最も特異なトラウト釣り!?ベールに包まれた「プールフィッシング」とは?

スポンサーリンク

プールフィッシングとは。

 

 

欧米の人達がやり始めたおバカな新種のスポーツのように聞こえてしまいますがそうではありません。

 

 

 

 

狭い国日本が生み出した全世界驚愕のトラウト釣りのことです。

 

 

 

 

「夏は人を放流して冬は魚を放流する」これが日本の正しいプールのあり方なのです。

 

 

 

 

 

しかし現在プールフィッシングは日本全国には普及していないようです。

 

 

考えても見てください。あなたがプールの経営者だとします。「これからのプールのあり方会議」で若造が、「冬はトラウトを放して釣りをさせればいいと思います。」なんて意見を出してきたらどうします?

 

 

 

即日却下ですよね。そんなことをしたら夏のプール客さえ飛んでしまう。「あそこのプール冬は魚放してるんだぜ。あんなとこで泳いだら病気になるかマーメイドになるかのどっちかだよ。」なんて悪い噂を流されかねません。

 

 

やはり冬は手堅くスケートでしょう。

 

 

 

 

そんなプール界のタブーを打ち破ったパイオニアは大変勇気がいったことでしょう。勇者です。

 

 

 

 

現在関東では、としまえん、西武ゆうえんち、川越水上公園、しらこばと水上公園、上尾水上公園、加須はなさき水上公園でプールフィッシングが楽しめます。っていうかこれ以外でプールフィッシングができるところは聞いたことがありません。

 

ご存知の方はお知らせください。

※西武園フィッシングランドは工事のため2017年営業見送り

 

 

 

 

プールフィッシングをやっている方はすでにご存知だと思いますが、プールフィッシング最大の特徴と言えば、

 

 

 

「水道水を使っているはずなのに妙に濁っている」

 

 

 

ですよね。1択です。

 

 

 

 

半年間を通して自然を意識した鮮やかなマッディポンドを楽しめるなんてプールフィッシングでしかありえません。緑茶です。

 

 

「オープン時はクリアだから魚をたくさん入れてるけど濁ってる時は見えないから全然放流してないんじゃないの?」なんて考えてはいけません。貧乏人の発想です。

 

 

 

関東在住の方は幸せです。あんなに足場が良くて根掛かりしない釣り場なんてありませんからね。

 

 

 

 

家族で行っても安心。安全面は最強の釣り場ですから。

 

 

「お父さん、冬の間学校のプールに魚を放してもいい?」なんて突飛な提案をしてくるような子供に育ちます。

 

 

 

 

初めてのトラウトフィッシングはプールフィッシングだったという方も多いと思います。私もそうでしたから。

 

高校生の時、プールのエサ釣り場で爆釣し、持ち帰り制限を超えて買い取らざるを得なくなったあの苦い想い出を忘れる方はいないでしょう。

 

 

 

 

ごく一部では人気爆発。ごく一部、ほんのごく一部ですよ。平日はガラガラですから。※嘘です。多くのお客さんがいます。

 

 

なかでも東京都のとしまえんでは「練馬サーモン」が釣れることもあり、毎日早朝から大物ハンターが列を成します。

練馬サーモンを釣ったのは誰だ!としまえんフィッシングエリアの光と陰

 

 

 

としまえん、西武園ゆうえんちは私営なので独自の料金体系となっていますが、埼玉県の4プールは公営ですのでルールも共通。

としまえん釣り料金

西武園釣り料金

埼玉4公園利用料金一覧

 

 

「1日券はその日なら3公営プール間で使える」なんて実用性の全くないサービスがあるくらいですから。

 

 

「そんな頻繁に場所移動しなきゃいけないくらい釣れないの??」とビックリしてしまいますよね。

 

 

 

大丈夫。そこまで釣れなくはありません。「ルアー初心者には結構厳しい」ぐらいです。

 

 

 

私がまだ若かりし頃、全く釣れないため某プール釣り場に「子供だけでもスプーンにエサを付けさせてはくれまいか!」と懇願して1匹だけ釣らせてもらったこともあるほどの難易度です。

 

 

 

次回はそんなプールフィッシングの一つ、埼玉県の川越水上公園での実践記です。「プールフィッシング初心者の希望の星」となれるよう頑張ってきましたのでぜひご覧ください。

川越水上公園釣行記!初めての方はこれを読めばもう迷わない!

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 まあまあ面白かったという方、投票お願いします!

 


関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

お役立ち記事カテゴリー人気記事!

“最も特異なトラウト釣り!?ベールに包まれた「プールフィッシング」とは?” への10件のフィードバック

  1. HAL より:

    おはよぅございます。

    毎回楽しく拝見させて頂いてます( ´∀`)
    自分は、花崎水上公園に良く行きます。
    去年はデカマスばかりで楽しめました。
    プールは、確か…
    栃木にも1箇所やっている所があった気がします…
    ヤシオマスが放されている話しを聞きました。

    • green より:

      はなさきデカいのいましたか!たしか全リリースでしたよね。
      栃木にもプールありの情報!調べてみますね。ありがとうございました!

  2. たてよこななめ より:

    こんにちは☆
    どうも西武園の回し者です(うそ)

    西武園もデカマス多いですよ!!
    シーズンに数回実施される『西武園カップ』では大物の大きさ勝負となりデカマス大量に放流されますし70cmオーバーもいます。
    あと毎シーズン1匹だけですが大きいイトウさんも放流されます。
    ブラウン、ヤマメ、イワナもいるし他のプールよりは難易度低めというか魚がかなり多いので数釣り出来ますし、しかも料金が安い。
    その分、駐車料金が高いのが難点ですかね・・・

    安い上に放流量が毎回かなり多いので経営はヤバいらしく今シーズンは改修を名目にオープンしない可能性も大との噂(鱒)です。

    • green より:

      ハーッハッハ!何を隠そうその爆釣の西武園でボウズだったこのがこの私です。当時は何も知らずスプーン1個しか持っていなかったのですが。
      またリベンジしてみたいですね!

  3. うーちゃん より:

    いつも楽しく拝見しております。

    妻の実家がしらこばとに近いので、プールトラウトには興味があったのですが、何故か敬遠していました。釣り堀感が強いからかもしれません。

    しかし、グリーンさんの言われる通り、非常に身近で安全な釣り場ですよね。今冬は子供を連れて行ってみたいと思います。

    • green より:

      ま、まあ釣れませんが…!
      ほどほどに難しくて良いと思います!
      くれぐれも保険の反則系をお持ちください!!

  4. HAL より:

    こんばんはです。

    栃木総合運動公園です。
    11月3日よりオープンとの事です。
    料金もリーズナブルでした。
    平日で半日1500円て、安くないですか?

    • green より:

      安い…!そしてヤシオマスもいる…!近ければ絶対通います。ヤシオマスが狙えて一日でも3000円ですからね、どなたかヤシオマス釣れたら教えてください!

  5. 豊島園のミシガンエリアに似たシチュエーションのエリア川越水上公園にもありましたろね!大型の鱒を放流してたかと思います!

    • green より:

      ありました!遠投出来ないと全く釣れない波のプールエリアが!ヘビータックルで臨んでみたいところではありますね。確かにデカいのが見えましたから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です