スワロフスキーを取り入れた自作ルアーを作る。題して「桃色カラコンZ+S」だ!

スポンサーリンク

UVレジンを使った自作ルアーも一応の成功を見せています。

 

爆釣というほどではないが特定の条件下では市販品ルアーよりも釣果を上げることがある。

 

 

 

「スーパーサブ」的存在です。「ファンタジスタ」ではありません。

 

 

ファンタジスタは「中村俊輔」、さしずめスーパーサブ的なUVレジンは「ゴン中山」といったところでしょうか。

 

 

いいじゃないか、ゴン中山。泥臭いゴンゴールは泥の中で「ただ置いておく」で釣り上げる桃色カラコンZそっくりです。

 

 

 

 

というわけで主観だけでゴリ押しするレジンルアー。さらに改良をみせることとなりました。

 

 

きっかけは自作ルアーの雄、「サンデービルダー」さんのブログでのこんな記事です。

 

 

「スワロフスキーを自作ルアーに使えないか」

 

 

 

目からウロコ。目から光り輝くスワロフスキーがこぼれ落ちました。

 

 

 

桃色カラコンZの弱点は「マッディウォーター」。マッディウォーターでの活躍は現在見られておりません。

 

私の推測では、レジンルアーはアクションが薄いことに加え、「アピール」も弱いためにマッディウォーターでなかなか釣果を伸ばせないのではないか。

 

 

スワロフスキーをプラスすることにより、遠く離れた所からも魚が発見しやすくなることが期待されます。

 

 

 

 

では早速手芸屋でスワロフスキーを購入。

 

 

税抜き250円でした。

 

 

 

小さくも光り輝くスワロフスキー。この10万カラットの輝きを桃色カラコンZと融合させます。

 

 

 

作り方、というか従来の工程の間に「スワロフスキーを入れる」を加えるだけ。特に解説は不要です。表面に注意しましょう。

 

 

 

 

しかし今回さらに簡易な工程を考えました。

 

 

ニューバージョンの桃色カラコンZは「フック溝」を搭載しています。

 

 

このフック溝がハマった。フッキング成功率が従来品より格段に上がったのです。

 

 

 

ボトムではフックを上にして仁王立ち。いざ魚が咥えると独立してフックが本体から離れます。

 

 

これで従来の縦釣りルアーに並んだのです。

 

 

 

 

しかしこのフック溝を作るのが容易でない。レジンを日光で固める際にアルミ板を挿入して溝を作る。そして固まったらその板をペンチで抜く。形も安定しません。

 

 

 

今回はその溝を「後から削って造形する」といった手法を用いてみます。

まずはノーマルの桃色カラコンを作り、そこにスワロフスキーを乗せる。一度固めた後にスワロフスキーを乗せ、上からさらにレジンを垂らします。こうすることによってレジンの中にスワロフスキーが埋没しません。

 

 

 

そして彫刻刀(三角刀)で削ってみる。レジン自体は削れますが労力がハンパありません。却下。

 

 

仕方なく電動ドリルを使います。しかし一番細いミリのドリル刃でも結構太い。アルミ板を入れたバージョンよりもかなり溝が広くなってしまいました。

 

 

 

仕方ないので従来のアルミ板バージョンも作りました。

アルミ板を真っ直ぐ入れるのと固まったあとに引き抜くのがとても大変。

 

 

 

しかし溝の細さと深さは申し分ありません。あとはヤスリで綺麗にします。

 

 

 

 

やはり現段階ではアルミ板が一番良いのか。細いドリル刃を買えば良いだけなのですが。

 

 

 

とにかくスワロフスキーの輝きを加えた「桃色カラコンZ+S(スワロフスキー)」が完成しました。

 

 

これはもはや完全体。欠点は見当たらない。いや、唯一欠点を挙げるとしたら「誰も作ろうと思わない」ことだ!次回、決戦!!

すそのフィッシングパークは大物専用釣り場か!?40cmクラスがうじゃうじゃ!

 

 

 

このくだらないブログを読んでくれている慈善家のあなた!投票お願いします! にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ
にほんブログ村

 

 

関連記事です!

人間失格系ルアー桃色カラコンZ好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

自作魚料理レシピカテゴリー人気記事!

“スワロフスキーを取り入れた自作ルアーを作る。題して「桃色カラコンZ+S」だ!” への10件のフィードバック

  1. サンデービルダーです。
    UVレジンもスワロフスキーも、工夫次第で色々な使い方ができそうですね。
    実釣でも釣れたらいいですね。
    先日のさいたま水上公園さんの釣行では、スワロフスキー目玉の自作ルアーは残念ながら釣れませんでした。

    • green より:

      釣れました!釣れましたがスワロ効果で釣れたのかどうかは定かではありません…
      もっと実践が必要ですね。
      でも水中でのアピール効果はかなりあると思います!ありがとうございました!

  2. 2年生 より:

    色々楽しそうですね。でも、スワロフスキー高いですね。ブルジョアですね。スパンコールだとダイソーにあるが代用だめなのか・・・?ちなみに8m巻で108円って、、多分すごい数ついてます。
    あと、アルミ板抜き取るのではなく、ストローつぶして2/3位の高さ埋めて、硬化後に出ている所を封筒開封みたいにカットすれば針ホールド効果も期待できるのでは??
    2/3位沈めるのがポイントですよ。っても想像です。うまくいかなければすみません。。

    • green より:

      溝を出来るだけ目立たせないことに努めました。ストローもレジンと一体化できるカラーに出来たらいいですね!
      スワロフスキーは貧乏でもダイヤの輝きを表現できる良い製品です。これ一粒で遠くからでも結構な光を放ちますね!全体にまぶしたらどうなるか…?

      • 2年生 より:

        UV2枚の間にバーガー状態で針はさんで、食ったらクスダマ割れるように針飛び出るとかできないですかね?
        リトリーブしたらパックマンが後進してるみたいに見えるかも(笑)
        しかし、写真のUV見てると飴食い競争思い出すのは私だけでしょうか・・・

        • green より:

          ぜひ開発をお願いしたいと思います!ネーミングは「エターナルパックマン」でしょうか。
          人でさえ口に入れてしまいそうな危険がある魔性のルアーですね!

  3. おっちゃん より:

    100均ネイル用の蓄光パウダーとかはいかがでしょうか?

    • green より:

      そ、そんな秘密の脱法パウダーが…!?
      桃色カラコンに煎じてみたいですね。
      蓄光っていうのは良いかもしれません!深いボトムでのアピールが弱いので…って、おっちゃんさん、作ってください!!

      • 蓄光、蛍光、ラメ、パウダー・・・
        100均のネイルコーナーはカラーリング材の宝庫です(笑)
        私のページに乗せてありますが蓄光はキャンドゥーがお勧めです(全部で3色だと思います)。
        豊富さはセリアかな。
        ただし、ネイルコーナーでガン見していると怪しいおじさんに見られますが(;^_^A

        • green より:

          やはり「危険なオヤジ」のリスクがあるんですね!ちょい悪オヤジでなく、「相当怪しいオヤジ」の称号を欲しいままにしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です