我が家にセキセイインコ襲来!父親に無断でペットを増やす恐怖の家族!

スポンサーリンク

ある日、子供2人になにやら不穏な動きが。

 

 

 

「お父さんには内緒だよねー。」

 

 

「荷物が届いても絶対に開けないでねー。」

 

 

いつもの「父疎外」です。気にすることはありません。

 

 

 

しかし、しつこい。

 

 

「荷物は大きいからねー。」

 

 

「箱に入ってくるからね-。」

 

 

 

 

気にはしていなかったんですがあるときこんな物が家に届いていました。

 

 

「・・・・・」。

 

 

 

 

鳥かごです。修哲の鳥かごです。

 

 

 

もう取り置きしてあるからこの鳥かごを持ってペット屋に取りに行ってきてと言うのです。

 

 

 

セキセイインコを。

 

 

 

 

父親の決裁権限は?

 

 

熱帯魚が欲しいと言うので飼ったにもかかわらず子供達はすぐに飽きて世話をせずに全滅させてしまったことがあり(おそらく原因はダボハゼの投入)、それ以来ペットを飼うことは固く禁じていました。

熱帯魚入門!グッピー&ミッキーマウスプラティとは!

 

 

なのに私以外の3人で勝手に決めてきた。なんたる父親の存在感。

 

私は一切世話をしないという約束で仕方なく言いなりになることとしました。

 

 

 

なぜセキセイインコ…?動物は好きなのですが鳥は少々苦手です。

 

 

眼が謎めいているからです。 

 

 

どうせなら柴犬が良かった…。しかし柴犬なんて貧乏人には飼えません。貧乏人に買われた犬が可哀想です。

 

 

 

もう私が何を言っても無駄なので鳥かごを持ってペットショップへ。

 

 

セキセイインコは3980円。なかなか安いのですね。

 

 

 

予約されていたセキセイインコを鳥かごにインしてきました。

 

 

 

往路

 

 

 

 

 

復路

 

セキセイインコ降臨です。我が家のヒエラルキーをおびやかすセキセイインコが降臨したのです。

 

 

 

インコとはこんな色だったのか。もっと黄色っぽいかと思っていた。

 

私の昭和のインコ事情などもはや古き情報なのでしょう。今は水色がポピュラーなようですね。

 

圧倒的存在感で私を脅かすセキセイインコ。このインコを丁重に持ち帰らなければ大変なことが起こるというプレッシャーで胸が押し潰されそうです。

 

 

 

 

無事帰宅。家族は羨望の眼差しで鳥かごを眺めてきます。

 

 

もはや私など無視。この3980円を支払った私などセキセイインコに比べれば価値無し。インコ様のお付きの人以下です。

 

 

一緒に購入してきたエサが「5歳以上用」だったため家族全員から落胆されたぐらいです。知らん。鳥のエサに年齢があることなんて知るよしもありません。

 

 

しかしセキセイインコというのはとても人懐っこい生き物なのですね。物怖じせず人間の側に寄ってきます。

 

 

今となっては「鏡」まで購入する始末。鳥に鏡が必要なのか。私ですら不要な鏡が鳥に必要なのか。

 

しかしなかなか良いものですね。インコが我が家に襲来したことにより毎日が活気あるものとなりますね。鳴き声がとってもうるさいですから。

 

 

セキセイインコの寿命が「10年以上」と知り戦々恐々としている私をよそに、家族はとても楽しそうなのでした…

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 まあまあ面白かったという方、投票お願いします!

 

 

 

関連記事です!

人間失格系ルアー桃色カラコンZ好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

自作魚料理レシピカテゴリー人気記事!

“我が家にセキセイインコ襲来!父親に無断でペットを増やす恐怖の家族!” への12件のフィードバック

  1. HETALLICA より:

    あはは!ウチとまるっきし同じです。
    犬却下⇒猫もちろん却下⇒最後にインコです。greenさんと同じく「一切世話はしない!」と言う約束で。

    安心したのも束の間。「運動が必要」とか言って離すと頭の上、肩の上で脱糞&壁紙かじり…最悪です。
    何より最悪なのが、子供以上にカミさんが鳥にぞっこんラブになってしまい、脱糞やらなんやらの悪さを一切容認…
    greenさんに、こんな不幸がないことを祈ります

    • green より:

      正に今、勝手にカゴから放出されて飛び回っています。
      1人で飲んでる私の頭に乗られて風圧でスナック菓子の袋を吹き飛ばすのです!

  2. うーちゃん より:

    いつも楽しく拝見しております。
    義父が取り大好き人間でセキセイインコやオウム、シジュウカラ(どっかで捕獲してきました…)を飼っていますが、鳥は結構かわいいですよ。
    ただし… 慣れてもらえるまでは、耳たぶや鼻を囓ってきたり、肩に乗ってきてウ○コしたりと、大変でした。
    ご武運を祈ります。

    • green より:

      カゴから放出されて飛び回る毎日です。私が釣りから帰ると魚臭さに反応して飛びついてきますね。
      迷惑です…

  3. ユッケ より:

    インコは10年生きるんですね。
    ハムスターとは違ってなかなか長い友達になりそうですね。

    今はまだ新参者としての扱いですが、いずれ五時レンジャーマスコットとして活躍することを期待しています!

    • green より:

      Wカップ占い鳥として勝敗を予想させて外れたら焼き鳥にする企画を立てましょうか。
      もしくはニジマスを食べるインコとして養鱒協会寄りのポジションを取るかですね!

  4. ポテポテ より:

    インコ、結構長生きなんですよねー。
    昔、家にも居たので思い出しました。

    確かに昔のインコって黄色が多かったような気がしますね。

    うちの子達は特に動物飼いたいって言い出さないので今の所は安心です・・・。

    「今の所は」ですが・・・。

    あ、でも最近自分が魚飼いたいです。

    • green より:

      やはりインコは黄色世代ですか!
      早く自分が飼いたい魚を飼っておいたほうが良いのでは!?勝手にインコを飼われるより幸せだと思います!
      どさくさに紛れてカブトムシのつがいまで入荷されましたからね!

  5. みけ より:

    グリーンさんもついにインコ生活スタートですね!

    私も小学生の頃にインコを捕まえてきて黄色と青の2匹飼ってました

    案の定、親が世話することに…
    私の捕まえたインコは人間に慣れてなかったので頭などには、乗ってこなかったです。

    • green より:

      イ、インコってどこかで捕獲できるんですか!?
      っていうかその捕獲の方が楽しそうですね!ザルと米の罠でインコが入ってきた時の興奮ときたら…!

      • みけ より:

        グリーンさんの期待を裏切るようですが・・・

        親の仕事先についていき、近くの空き地(土と草しかない)にインコがいたので、追い掛け回して素手で捕獲しました( ・ε・;A)
        もう一匹も公園で遊んでいると自転車のカゴにインコがとまったので素手で捕獲しました!

        ちょうど雄と雌だったので一緒に飼っていると、水色した子供が一羽生まれて飼っていました♪

        あと農家の親戚はカラスの素手での捕まえ方等も教えてくれました!笑

        • green より:

          いや、すごいですね!2匹も捕獲するとは!まあそのインコもカラスからの脅威から逃れられてエサももらえて幸せだったと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です