広大なる魏国に潜んでいた海の神とは!?

スポンサードリンク

前回の続き

 

中国の釣り具メーカー「GUANGWEI」

 

広大なる魏国といった意味合いのメーカーの壮大なるスケールはさらにとてつもないステージへと私をいざないます。

前回から読む 前回から読む

 

 

 

 

「おい…、嘘だろ…?」

 

 

 

 

 

mig

「荀彧」と名付けたばかりのguangweiリールにひっそりと表記されていたのはこれです。

 

 

 

 

 

 

 

dsc_0045

 

 

「POSEIDON」

 

 

 

 

 

なぜ全ての海洋と大地を支配していると言われている海の神がこんなところに!?

poseidon-1426660__180

 

 

中華統一レベルの話ではありません。

 

全世界規模の神がそこにはいたのです。

 

 

 

混乱した私の脳裏には「パチスロ ミリオンゴッド」のポセイドンステージのBGMが流れ始めました。

yjimage

 

 

 

 

ポセイドンはギリシャ神話の中では、全知全能の神「ゼウス」の兄とされ、実力はNo.2の位置づけだといいます。

greek-god-1165599__180

 

 

 

 

なぜそんな偉大なる神がタックルベリーの激安ワゴンに並べられていたのか。

_____

 

 

 

それならまだしも、そのリールに20年前の使えなくなったラインを下糸にしてさらにサンラインの激安徳用ラインを75m巻くといった無礼を働いた私に対して海の神はお怒りでないでしょうか?

 

 

それはまずい・・・

 

 

 

かといってすぐに高価な、100m2000円ぐらいのフロロカーボンを巻ける財政はないので、とりあえず糸を丁寧に巻き直しました

 

 

 

 

これで海の神の怒りが収まれば良いのですが・・・。

gdansk-331109__180

 

 

 

名付けたguangweiもguangweiです。なぜ中華統一にとどまらず神の領域まで足を踏み入れたのか。

 

まずは「曹操」「劉備」「孫権」あたりの三国志シリーズを出して様子を見るべきだったのです。

 

 

 

おそらく「曹操」は大型4000番、「劉備」は小型の1000番、「孫権」は間の2000番くらいでしょう。

puffer-2

 

 

そこから徐々に「チンギスハーン」「毛沢東」「パンダ」と広がりをみせていけば良かったのです。

 

それをいきなり海と大地の神ポセイドンとは飛躍しすぎです。それを手にしたこちらの身にもなって欲しいです。

 

 

 

 

 

どうでもいいことだろうとお思いの方もいるでしょうが、自分にとっては大変なことなのです。

 

 

ご存知のとおり、「五時レンジャー貧乏釣り部ヒエラルキー」の中では釣り具の格は値段でも性能でもなく「ネーミング」

mig-1

 

 

 

それゆえに「トラウトキング(鱒王)」「トラウトマスター(鱒博士)」が上位に君臨しているのです。

IMG_20160716_071316

 

 

 

アブガルシアの「ホーネット」なんて「スズメバチ」といった名称ゆえに、バスフィッシングにとどまらず、防波堤での小物釣りに使われている冷遇ぶり。

 

 

 

そのヒエラルキーの中でいきなりポセイドンに飛び込まれたら今までの覇権争いが一気に終わってしまいます。

 

全世界の神レベルに勝てるわけはありませんから。

 

 

 

 

とりあえずポセイドンの怒りを買わないよう、第一線で活躍していただきます。

 

 

ボウズで終わってしまったらポンドの水が一瞬にして水龍へと姿を変え、私に襲いかかるでしょう・・・

puffer-11

 

 

今日の記事がほんの少し面白かったという方!投票お願いします! にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村

 


関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

魚料理カテゴリー人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です