フォトダービー開催!【第1回貧乏釣り部コンテスト】で賞品をゲットしよう!

スポンサーリンク

釣り界ではフォトダービーなるものが流行っていますね。

 

釣った魚を写真に撮って優勝を決める。ネット社会が生み出した主催者にも参加者にも楽ちんな大会です。

 

 

そんなに簡単に行えるならやってみよう!ということで一念発起で開催してみることにしました。

 

 

 

1年前「パチスロフォトコンテスト」で参加者が全然足りないという事態が発生しましたが、このブログを読まれている方なら参加してくれますよね?

 

 

 

そうは言っても「優勝できるような大物なんて釣ったことないし…」という方もいるでしょう。私ももちろんそうです。

 

 

 

しかし!このフォトダービーは全く「審査基準」が違う!誰でも優勝のチャンスがあります。

 

 

 

審査基準は「いかにお金をかけずに釣った魚か」ということ。もちろんゼロ円に越したことはありません。

 

 

しかし管理釣り場で釣った魚や、高級タックルで釣った魚はいささか不利となってしまうでしょう。

 

そのため、審査基準は「貧乏さが光るもの」。インパクトがあればそちらを優先します。

 

 

 

例えばこの写真。何の変哲も無い管理釣り場で釣ったニジマスです。

これでも、「シルスターのクローズドフェイスリールで釣りました。晩御飯にするために絶対に逃がせないので8lbを使っています。」

だったり、

 

「この魚は隣の知らない人に恵んでもらいました。リリーサーを手に持った瞬間に声をかけるのはさすがに気まずかったですね。」

 

だったりすれば上位入賞のチャンスありです。

 

 

 

ましてや、「残念ながら6時間でこれ一匹でした。家族4人で骨までから揚げにして食べましたよ。内臓はさすがに花壇の栄養として埋めました。」だったりすれば「一杯のかけそば」ならぬ「一匹のニジマス」ということで審査員に感動を与えることは必至です。

 

 

なお、審査員はグリーン一人が務めます。コメントが事実かどうかは貧乏釣りを極めた私の目にはすぐに分かりますから嘘のないようお願いします。

 

 

 

「明日食べるものもなく、その貧しさのさなかに釣ったニジマスです。」だったとしたら釣り道具をタックルベリーで全部売れば少なくとも明日食べることは出来るわけですからね。ダウトです。

 

 

 

気になる賞品ですが、第1回ということで景気良くいきましょう。

 

 

勇気を振り絞って「アマゾンギフト券1000円分」です!応募していただいたメールアドレスに送付させていただきます。

 

子供の歯科矯正代という強大な負債を背負ったためにルアーを手作りしている私にとっては自殺行為ですね。

 

それほどこのフォトダービーにかけているという訳です。目頭が熱くなりますね

 

 

 

参加方法は下記のメールアドレスにニックネームと画像とコメントを送るだけ!もちろんメールアドレスは公開されないぞ!

gojirenjyared@gmail.com

 

 

応募期間は今日から2月末日まで。奮ってご参加ください。

 

応募作品の公開は締め切り後、厳正なる審査の上行いますのでお楽しみに。

 

 

 

 

…応募があればな。

 

 

 

このくだらないブログを読んでくれている慈善家のあなた!投票お願いします! にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ
にほんブログ村

 

関連記事です!

人間失格系ルアー桃色カラコンZ好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です