初めての縦釣り!初心者でも簡単に釣れるポイントはこんなとこ!

基本ボウズ!ポンコツ実践記

さて、前回は初めての縦釣り「やり方編」でしたが、今回は「釣果編」です。説明している私自身ちゃんとした縦釣りをするのが初めてだったので説明がかなりわかりづらかったと思いますがご容赦ください。

 

 


ta氏の縦釣り入門講座を受けた私は早速実践に移ります。朝霞ガーデンは縦釣りゆかりの地なのでまさに入門編にはもってこいですね。

 

 

 

場所はルアー専用池。真ん中らへんの池ですね。

 

 

まず投げるのはROBのバベル1g(ホワイト)。タックルはバーティカルプロミニとプレッソのセレブコンビだが、ラインがナイロン3lb(+フロロ1m)なのが不安材料。果たして飛距離は出るのか?

 

 

 

「エイヤ!」

 

 

飛んだ飛んだーーーっ!5m!

 

 

 

 

やはり飛びません。しかしそれは仕方ないでしょう。ta氏の教え通り「表層シェイク」を行います。

 

 

 

「水面に飛び出るくらいの感じで!」その教え通り人差し指を高速で動かします。

 

 

慣れていないため、気付くと人差し指でなく手首を動かしてしまっていることに気付きました。難しいですね。

 

 

 

そして「巻きフォール」。バベルがゆっくりと沈んでいくので糸フケを取るようにゆっくりと巻いていきます。

 

ラインはオレンジカラーなのではっきりと見えます。視認性の良いカラーが必須なのですね。

 

 

 

そして巻き上げ。続いてまた巻きフォールにいきたいのですが、いかんせん飛距離は5m。もう足元です。

 

とりあえず縦釣りの基本行程は理解できました。反復していきます。

 

 

 

 

すると手に感覚が伝わる!合わせるのかどうかも分かりませんでしたが、こういった微かなアタリを合わせていくものなのでしょう。

 

 

 

かなりの集中力がいります。30分やっただけで疲れました。

 

しかし釣れない。というかアタリが分からない。やはり初心者には「見える」ことが重要ですね。魚の動きを見ながらできれば大変分かりやすいと思うのです。

 

 

 

ポイントを移してみました。「底まで見えるくらい浅くて魚がうじゃうじゃしているポイント」。朝霞ガーデンではここしかありません。

 

 

 

ここです。ルアー専用池の流れ込みパイプが2本ある所。「縦釣りの里」と命名しました。

 

普段は両サイドに人がいるのでとてもじゃないが投げられない。しかし飛距離5mなら縦釣り入門には最適なポイントです。おまけに今の季節はこの場所は追い風になることが多く、風に乗せれば飛距離も増します。

 

 

おまけに水深は30cm~50cm程度で魚がうじゃうじゃたまっているのが見えます。朝霞ガーデンに限らずこのようなポイントが縦釣り入門には良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

キャスト!5m!

 

 

 

「表層シェイク」➡「巻きフォール」➡「巻き上げ」1行程で終了です。

 

しかし魚が食うところが見えるのでアワセの練習には最適でしょう。

 

 

 

 

早速激浅の所でトラウトが食った!手元にアタリが伝わる!ヒット!

記念すべき縦釣り第1号はROBのバベルです!

 

 

「食うのが見えている」魚を釣ったので「入門」レベルです。

 

 

 

 

続いて…

 

NEOのAIRでした。0.18gという鬼の軽量ルアーです。フォール感がゆるくて素敵です。

 

小さなアタリでしたが、このロッドなら明確に伝わってきます。バスロッドなどで試す方はこの小さいアタリを感じ取れるかが問題となるでしょう。それを補うのが「ラインによるアタリ」ですね。これを読み取れればキャッチ本数は増えるのでしょう。

 

 

 

 

手には感覚がないのにラインが横に動く…!風じゃないな!

 

 

 

ヒット!

手には感覚が伝わらなくてもラインだけが動く場合もあります。結構口の奥に飲み込んでいたので「食い上げ」によるアタリでしょうか。これを合わせるのはなかなか難しいですね。如実に動いたため合わせられましたが繊細な動きを察するレベルにはまだありません。

 

 

 

AIRの調子がいい!連発しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こ、これが「縦釣り」とやらの性能か!恐ろしい…、恐ろしい技が編み出されたもんやでぇーーーっ!!

 

 

 

「縦釣りはルアー釣りじゃない、邪道だよ。」なんて声も聞かれますが、なかなかどうして、こんなにエキサイティングかつサイエンスティックな釣りがあったとは!皆様にもぜひお勧めしたいです。

 

 

 

 

 

しかし極めれば極めるほど道具は高くなる…。「貧乏釣り」を提唱している私としては「セレブ釣り」の一種である縦釣りをあまり勧められません。

 

 

誰でもできる、「真・貧乏縦釣り」を開発して提供できるよう検討していきたいと思いますのでお待ちください!

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 まあまあ面白かったという方、投票お願いします!

 

 

コメント

  1. ta より:

    ばくのちょうですね

    • green より:

      早く糸を巻き替えてもう少し飛ばせるようにしたいです!

      • ta より:

        あ、ロッドをしっかり握ると感度が落ちるので、手のひらを上に向けて手のひらと人差し指にロッドを乗せるような感じで、さらに親指を完全にロッドから離すとシェイクもしやすいし、食ったときのノリもいいですよ!

        • green より:

          極限まで感覚を研ぎ澄ますわけですね。
          言葉だとうまく伝えられないので「taの縦釣り1、2、3」のDVD出しましょう!

  2. tomo より:

    ばくのちょうでいれのぐいですね。
    理屈は分かっていても全然出来ない縦釣りを
    ここまで簡単に朝霞でやるなんて…グリーンさん流石ですね…!

    PE+フロロじゃないと効果が出にくいと書かれていたのにこの性能!
    バスロットで今度挑戦してみます。何度やってもアタリが出ないから
    ついついスプーン巻いてしまうのです。

    • green より:

      コーチのta氏が良いので!
      でもやはり飛距離が出なくてやりづらいですね。
      朝霞が縦釣りに向いてる釣り場だと思うのでなんとか釣れましたが他の場所だとどうでしょう…?チャレンジしてみます。

      • tomo より:

        縦で上げている人は多いので真似してみてはいるんですけど
        本当にさっぱり取れずです。コーチして頂きたい位です(TT
        眼も悪いからラインも見失ってしまうし、どうしようもないですね…

        • green より:

          私は全く教えられませんがta氏の「taの縦釣り1、2、3!」を受ければきっと釣れるはず!
          さらに技を聞いておきます!

  3. 赤貧くん より:

    ふと思ったのですが、以前紹介されていたチェーンルアーをスプーンの後ろにつければ、なんちゃってコブラツイスターになるのではないでしょうか?

    • green より:

      「トレーラー禁止」が多いのでためらいますね…
      アナコンダトレーラー級の威力はありそうですが!

  4. t2 より:

    おお!ついに縦釣りを!!
    飛距離は5mで充分だと思いますよ~

    AIR0.18はフォールとか巻くとか考えずに
    漂わせると白い目でみられるくらい釣れました。あの開成水辺FSでゴールデンウィーク真っ只中に60アップばかりボコのボコ!

    ぜひお試し下さい!

    • green より:

      漂わせる!新しいジャンルですね!
      試してみたいと思います!しかし合わせられるのか…!