゃないじゃないか。」と思われる関東在住の方もいるでしょう。しかし、藤岡市と言えども外れも外れ、下記の所在地マップが少々ギャグのように思えてしまうほどの外れです。

 

 

詳細マップはこちら。

赤久縄HPリンク

 

 

 

秘境赤久縄。「あかぐな」にすると田舎感が出てしまいますが、カタカナにすると妙に迫力が出てきます。「秘境アカグナ」。「エキドナの洞窟」ぐらいRPG感が出てきますね。

 

 

 

携帯なんてもちろん通じません。秘境で携帯が通じては興ざめですものね。不安な方は遺言を書いてから行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

この赤久縄はいくつかのエリアに分かれています。

 

 

 

 

【複数のエリア】

まずは「渓流エリア」。驚くべきはその秘境感!まるでガチ渓流です。

 

 

 

 

この倒木は自然なのでしょうか、演出なのでしょうか。とにかく秘境感丸出しです。

 

 

 

 

「あかぐなのおいしい水」とかが発売されていてもおかしくありません。渓流エリアにはそれほどの自然感があります。

 

 

 

渓流エリアではエサ釣りエリアとルアー・フライ釣りエリアがありますが、どちらも「上級者向け」とのことなので注意しましょう。

 

 

 

 

 

初心者やファミリー向けの「ポンドエリア」

 

いわゆる一般的な管理釣り場ですね。ここなら安全に釣りを楽しむことができます。

ポンドエリアは3つあり、それぞれ大きさが違います。どの池も魚影が濃いので安心して「いつもの管釣り」ができます。

 

 

 

そして「ダム湖エリア」

 

 

なんとここではウェーダーを着用して釣りができる場所があります。それほど広い池なのですね。ビッグルアーのロングキャストができなければ勝負にならないでしょう。

 

 

 

水深もかなりあるとのこと。ダム湖での縦釣りは困難を極めますね。ボトムに沈めるまで3分はかかりそうです。

 

 

 

 

 

そしてこの赤久縄の驚愕ポイントは、「ネイティブ感丸出しのトラウト」が釣れるということ。

赤久縄HPより

 

もはや管理釣り場レベルではありません。ネイティブです。大型トラウトを放流しているとのことですが、これはもう「育っちゃった」ヤツです。

 

 

 

 

 

 

 

こんなビッグワンが潜んでいるダム湖があるなんて、村田基師匠に知られたら大ごとです。週3で通われても文句は言えないでしょう。

 

 

 

 

 

【ハコスチ】

赤久縄では群馬県開発のトラウト、「ハコスチ」の放流に力を入れているとのこと。

 

 

 

ハコスチとは「ファイトが最高!」という、正に釣りのために生まれた魚です。箱島のトラウトとスチールヘッドを掛け合わせたので「ハコスチ」。「スカジャン」と同じ命名タイプです。

 

 

 

釣り人へのアンケートでその実力は折り紙つき。「普通」と答えた2%の人はカナダ人です。毎日80cmクラスのネイティブトラウトを釣っているカナダ人に決まってます。

 

 

赤久縄には、そんな曰くつきモンスター、「ハコスチ」が潜んでいるのです。

 

 

 

 

 

【料金・営業時間】


プレオープン価格
1日券・・・4000円(お持ち帰り10尾まで、内40cm以上は1尾まで)
午後券・・・3000円(お持ち帰り5尾まで、内40cm以上は1尾まで)
※原則として釣り券の無い方の釣り場への入場はご遠慮願います。

放流魚種・・・イワナ、ヤマメ、ニジマス(ドナルドソン)
・放流はポンドエリアとダム湖には原則毎週末放流を実施しています。

営業時間
8時30分〜17時
(8時より発券)

■ルアー・フライエリア
 AM8:30~PM5:00

■渓流釣り
 AM7:00~PM6:00
AM8:00より釣り券の販売を開始しますのでお買い求めください。
釣り券を購入いただくことにより魚を放流するシステムとなっております。


定休日:毎週木曜日(祝祭日は営業)
※悪天候時や冬季は安全の為、予告なく閉鎖する場合がございます。
 ご了承ください。

 

 

 

