突如発生した下半身の痺れ…!突然の闘病生活が開始される!

前回の釣りミーティングが終了した次の日。

 

足の疲れか、両足が圧迫されている感じがありました。

 

あれだけ爆釣してしまいましたからね。完膚なきまでの爆釣です。仁義なきまでの爆釣とも言えますね。

発光路の森フィッシングエリアで釣りミーティング!総勢15名の熱き戦いが始まる…!

 

 

しかしこの足の疲れがなかなか取れない。風呂に入っても足を上げて寝ても取れません。

 

それどころか痺れを感じるようになってきました。

 

これはおかしい。整形外科へ行ってみることとしました。

 

 

 

レントゲンの結果から、腰の神経に骨が触れているような所見があるようです。

 

そこからの痺れということが濃厚。ヤシオアブラよりも濃厚とのことです。

 

要精密検査。MRI検査を行います。

 

 

整形外科の先生が言うには、なんと検査次第では手術が必要とのこと!このまま進行すると排尿障害などに発展してしまうかもしれないとのことなのです。

 

恐ろしや。ボルシチとピロシキの恐ロシアです。

 

 

何が恐ろしいって、全身麻酔が必要な手術だったら必ず尿カテーテルが必要。私が二度と体験したくない、尿カテーテル抜去の痛みが待っているということなのです。

 

手術なんてどうだっていい、私は尿カテーテル抜去だけは嫌なのです。あの痛みを体験しなければならないのなら猿ヶ京バンジージャンプなんて余裕でやります。いや、シンガポールの世界最高バンジーでもお願いすることでしょう。

 

 

 

検査結果が出るまで一週間程度かかりました。その間、痺れも強くなってきた気がします。

 

 

臀部から両下肢にかけての肌の感覚の異変。また、足の裏は痺れが強くあります。

 

しかし痛みはありません。それがせめてもの救い。なんとか一週間をやり過ごします。

 

 

そしてMRI検査の結果…、

 

 

 

「セーフ!」

 

 

手術回避です!リハビリと投薬での治療でOKなレベルとのこと!

 

やりましたね。人生二番目の安堵感です。ちなみに人生で一番の安堵感は若かりし日、遊びすぎたことを心配し、通信エイズ検査を行ったところセーフだった時の瞬間です。あれは激アツ。最も痺れる瞬間でしたね。

 

 

安堵しましたが、痺れが治らないのも困りもの。かなり強いという薬を処方されました。

 

これが効く。いや、効くというよりキクのです。

 

 

 

「覚〇剤ってこんなになっちゃうのかな…?」と思ってしまうほどのラリりよう。慣れないうちは車の運転なんてできません。薬物乱用状態。2秒で寝れます。

 

「こりゃ堤○さん事故るわ…」と納得の強さ。私は下さん擁護派に変わりました。

 

 

慣れてきたらこっちのもの。痺れはするが特に生活に支障はないレベル。従来通り貧乏なライフを送るだけです。

 

しかし新たな問題勃発…!ついに生活習慣王グリーンが健康に!?

 

 

いつも投票ありがとうございます!今回もよろしくお願いします! にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

 

関連記事です!

人間失格系カラコンルアー好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

“突如発生した下半身の痺れ…!突然の闘病生活が開始される!” への14件のフィードバック

  1. アバター HAL より:

    同じ症状持っています。
    2回手術しましたが、回復はしませんでしたー(T-T)
    現在も痛みと痺れと一緒に生活送ってます。
    処方された薬は効き目が無い(・_・;
    なので、月に2回は通院生活。
    尿カテ2回経験。
    激痛と恥ずかしさを覚えました(笑)

    • アバター green より:

      そうだったんですかー!
      手術を2回も。尿カテーテルも2回やりましたか!今は日帰りでできるヘルニア手術もあるそうですね!

  2. アバター ユッケ より:

    人知れずそのような大病と格闘しながら貧乏釣り部を主催していたとは・・・、恐れ入ります・・・!!!
    完治を願っております!!!

    • アバター green より:

      昔やった腰が永遠にまとわりついてきますね。だから私は釣り場に椅子を持っていくのです!

  3. アバター タカ より:

    グリーン様

    腰はキツいですよね。

    私も腰(脊椎分離すべり症)・肩(野球してないのにピッチャーと同じ壊れ方)・膝(長年の立ち仕事により)・首(10代の時の事故)・ふくらはぎから足首(長年の立ち仕事により)と壊れていない箇所の方が探すのが楽な位です。(釣りの時の服装の下はサポーターでガチガチな時も多々)

    私の場合、西洋医学では改善されず東洋医学の鍼治療により何とか動けてます。

    そして、バランスを取りながら歩いているからなのか釣りも良いリハビリになってるようです。

    痛みと上手く付き合っていますがお互い頑張りましょう!

    • アバター green より:

      釣りリハビリ…!良いですね!
      釣りリハビリ師も作りましょうかね。
      私も鍼灸をやったことがありますがあれは良いですね!

  4. アバター うーちゃん より:

    おはようございます。
    セーフで何よりです。40超えるとあちこちガタが出てくるので、ご自愛下さい。

    • アバター green より:

      そうですね。年をとったから影響が出てきたのかもしれませんね!今後が怖いです。

  5. アバター 三流釣り師 より:

    大丈夫ですか?
    しばらくは、小物ハンターでいきましょう。
    尿カテーテル
    あれは痛い
    しかも取るとき綺麗なナース
    暴れん棒にならなかっただけセーフ健康第一にいきましょう

    • アバター green より:

      私の時は看護師さんを見る余裕がありませんでした。恐怖のままにぶっこ抜かれましたよ。

  6. アバター ポテポテ より:

    グリーン様
    腰はこれから気をつけないと大変ですよー。
    無理しないのが一番です。
    でも手術にならなくて良かったですね!

    ・・・エイズ検査はヤバいですね…

    • アバター green より:

      エイズ検査は人生で一番アツい瞬間でしたね。一度やってみてください。大丈夫だと思っていても激アツのワキ汗脂汗ですよ。

  7. お久しぶり!
    今日久しぶりに釣りっこへ行ったので記事をアップしました^_^

    自分も鼻の手術した時に全身麻酔だったので尿のカテーテル経験しましたが抜く時大変ですよね。

    それ以上に鼻の穴に詰め込んだガーゼの抜き取りと詰め込みが暫く続きそちらの方が苦痛だったのを思い出しました(>_<)

    • アバター green より:

      麻酔マスクみたいなやつを抜くときも強烈に痛いですよね。まあ尿カテーテルのほうが10倍嫌なのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です