ツインリンクもてぎは車好きな子供の天国!【激安テーマパーク紹介】

なぜここでツインリンクもてぎが出てくるのか。

 

釣りと関係ないんじゃないか、と思う方。

 

 

 

関係ありません。

sketch-1452757825133

 

 

 

しかし、五時レンジャー貧乏釣り部のテーマ「激安」「ファミリー」には関係しているのでこちらに載せさせていただきました。

 

 

「ツインリンクもてぎ」とは、簡単に説明すると、栃木県茂木町にある、車やバイクなどが好きな子供には最強のテーマパークです。

 

 

 

 

以前から行きたい行きたいと思っており、最近初めて行ったのですが、やはり最強でした。

 

 

なぜ最強なのかというと、アトラクションの多くが車やバイクに関連したものであり、他のテーマパークにはありえない、あまりに「偏った」テーマパークだからです。

 

 

隣のレース場に隣接していることもあり、まさに車やバイク好きの子供の天国なのです。

IMG_20160719_144346

 

 

 

ただのテーマパークの紹介で終わってしまってはこのブログに載せる意味がないので、攻略要素を一つ。

 

 

 

まずは料金体系ですが、敷地入り口で駐車料金1000円と入場料を徴収されます。子供(小学生まで)は入場料無料です。

 

 

大人(中学生以上)の入場料は一人1000円ですが、一人につき500円分の施設利用券がついてきます。これを乗り物券に変えたり、食事などのショップで使うことができます。

 

 

 

そしてフリーパスは2800円です。ここで提案するのが、「小学生連れの大人はフリーパスを買うべからず」作戦です。

 

 

 

ツインリンクもてぎの乗り物(アトラクション)ははっきりいって「子供用」です。大人向けの乗り物はごく一部です。

 

(そうはいっても大人向けのカートや、子供と一緒に楽しめる「モトレーサー(ミニバイク)」がありますので個人の選択によりますが。)

IMG_20160719_121128

 

 

 

子供を連れていくには大人はなかなか好き勝手には楽しめないものです。実際、私が行った時はずっと付き添いでした。

 

要普通免許のカートがすごく面白そうだったのですが結局独りではあまり楽しめないでしょうからこの際パスしました。

(今回は父子で行きました)

 

結局子供の付き添いに終始する方は「フリーパスは買うべからず」となります。

 

 

 

そうすると、駐車料金1000円+入場料1000円(ここでは親1、小学生の子1で計算しています。)+子供のフリーパス2800円の計4800円を基本モデルにできます。これに交通費や食事代がかさみますが、どうでしょう、「朝霞ガーデン1日コース二人分(メンバー料金計8800円)」より安くあがります。(交通費を含めればこれを超えることもありますが)

IMG_20160626_185907

 

 

 

 

どうせ貧乏釣り部親子二人組ではボウズでしょうから割安感がありますね。

sketch-1468683733626

 

 

 

ツインリンクもてぎのフリーパスはほとんどのアトラクションに有効ですから、子供に好き放題乗らせてそれを見ているだけならかなり格安で済むのです。

 

 

各アトラクションには当然スタッフさんがいますから(山散策コース除く)、目を離しても良い頃合いのお子さんなら「ザ・放置」です。

IMG_20160719_131517

 

 

 

 

携帯でも持たせておいて隣のレース場で練習しているレーサーの様子を眺めたり、レース場の中にある「グランツーリスモカフェ」で無料のグランツーリスモ(座席仕様)でもやっていましょう。

 

 

 

ツインリンクもてぎの敷地は広く、車系以外にも山散策(無料)や「ジップラインつばさ(身長等の制限注意)」などの人気アトラクションもあるのでHPで確認してから行ってください。

 

 

 

IMG_20160719_142935

 

レッツ!激安テーマパーク!

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ
今日の記事まあまあ良かったぞ!という方投票お願いします!

 

関連記事です!

人間失格系カラコンルアー好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です