1日券にしてはかなり安い部類です。しかし残念ながら持ち帰り制限あり。しかも40cm以上は1匹までです。40cmが午前中に釣れたときは迷いますね。あとで60クラスが釣れることも大いにあるわけですから。子供・女性料金が無いというのも硬派なところです。

 

 

注意点が一つ、赤久縄では「受付」と「ルアーフライ釣り場」は場所が全く違います。車で移動しなければならないのです。

 

 

まずは赤久縄の受付に行きましょう。釣り場よりも山を登っていった所です。

 

 

 

 

忍者が出てきそうな通路を通って受付へ向かいます。この時忍者の手裏剣を食らったら釣りをする前に「ゲームオーバー」です。気を付けましょう。

 

 

 

受付小屋(食事処)に無事たどり着ければ「勝ち」です。あなたに充実の釣りライフがもたらされるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

【レギュレーション】


(キャッチ&リリース前提のスポーツフィッシングを楽しんでいただく為のルールです。皆様のご協力でより良い釣り場に。)


・ルアー、フライ(テンカラ含む)のみOK。
・エサ、ワーム、ジグヘッド、集魚剤、トレーラー、ドロッパーの使用禁止
バーブレスフックのみ使用可能。
・テンカラは専用竿と専用ラインのみ使用可能。
・許可されている釣り具以外の持ち込み禁止。
・釣り場へのクーラーBOXの持ち込み禁止。
・ひっかけ禁止・置き竿禁止。
・イス、荷物等での場所取り禁止。
・リリースの際は、魚に触らないよう、また陸に上げないようになるべく水中でフックを
 外してください。やむを得ず魚に触る場合は水でよく手を冷やし優しく触れてください。
 また、キープ以外の魚は魚篭に入れないでください。
・もしも針を飲まれてしまったときはハリスを切ってください。バーブレスフックであれば
 自然に外れます。

 

 

持ち帰りでもバーブレスは必須。しかしシングルフックの縛りはありません。トリプルフックならバーブレスでも安心感がありますね。大事に育て上げられたビッグワンをリリースする場合はより丁寧に扱いたいところです。

 

 

 

注意事項
(自然の渓流には様々な危険が潜んでいます。安全にお楽しみいただく為にも注意事項の確認をお願いします。)


・上流エリア及びウェーディングエリア以外では水の中に立ちこまないでください。
・ダム湖の両側面の山肌及びダム上は立ち入り禁止です。(左岸の看板までは進入可。)
・当釣り場は基本的に自然の渓流です。足場の悪い所、倒木、落石、ヘビ・イノシシ・
 ハチ等の危険動物など様々な危険が潜んでいます。無理をせず十分注意してご利用
 ください。

・上流は急流の為、雨により突然増水することがあります。雨が降り出したら状況を
 判断し、下流エリアへ引き返してください。やむ得ない場合は右岸から山に入り
 下ってください。

・ゴミは持ち帰ってください。
・魚を捌く場合は、赤久縄までお持ちいただくか、もし川で捌く時はハラワタを川に
 流さないでください。
・エリア内・駐車場での焚き火は禁止です。
・ルールを守れない方、及び迷惑行為を発見した場合は退場していただく場合があります。
 また悪質な場合は罰金を課し、入場制限をかけます。
・制限尾数を超えた場合は100g当たり525円でお買い上げいただきます。
・無断で釣りをされていた場合、現場売り券として1万円を申し受けます。
・時間外入場は密漁と判断し、罰金&警察への通報を行います。

 

今話題のヤマカガシも上等の勢いです。私はヘビよりもイノシシよりもハチが駄目なので上流エリアには行けません。ハチが苦手でない選ばれた人のみが上流エリアに行けるのです。

 

 

 

 

そうは言ってもファミリーで楽しめる要素も盛りだくさん。後述しますが、お食事処では囲炉裏で食べる蕎麦と焼き魚が絶品です。

 

 

 

 

 

さあ、次回はそんな秘境型管理釣り場「赤久縄」での実戦記だ!キミは生き延びることが出来るか!

赤久縄(あかぐな)釣行記!川、池、湖、圧倒的広さのエリアで天然系ヤマメ&イワナを狙え!

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 まあまあ面白かったという方、投票お願いします!

 

 


関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

お役立ち記事カテゴリー人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です