プレッソ2025Hインプレッションとレビュー【ダイワの管理釣り場への想い…】

ついにデビューを迎えました。プレッソ2025H

 

購入してから今日まで仕事も手に着かず、出勤してはボーッと一日を過ごし、退勤を迎える。いわゆる「窓際族」的な日々を過ごしてきました。

ダイワプレッソ2025H購入!管理釣り場に特化したリールの機能とは!?

 

 

そんな数々の犠牲を払って迎えることが出来た今日。エリア専用として生まれたこのプレッソ2025Hに今魂を吹き込んでやる!

 

 

 

今回はこのダイワのプレッソ2025Hのファーストインプレッションを「貧乏な初心者の観点から」お伝えしたいと思います。

 

 

 

スプールに巻いたのはバークレーのバニッシュウルトラ4lb。実は私のフロロカーボンデビューでもあったんですね。

何やらフロロカーボンラインはナイロンよりもトラブルのリスクがあるとのこと。ナイロンラインでさえグチャグチャになってしまう私にも使えるのでしょうか。

 

 

しかし大丈夫。私のプレッソには「クロスラップ」という機能があります。ライントラブルの防止に役立つ巻き取り構造とのことです。

かなり浅いスプールになっており、ラインは75mの一区切りで使えそうです。

 

 

 

 

さあ、今回は埼玉県川島町にある「フィッシングフィールド川越」での実戦です。「川島町なのに川越」でおなじみの人気管理釣り場ですね。覚えておきましょう。

フィッシングフィールド川越のレギュレーションと楽しむ為のルール【初心者向きの管理釣り場!】

 

 

 

今回同行するのはモーセK師。私の海釣りの師匠ではありますが、管理釣り場では私が師匠。このプレッソの力も借りて、師匠としての存在感を見せつけてやりましょう。

 

 

 

 

この自分史上最高峰のリールとラインに組み合わせるロッドは我らがエース、「トラウトマスター」です。

 

 

「鱒博士」の愛称で親しまれる(私だけ)このロッドはタックルベリーで1296円で入手した激安ロッドですが、非常に使いやすく重宝しています。ウルトラライトロッド購入!その名も「トラウトマスター(鱒博士)」!

しかも今回はプレッソを使うのですから鱒博士も張り切っているのでしょう。ロッドの継ぎ目からうす茶色の汁が出ています。

 

 

 

 

第一投、シンキングタイプのジャクソンダートマジックを投げます。ゆけ!プレッソ!

 

 

 

うん、思ったより飛ばない

 

 

 

それはそうです。いくら高級リールとは言え、通常のリールの倍ぐらい飛ぶわけがありません。おそらく1.15倍位は飛んでいるのでしょう。

 

 

しかし軽い!それほど小型でもないのに185gですから。トラウトマスターも軽量ですので、油断するとタックルごと飛ばしかねません。

 

 

 

リーリングはどうでしょう。

 

「じゅ、重厚感が!!」

 

 

本体が軽いのに巻き取りは「静かなる戦士」です。重そうであって重くない。ここが私のイチ押しポイントですね。

 

 

 

さて、このクロスラップ。斜めに巻き上げることによってライントラブルがしにくいようになっているとのことですが、さすがに巻きムラがありません。

 

しかし、糸が絡む。何故なのか?

 

 

 

ライントラブルと格闘すること約20分。中まで絡んだことで内部を拝見することになりました。

 

フロロカーボンの特性からなのかわかりませんが、ラインを5m×二回切断しました。

 

すると、そこからは絡まない。おそらくラインの量だったのでしょう。4lbラインを75m巻いていましたが、参考表記を見ると「2.5lb 100m」と。4lbなら65m位がちょうど良いのでしょうか。

 

 

 

同時に使っていた私のレギュラーリール「GUANGWEIのポセイドン(中古で108円)」とは雲泥の差、むしろ何の比較にもなりません。巻く度にギーコギーコ鳴っていますから。

 

 

「デジ巻き」というのもやってみました。これだけブレがないとmm単位でのリーリングが可能ですね。おそらく水の中では恐ろしく精密なアクションが行われているのでしょう。

 

 

とにかく「良い」というのはわかります。これが高級リールというやつなのですね。

 

 

 

 

 

結論、「良いものだが素人にはよくわからない」

 

 

 

とにかく良いのはわかりますが、素人なら一万円のリールを三個買った方が身のためでしょう。私の108円リールとの差異指数は「二万」ですが、一万円のリールとの差異指数は「15」ぐらいです。更なる上の釣りを求めたい人用の高級アイテムですね。

 

 

 

さあ、何が何だかわからないインプレッションとレビューでしたが、次回は底釣りの釣果編だ!さらに期待しないで良し!

 

 

 

このくだらないブログを読んでくれている慈善家のあなた!投票お願いします! にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ
にほんブログ村

 

 

関連記事です!

人間失格系カラコンルアー好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

“プレッソ2025Hインプレッションとレビュー【ダイワの管理釣り場への想い…】” への10件のフィードバック

  1. アバター ta より:

    フロロはナイロンに比べてちょっと飛ばないですよね…

    • アバター green より:

      そうなんですか!プレッソに過度な期待をかけすぎてしまいました。良い道具は使い手を選びますからね…

      • アバター ta より:

        フロロは飛距離落ちる上に、自分はサンラインのBMSのカラーのライン使ってて、同じ3lbでもちょっと太めなので目に見えて飛ばないす…バスロッドで重めのルアーとか空気抵抗少ない縦釣り系のルアー投げる用にしてるので、ちびとろとか軽いスプーンとかもう一本のナイロンの方のタックルで分けて使ってます!

        • アバター green より:

          ラインを使い分けるなんてアナタ、「金持ち釣り師」じゃないですか!
          私も高級リールを買う前に種類を揃えとけって話ですよね。
          とりあえずフロロは「高級感を味わった」だけでした・・・

          • アバター ta より:

            ナイロンはタックルベリーで激安324円で売ってたAPPLOUDのラインすよ…wwww

          • アバター green より:

            taさん、かなりの節約テクと技術をお持ちだと思います。
            勝手に貧乏釣り部入会を認めます・・・。
            今後は釣れる自作ルアーを作ってルアー購入代を節約するしかない私にご協力お願いします!

  2. アバター rid より:

    このブログを見ていつも勇気をもらってます!
    プレッソ‥
    自分には夢のまた夢のリールですね
    自分もマスレンジャーに2000番のリールをつけていろんな管釣りに行ってます

    • アバター green より:

      いつもありがとうございます!
      プレッソなんて贅沢リールでなくても大丈夫です。中古50円リールだってしっかり釣果を出していますからね!
      鱒レンジャーのペナペナ感が逆に好きだ、くらいの精神があれば勝ったも同然です!

      • アバター rid より:

        マスレンジャーでアブガルシアMGXのセットでも
        ドナルドソン君はあのペナペナのおかげで釣れるのであれが好きです!

        自分もいつか管釣り専用リールを使ってみたいので節約してためていこうと思います。

        • アバター green より:

          ドナルドソン!いいですねー。
          私はプレッソを持ってしても50cmすら釣れませんからね…
          やはり釣りは道具ではない!腕だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です