スポンサードリンク

川のモンスター強襲…!ナマズ狙いの釣り竿に襲いかかるのは何者!

基本ボウズ!ポンコツ実践記
スポンサーリンク

前回のあらすじ

スモールマウスバスにヘラブナ。川のオールスターが釣り場を盛り上げます。

禁断のナマズ釣り再び…!蒲焼きの材料としてチャネルキャットフィッシュを狙う!

 

さらにタカ氏はミノーで大物を狙います。

 

 

 

すると…、

 

 

タカ氏に強烈なヒット!

 

 

 

これは見た感じにもかなりの大物がかかったか!グイグイ引いているのが分かります。

 

そしてドラグが出っ放し…!出っ放しからの…、

 

 

 

 

出っ放し!!

 

 

リールを巻くタイミングがありません。永遠に出続けるライン!

 

 

 

そして何とか反撃を…、

 

 

 

出来ずに出っ放し!!

 

 

 

ああーーーっと!ラインが切れてしまった!

 

何と、100mのPEラインが全て出し尽くされて切れてしまいました!

 

 

これは恐らくハクレンの仕業か。ルアーと新品のPEラインを全て奪っていく。もはや魚によるカツアゲです。3000円相当のカツアゲをくらいました。

 

 

 

今度はフロワ氏に待望のヒット!

 

 

フロワ氏はラインを出されまいとドラグを締める!そして切れる!

 

 

しかしフロワ氏は完全勝利の顔。PEカツアゲの被害を回避したとなればむしろ勝利と言えるでしょう。

 

 

「ハクレンは怖い」。そのイメージを強く植え付けられた私は絶対にハクレンゾーンには仕掛けを入れないようにします。地道にナマズを狙うのです。

 

 

 

しかし私には完璧なヒットは無い。竿先が震えることは多々あっても、ガッツリ咥え込むまでには至りません。

 

ここでタカ氏の奥さんにヒット!またもグイグイ巻いてこれるサイズ。これはまたしても…、

 

ヘラブナ!渡良瀬川の銀幕スター、ヘラブナの登場です。

 

 

当たってますね。「2枚目」のヘラブナです。なぜ「枚」で数えるのかは知りませんが、歴史ある釣りのことですからきっと深い意味があるのでしょう。

 

 

 

私はコンクリートの駆け上がりを下ってヘラブナのランディングに取り掛かります。

 

 

 

ああーーーっ!!

 

 

しまったぁーっ!足を滑らせて池の中に吸い込まれていきます!

 

 

「ちいっ!河童の仕業か!このままオレを飲み込むつもりかぁーっ!」

 

 

恐らく「渡良瀬川の鬼河童」の所業でしょう。私を引きずり込み、青魚への生贄にしようとします。

 

 

「やらせはせん!やらせはせんぞぉーっ!」

 

 

しかし貧乏界の悪の化身、ド貧・ザビも黙ってはいません。ランディングネットを持っていない左手でコンクリートブロックにしがみつきます。

 

 

 

ストップ!ストォーーーップ!!

 

 

食い止めました!渡良瀬川の鬼河童の引きずり込みを阻止したのです!

 

これ以上渡良瀬川の鬼河童の好きにはさせません。馬をも引きずり込む河童のいたずらを完全に阻止しました。

 

 

完全勝利。鬼河童に勝利した歴戦の勇者の装備品「プアースタイルTシャツ」は完全に臭くなったので破棄しました。

 

 

激生着替えにより再出発です。

 

 

 

そしてフロワ氏には立て続けにハクレンの強襲が!

 

 

 

切れました。またもフロワ氏の完全勝利。PEラインカツアゲを回避します。

 

しかしこのままPEカツアゲを回避していてもルアーは失っていくため、フロワ氏はタックルを強固な物にチェンジします。ナイロン6号のがっぷり四つハクレン仕掛けへ変更しました。

 

 

荒れています。渡良瀬川はにわかにビッグチャンスの気配を醸し出しました。私が鬼河童に勝利したのが原因でしょう。

 

 

 

ここで釣るのが鬼の貧釣り師!

 

 

私は震えた竿先にいち早く気付き、ロッドを手に持ちます。

 

 

そして魚が餌を飲み込んだ瞬間を見逃さず…、

 

 

 

 

 

乗せました!身体を「逆C」にして渡良瀬川の巨獣を完全にフッキングさせました!

 

 

これは重い…!重くてのっぺりしている…!

 

 

 

もらったぁーっ!渡良瀬川を完全に制したぞぉーーーっ!

 

 

出ました!

 

いぶし銀に輝く尺ヘラブナです。渡良瀬川のヌシ、いぶし銀尺ヘラブナをついに仕留めました。

 

 

今回も完全勝利。渡良瀬川の鬼河童の引きずり込みを阻止し、さらに尺ヘラブナを上げる。ナマズを狙っていたかどうかなんてもはや関係ないのです。

 

その後はタカ氏の奥さんがさらにヘラブナを追加。

 

そしてフロワ氏はその後もハクレンとの激闘を繰り広げていましたが釣り上げることは出来ませんでした。

 

 

 

ここでタイムアップ。激闘のヘラブナ釣り一本勝負は釣り部のコールド勝ちで幕を閉じました。

 

しかし寄せ太郎をぶち込みすぎて多量のヘラブナとハクレン、さらには渡良瀬川の鬼河童を呼び込むとは。計算しつくされた戦法でナマズは完全に姿を消しました。

 

 

ナマズでもバスでもハクレンでもヘラブナでも釣れる。何が釣れるか分からないスリルフィッシングがここにはありました。

 

さあ、次回こそアメリカナマズを釣り上げて蒲焼きにしたい。もうバスでも持って帰らんとする心理状況になってきたぞ…!

 

にほんブログ村 釣りブログ 貧乏釣りへ
にほんブログ村 新ジャンル「貧乏釣り」をよろしくお願いします!

コメント

  1. アバタータカ より:

    グリーン様

    ハクレンのカツアゲ連発は本当に恐怖でした!

    まさか魚を2匹しか釣ってない新品PEが消えていくとは…。

    そしてグリーンさんが鬼河童に引きずり込まれなくて安心しました(笑)

    小アタリからの完璧なタイミングでの合わせは、キング村田も真っ青になるレベルでしたね!

    動画撮っておけば良かった~!

    • アバターgreen より:

      鬼河童も相手が悪かったですね。まさかここまで貧乏だとは思っていなかったでしょう。
      私の合わせを全国のヘラ師の方に見せたかったですがブーイングがくるのでやめましょう…。

  2. アバターHAL より:

    何やら、行けなかった時に凄い事態に陥っていたのですね:(;゙゚’ω゚’):
    ハクレンは…
    流心に向かわれて、下流に行かれたらアウトです。
    胸ビレ付近から前方に掛かっていればランディングに持ち込めます。
    色々な代償が付きますが…

    次からは河童に注意ですな⚠️

    • アバターgreen より:

      ハクレンは「戦わない」を選択するのが一番ですね。しかし今度は巨大竿を持ち込んで鬼河童が来ても大丈夫なようにします!

  3. アバターりくパパ より:

    お疲れ様です。
    ハクレン…
    最初は一気に走りますが、意外にスタミナが無いので2分も耐えれば勝てます。
    私もルアーロスト回避の為、何本か上げてますが16lbのフロロですね。
    そして…ハクレン、めっちゃ臭いですよ。
    ヌメリが服とかに付くと後悔しますw

    • アバターgreen より:

      ハクレン…。スタミナが無いならなんとか戦えるかもしれません。しかし臭いのであればやはり逃げるが勝ちなのですね…!