すそののミックスポンドは結構簡単?半クリア状態のポンドで量産なるか!?

スポンサーリンク

前回のあらすじ

すそのフィッシングパークのクリアポンドでは一匹のみ。ミックスポンドへ移動し釣果を伸ばすことが出来るのか。

すそのフィッシングパークは大物専用釣り場か!?40cmクラスがうじゃうじゃ!

 

 

 

ミックスポンドはマッディポンドと言われていますが結構な半クリア。ある程度の魚影も確認することが出来ます。

 

 

いわゆる「泥水」的なマッディポンドではありません。にごりがあるよ的な程度です。同様の水質で「クリア」を謳っている釣り場もなきにしもあらずだと思います。

 

 

池に日が差すタイミングでうじゃうじゃとかけ上がりにたむろするトラウトが見えました。漁量はかなり多そうです。

 

 

 

 

すると早速息子がヒット!「大人のEXA白」がかけ上がりでヒットしました。

こんなに食えるのか…?というほどデカい魚ばかり。持ち帰り制限フルで釣ってしまうと冷凍庫行きは確実です。

 

 

 

 

息子はEXAで連発。「EXAってすごいね!他の色も買ってよ!」と言いますがロストするまでは買いません。カラーバリエーションを揃える余裕なんてないのです。

 

 

 

 

 

 

すると、「あーっ!」。息子がラインブレイク!大人のEXAはリーダーごと闇に葬られました。

 

 

 

 

「EXA買い直しか…」そう思っていると、息子が交換して投げていたルアーにラインが絡みました。

 

 

 

 

 

「お父さん!こ、これはボクのラインだ!!」

 

 

息子がラインを引き上げてみるとEXAが闇から浮上してくるではありませんか。奇跡的にフックが外れ、それを自分で引っ掛けるという「セルフサルベージ」!500円勝ちの奇跡です!

 

 

 

 

 

さらに…、

 

 

「く、食った!!」

 

 

なんと手で引き上げているEXAに食ってきた!!手釣り…!釣りキチ三平ばりの手釣りです!

 

 

 

 

 

しかしバレる!バレて良かった。EXAを持っていかれなくて助かりました。

 

 

 

 

 

後半も残りわずかとなってきました。息子のダイソーカウンターは「6」を示しています。私は。圧倒的差を見せつけられています。

管釣りカウンターはダイソーで!プロ御用達のアイテムでプロっぽく見せろ!

 

 

 

 

しかし差を縮める!息子に「使わせてもらった」EXAでゲット!

ここでのランディングは大変。一匹一匹がデカいのでランディングするまでが毎回大変です。「骨折りランディング」と名付けましょう。三匹しか釣っていない私が言えることではありませんが。

 

 

 

 

すそのフィッシングパークはフェザージグがOKとのことで必殺の「コンコンキツネ村シリーズ」を登場させますが不発。必死のフェザー戦略も功を奏しません。

 

 

 

出稼ぎ!出稼ぎ作戦だ!!

 

 

 

息子をta氏に押しつけ、出稼ぎ釣りです。ここまで稼げないヤツは家族を残して小ぶりトラウトが渦をなすストリームエリアに出稼ぎするしか道はないのです。

 

 

 

 

ストリームエリア。小型トラウトが簡単に釣れるという川タイプの釣り場です。

 

 

上方のエサ釣り場から流れる川がストリームエリアまで繋がっています。

そしてここが終点。水はクリアでトラウトの魚量は豊富です。

 

 

 

残り時間は20分程度。小ぶりで良いから数を伸ばしたい。ランディングにかける時間を節約して数を伸ばす作戦です。3匹しか釣れていないのでそんなこと考えるまでもないのですが…

 

 

 

手当たり!手当たり次第に乱発!ここにきて五時レンジャー48手「有名ルアー乱舞」を繰り出します。

 

 

 

 

 

「乱舞!ランブルアー!」

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

敗北したZ戦士達の図。

 

 

 

もう後がない。背に腹は変えられない。

 

 

 

 

出稼ぎ時にこっそりパクってきたクレイジーボムを使います。これで息子の右腕はもがれたも同然です。

 

 

 

乱舞!

息子からパクったルアーで乱舞!

 

 

 

ブルックも乱舞!コンパクトカワマスが乱舞します!

