スポンサードリンク

メリーサクラマスは達成されるのか!なら山沼の下池の隅を攻略!

基本ボウズ!ポンコツ実践記
スポンサーリンク

前回のあらすじ

一匹目からメリーヤシオマスを達成したグリーン。今度はメリーサクラマスを届けるためさらなる追加を図るが…!

メリークリス鱒を子ども食堂へ届けようチャレンジ!in栃木県なら山沼漁場

 

メリーサクラマスを釣ろう!

メリーサクラマスはカラコンではなかなか釣れません。

 

いや、朝霞ガーデンならカラコンにも喰ってくるサクラマス。しかしカラコンへの反応は最初の一匹のみとなりました。

 

 

それならばこれ。ロブルアーのバービーです。種類は分かりません。白井さんに街中であった時にでも聞いてください。

 

 

ミノーではないが魚ルアーだからサクラマスが釣れる可能性が無きにしもあらず作戦です。

 

 

クリアで魚の動きが見えるため、好反応というのが分かります。

 

岸から10mくらいから回収までに5匹のトラウトが接近してきました。

 

 

 

これはいける…!

 

 

 

ヒット!完全に「目合わせ」です。合わせの遅さを目視でカバーします。

 

 

 

こ、これは…!

 

 

惜しくもサクラマスではありません。

 

「銀色っぽさ」、「大きさ」、「魚ルアーに喰ってきたさ」は満たしていますが、「顔のサクラマスっぽさ」と「うろこの剥がれがちさ」がわずかに足りない。これはただのメリーナラヤマヌマスでしょう。

 

 

メリーナラヤマヌマス!

 

これは完全にメリーナラヤマヌマスです。もしも宮城アングラーズヴィレッジで釣れていたならメリーギンザケチャヅケノスの疑いもかかりますがここはなら山沼漁場。メリーナラヤマヌマスに違いありません。

 

 

バービーの勢いもここまでか。「メリーフルスペックヌス」「メリーパニクラヌス」も試してみますが釣れてくれません。

created by Rinker
ムカイ(Mukai)
¥1,098(2021/10/18 07:09:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

追う力があればセニョールはうってつけか。セニョールトルネード(メリークリスマスカラー)を投げます。

 

 

かなり追ってくるがワンバイトのみ。指でセニョールを巻くのが面倒くさいのですぐやめました。

 

 

そう一時間を費やすと、だんだん魚の活性が低くなってきました。

 

 

 

やばい…、やばいぞ…!メリーフワトロヌス!!

 

ふわとろのデッドスローで魚達に訴えかけます。

 

 

すると…、遠目でガツンときた!!

 

 

なんと、目視無しで完全にヒットしました!「完全ヒット」というわけの分からない用語を生み出すほどの完全ヒットです。100%根がかりではありません。

 

 

こ、これは…!

「うろこの剥がれがちさ」は申し分ない。しかし「サクラマスの顔っぽさ」がわずかに足りません。メリーナラヤマヌマスでしょう。

 

 

前半で4匹。本日のタイムリミットはタカ氏が2時頃に帰るので2時まで」です。タイムリミットでもなんでもありませんね。

 

 

タカ氏から恵んでもらったカップ麺をいただきます。勝浦タンタンメン(メリークリスマスカラー)です。

 

 

後半戦、焦るプアーサンタ!

タイムリミットは残り2時間。かなりやばい状況になってきました。せめてあと2匹は釣りたい。上池へ出稼ぎの旅に出ることにしました。

 

上池にはサクラマスを離していないとこのことですが、背に腹は変えられず。メリーサクラマスよりもまずはメリークリス鱒の達成です。もうメリーナラヤマヌマスでもウグイでもなんでも良いです。

 

 

 

上池ではカラコンの反応が良い!これは池による魚の性質の違いでしょうか。カラコンにもそこそこアタックしてきてくれます。

 

 

 

そして…、久々のヒット!

 

 

こ、これは…!

 

 

 

これもあと一歩。「ニジがあんまりないっぽさ」では群を抜いているメリーナラヤマヌマス。「もう少しでサクラマスで賞」を与えます。

 

 

 

ポイントを探しながら歩いていると、足元2メートルのところにたむろしている黒いトラウト達を発見します。

 

 

不良トラウト達のたまり場です。

 

 

 

「クリスマスなんて関係ねえ!おれは盗んだバイクで走り出すんだ!」

 

魚表情

 

 

これはいけない。彼らに盗んだバイクで走りだされてしまっては、盗まれたバイクで走りだされた人が浮かばれませんね。

 

 

 

そうはさせるか!カラコンフォーーール!!

 

 

必殺技「カラコンフォール」によりたまり場から引きずり出します。足元2メートルなので喰った瞬間にネットに入れました。

 

 

 

やった…!ボストラウトゲットです!

 

 

「顔のサクラマスっぽさ」はかなりいい線をいっているのですが、その他の部分では全くサクラマスの可能性を感じません。「これをサクラマスと言っても誰も信じないで賞」をささげましょう。

 

 

ここでタイムアップ!計6時間、いや、心が途中で折れたので計5時間半の熱い闘いが幕を閉じました。

 

 

タカ夫婦からの子ども食堂の寄付を含め計11匹。まとめて捌いていきます。

 

 

果たしてメリーヤシオマスは達成できたのか…。次回、子ども食堂編!

悲劇の開腹にもめげずに子ども食堂にメリークリス鱒を届ける!

にほんブログ村 釣りブログ 貧乏釣りへ
にほんブログ村 一緒に名言を叫ぼう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました