発光路の森フィッシングエリアで釣りミーティング!総勢15名の熱き戦いが始まる…!

今回の釣りミーティングは栃木県の「発光路の森フィッシングエリア」です。

 

総勢15名の熱き戦いをご覧ください。

 

 

 

栃木県鹿沼市にある発光路の森フィッシングエリアはロケーション最高の神秘的ポンドを擁するエキセントリックな釣り場です。

 

 

発光路の森フィッシングエリアの釣り場解説についてはこちら。※記事内容を更新しました。

発光路の森フィッシングエリア案内【ポンド・レギュレーション・細かすぎる情報】

 

 

しかし今回新しい情報を入手出来ましたので追加しておきます。

 

 

まず第一は、

 

「駐車場入口手前の橋をスピードつけて通過するとタイヤが打撃を受ける」

 

です。発光路の森あるあるですね。

 

入口手前の小さな橋には段差があるためスピードをつけたまま通過してはいけません。徐行しましょう。

 

 

 

そして第二の情報。

 

 

「ウォシュレット付きトイレ」

 

 

これは大スクープですね。

 

 

私が管釣りで最も気にするようになったのは「ウォシュレット」。これがあるとないとでは大違い。美女と野獣です。

 

 

発光路の森のトイレはウォシュレット付き。安心して腹痛になってください。

 

 

 

そして最も大きな情報は…?

 

 

 

 

それは後のお楽しみです。

 

 

発光路の森の厳しいレギュレーションに革命が起こりました。これは目からウロコです。

 

五時レンジャー釣り部のメンバーが命を賭して発光路の森のタブーに切り込みました。刮目してください。

 

 

 

 

もう釣りミーティングメンバーはだいたい顔見知り。これは楽ちんですね。

 

初めの頃のように、「この方はメンバーだろうか。声をかけたらいきなりグーで殴られたりしないだろうか。親にも殴られたことないのに。」と緊張して話しかけることが無くなりましたからね。

 

 

朝一から来ていたメンバー達と1日券を購入します。

 

 

まずみんなが向かうのは3号池。別名「ビッグファイトポンド」です。

 

 

 

発光路の森で大物を狙うならこの池。だって「レジェンド村田」のプロデュースした池ですから。

 

「3ポンド?いやいや、16ポンドでしょ?」と微笑むレジェンドの顔が目に浮かびます。408クラブ的イチかバチかポンドですね。

 

 

真っ先に1号池でヤマメを確保したいと思っていた卑しい気持ちを恥じます。そんな心意気では貧乏釣り部の連絡係は務まりません。私も3号池へ向かいます。

 

 

 

 

しかし3号池は1番人気の池。大物ハンター達が集まります。今、栃木県鹿沼市の大物ハンター達が一斉に3号池に集結しました。

 

 

「まずは2号池で釣るか。どうせ釣れないし…。」

 

弱気な私はまずはボウズ逃れという確実な手を選択します。

 

 

 

2号池は私の中では「1番釣れる池」。ボウズ逃れには最適な池です。

 

魚影は濃厚。とりあえずどんなルアーでも釣れる気がします。

 

とは言え発光路の森はレギュレーションの厳しい釣り場。2cm未満のルアー5gを超えるルアーは使用不可です。

 

ということでまずはスタッフさんおすすめの「カラシ」カラーのスプーンをチョイスします。

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

そして次は最終兵器セニョールトルネード赤を出します。

 

 

最終兵器だからって最初に出してもいいんですよ?一つしか無ければ最終兵器なんですから。

 

 

ということでセニョールトルネード赤を投げます。

 

 

しかし最終兵器たるゆえん!今回も爆発の兆しが!

 

 

第一関門「ボウズ逃れ」を突破しました。江戸城本丸まであと一歩です。

 

 

第二関門「昼ご飯を食べる」まで時間を潰しましょう。

 

 

 

この発光路の森の食事は秀逸。管釣りシュラン三つ星を獲得しました(覆面審査員グリーン)。

 

10:30までに予約をすることが必要です。私の今回のメニューは「ドライカレー」。山菜ピラフとカレーは制覇しましたから。

(冬は「夏野菜」ではありません)

 

 

早く食べたくて仕方がない。現在7:30です。6時におにぎりとタマゴパンとブリトーを食べました。

 

 

あと4時間。釣りをして時間を潰します。昼食待ちです。

 

 

しかし余裕のキャッチを続ける!発光路の森の2号池をゆうゆう攻略です。

 

 

 

恐るる事なかれ発光路!セニョールトルネード赤さえあれば恐るる事なかれ発光路!

 

 

 

さらにカラシ(っぽい)スプーンでもゲット!comp以外のスプーンで釣れた稀有な一匹です。

 

 

 

一方3号池はなかなか難しい。408チックな池ですから。

 

1日3号池縛りだったらボウズとなる者も多いでしょう。むしろ私もそうです。

 

 

しかし3号池沈黙を破ったのはバンビビンバ氏!40upのヤシオマスです!

 

最終関門「ヤシオマスを釣る」を早くも突破しました。コングラチュレーションです。エンディングですね。

 

 

3号池では連発ならずも2号池では皆さん調子が良さそうです。

 

 

さあ、次に大物を釣り上げるのは誰か!次回、3号池爆発!

発光路の森の3号池で大物連発!4月某日ヤシオ祭りが開催されました。

 

〈皆様のご投票でもっと上に登りたい!よろしくお願いします!〉 にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

関連記事です!

人間失格系カラコンルアー好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

“発光路の森フィッシングエリアで釣りミーティング!総勢15名の熱き戦いが始まる…!” への6件のフィードバック

  1. アバター タカ より:

    グリーン様

    遂に発光路編スタートですね!

    しかも画像で見るとカラシっぽいスプーンでブラウンが釣れているじゃないですか!

    徐々にスプーンマスターへ近づいていますね!

    • アバター green より:

      カラシで一匹釣ることができました。
      compは不発でしたが…
      発光路は最高でしたね。最後に〇〇〇が釣れるとは…!

  2. アバター ポテポテ より:

    グリーン様

    始まりましたね!
    ユッケさんバージョンは無事にヤシオマスゲットしていましたが・・・。

    グリーンさんはどうでしょうね…。

    こう、ご期待!
    って感じですね!

    ・・・でも、今回も大盛況だったんですね。
    次回は参加させて下さーい!

    • アバター green より:

      一度参加するとやめられないと噂の釣りミーティングですからね。
      ほんとはもっとメンバーを増やしたいのですが…
      次回は〇〇行きが決定しました!

  3. アバター HAL より:

    お疲れ様です〜。
    中々小難しい発光路を攻略するなんて、流石ですー。
    3号池ヤシオ率は高いけど、アブれる率も比例しているような気が個人的には有ります(・_・;
    ま、自分らが行ったのは夏でしたから。

    • アバター green より:

      そうでしょう。完全攻略してやりましたよ。私以外が…
      15人のうち誰かが釣れたら勝ちですからね。勝率激高ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です