蛍光カラコンはマッディウォーターに通用するか。可能性を探るテスト釣行!

基本ボウズ!ポンコツ実践記

さあやってきましたマッディウォーター。ここは埼玉県川島町にあるトラウト管理釣り場「フィッシングフィールド川越」です。

マッデイウォーター対応のカラコンルアーを新開発!西〇園に完全対応!?

 

褒めたくなるほどマッディなフィッシングフィールド川越で蛍光カラコン「ブエンコーン」をテストしてみようではありませんか。

 

 

まずは受付へ。ta氏と共に半日券(5時間)を購入です。

 

受付の案内紙が新しくなっており、以前記載されていた禁止ルアーの「ジグヘッド」が記載されていなかったため、お母様に聞くことに。

 

 

「フェザージグは大丈夫になったんですか?」

 

 

 

「うーん、駄目かもしんない。」

 

 

 

なんと、一縷の望みを抱かせる回答を受けました。ミステリアスですね。しかし今回はフェザージグが使えるかどうかなどは関係ないのです。

 

一回りも二回りも大きくなった私がフィッシングフィールド川越を全うに攻略してやりましょう。

 

 

 

日本一難しい管理釣り場。私がそう思っているフィッシングフィールド川越。

 

何しろはっきりとした攻略法が見つからない。

 

 

水質はマッディで魚の様子が分からない。手前はかけ上がりになっていることが分かってきたのですが、やたらかけ上がりでの当たりが多い。

 

しかしかけ上がりに縦釣りルアーを置いておいても一向に食わない。

 

表層よりもボトムが効くことが多い。

 

 

そんな感じでしょうか。

 

 

 

私の引き出しでここに対抗できるのか。不安ではありますが対抗出来なかったからといって死んだり10万円取られたりすることはない。全くもって心配不要なのです。

 

 

平日ですがなかなかの混みよう。なんとか水車周りをキープしました。

 

 

まずは桃色カラコンZを投げてみます。効かないことを確認するのです。

 

 

 

ほら、効かない。

 

 

 

ラインにも手元にも当たりの感触がないまま20分を費やします。

 

 

ではそれと比較してマッディウォーター用に開発した「ブエンコーン」。西武園のコーンをイメージしてみました。

 

 

マッディウォーターでも目立つこと請け合い。多少の変化は見られるか。

 

 

 

 

 

見られない。

 

 

 

やはりラインにも手元にも当たりはありません。足下のかけ上がりでも反応はありません。

 

 

 

「ま、まずは魚がいるかを確かめよう…。」

 

 

火星に生命体はあるのか。フィッシングフィールド川越に魚はいるのか。ロマンですね。

 

 

するとta氏がヒット!手元でバラしましたが確かに確認しました。フィッシングフィールド川越にはニジマスがいたのです!

 

 

 

NASAに報告したかったのですが、それよりも私も早く釣りたい。ルアーをチェンジしました。

 

 

 

これです。ロブのダイアナ。

※「ディアナ」とずっと呼んでいましたが「ダイアナ」でした。

 

 

これは私の中で実績のあるスプーン。前にここでそこそこ釣れたスプーンなのです。

 

 

 

なぜ私がスプーンなんて使うのか。

 

 

フィッシングフィールド川越に常識は通用しないからです。

 

 

「私なんかがスプーンを使っても釣れやしない。」この常識がここでは通用しないのです。

 

 

私はなぜかここではスプーンが釣れる。どこへ行ってもスプーンで釣れない私がここでは釣れるのです。磁場が変動しています。

 

 

そのため自信満々でダイアナを投げられます。

 

 

 

ヒット!やはりダイアナはフィッシングフィールド川越専用スプーンだ!(私の中では)

 

1時間を要し、ようやく1匹が釣れました。

 

 

しかしその後は沈黙。たまにバイトがあるのですが釣れていません。

 

 

スプーンでも駄目なら諦めよう。カラコンルアーをまた投げてみます。

 

 

 

足下3メートル付近を丁寧にボトムバンピングしていく。1回のキャストで3分はかけます。

 

 

ヒット…!足下2メートルでかかるも水面でバラします。しかし釣れることは分かりました。

 

 

一方ta氏はブエンコーンでかけ上がりを探ります。当たりがあるも小さすぎて取り切れないとのことです。

 

 

やはりカラコンルアーはマッディに弱い。ブエンコーンもまた然りか…。カラコンテストは終了とします。

 

 

さあ、残り時間は3時間しかない!フィッシングフィールド川越に一矢報いることは出来るか?

マッディなフィッシングフィールド川越で救世主が舞い降りる!?

 

 

いつも投票ありがとうございます!今回もよろしくお願いします! にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

 

コメント

  1. ポテポテ より:

    グリーン様

    塗るんじゃなくて、ラメイエローだったらどうだったんですかね?
    自分が作ったミルキーグリーン×ラメイエローパウダーは結構出ましたが・・・。

    ・・・でも、やっぱりマッディは効かないんですかねぇ?
    水を押すタイプのルアーではないですからねぇ。

    カラコンZの良いところ、悪いところが色々分かってきましたね。
    ハマると強いがハマらないと怖いルアーですね。

    • green より:

      ラメ入りも自分では作りましたが、普通には釣れますね!しかしノーマルとの差があまり分からないので量産はしてないです。おすすめはスワロフスキー入りですね。あれは結構効果があるんじゃないかと思ってます。まあ自作しないと入れられないですけどね!
      Zッターを極めて私にも教えてください!