 

 

 

総計5匹!最後に息子に一矢報いたか!?

 

 

 

 

タイムアップ。6時間が終了しました。

 

 

 

ta氏と息子の元へ戻ります。ta氏は25匹、なんと息子は10匹まで釣果を伸ばしていました。

 

 

 

 

裏目!完全に裏目!!息子はta氏のアドバイスを受け、逆に数を伸ばしたのでした。

 

 

出稼ぎをしたのにダブルスコアで敗北。これで朝霞ガーデン、寄居フィッシングと続いて3連敗。息子に3タテを喫しました。

 

 

 

 

カウンターいらず!息子よりカウンターが不要なのは私です。片手で数えられる数しか釣れない私はカウンターなんて持つ資格はありません。たまに息子に借りることにしましょう。

管釣りカウンターはダイソーで!プロ御用達のアイテムでプロっぽく見せろ!

 

 

 

大型のトラウトを大量に持ち帰った結果、やはり冷凍庫に眠ることになるのでした…

 

 

 

PVを増やすにはまずブログ村から!応援お願いします! にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 

関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

お役立ち記事カテゴリー人気記事!

“すそののミックスポンドは結構簡単?半クリア状態のポンドで量産なるか!?” への12件のフィードバック

  1. ユッケ より:

    やっぱり釣れますね、クレイジーボム笑

    キープ魚はその場で活け締め→クーラーボックスへドーン でしょうか。

    • green より:

      実は小っちゃいのが多いストリームエリアが一番面白かったり!?
      キープはそんな感じですね、クーラーボックスが深紅に染まります…

  2. おっちゃん より:

    次回のブログは息子さんに釣り方の指南をご教授願います(笑)

    • green より:

      理解不能の奇想天外メソッドを晒してもいいかもしれませんね!私のよりかはいいでしょうから…

  3. t2 より:

    こんばんわ~
    私も25日の日曜日にすそパへ行ってました!
    銀鮭っぽいのがたくさん釣れましたね~
    たまにニジマスの模様のやつも釣れましたけど

    友人が特大赤身マスをゲットしたので半身もらっちゃいました!
    全身トロサーモンでしたよ~( *´艸`)激うまです~!

    今のすそパはフェザー系ルアーに無茶苦茶スレてますね。。。
    多くの釣り人がフェザーを使うようになったからでしょうね~
    クレイジーボム使っても一筋縄ではいかなくなりました(;^ω^)

    • green より:

      そうでしたか。私もギンザケっぽいのをやたら見たんですがあれは何なんでしょう。ニジ模様が釣れるほうがレアでしたね。
      フェザーがスレてましたか!私はクレイジーボム苦手だからあまり釣れません…

  4. タカ より:

    グリーン様
    すその、楽しそうですね~!一度行ってみたい釣り場なのですが、北関東からは遠い…。
    いつか…いつか行ってみたい!
    あっ、先日アーマードFを購入して本日上永野へ行ってきました。
    いや~、本当に良い!PEとフロロの良いとこ取りのラインですね。もう普通のPEへは戻れそうにありません。
    放流狩りでヤシオが釣れました!

    • green より:

      「アマダー」増殖中ですね!「+F」も調子良いです。「pro」に手を伸ばしたくなりました。
      なぜそんなにヤシオマスが…!上永野に通い続ければ良いのですね!?

      • タカ より:

        グリーン様
        いや、今日は本当に運が良かったのです。
        だって場所を移動してきたらいきなり目の前で放流が始まったのですから。
        それに加える、上永野の放流で良い思いをしたことのない自分、いつもはオレキン・アカキンを迷わず投げるところですが今日はライムグリーン系を投げたらヤシオマスがスイッチが入ったかのように食ってきました。
        これからの春の上永野は楽しいですよ~!

        • green より:

          土日は地獄の混みようだそうで…
          平日に行きたいです!
          まあ私は足下しか釣れないからブルック連発だと思いますが…
          近くに上永野があるならすそのは不要だと思います!

          • タカ より:

            グリーン様
            自分は9割平日釣行ですが、意外と水曜日に放流がある時が多いですよ。

          • green より:

            ta氏曰く上永野のヤシオマスは激ウマだったとのこと…
            いつか必ず訪れるでしょう。卑しき貧乏釣り師が…!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です