エッグじゃないイクラルアー?UVレジンで厳しいレギュレーションをかわす最強縦釣りルアーを開発!

スポンサーリンク

UVレジンで自作ルアーを作り始めて早2週間。だんだんUVレジンの特徴が分かってきました。

 

 

紫外線に当てると硬化を始めるこのUVレジン。逆に言えば紫外線に当てなければ絶対硬化しません。

 

家の明かりくらいでは全然硬化しないため、慌てず作業をすれば良いのです。

 

 

 

そして直射日光に当てると急速に硬化する。

 

従って、硬化させるときだけ外に出られます。外での作業は厳禁です。レジンのキャップが瞬時に閉まらなくなりますから。

 

 

 

 

そんなニクい素材、UVレジンですが、新たなルアー開発のヒントになりました。

 

前に紹介した「コンタクトレンズくん」を作った時に思いました。

 

 

 

 

「何だかこれ、イクラみたいだな…。」

偶然できる気泡も相まって、何だかイクラっぽい印象を受けたのです。

 

 

 

イクラ。トラウトの大好物。はっきり言って自分の卵です。

 

しかしニジマスのエサ釣りに使えば絶大な釣果が期待できます。

 

 

 

 

私は思いました。

 

ニジマスの管理釣り場に存在するニジマスの食べ物と言えば、「ペレット」ですよね。

 

茶色や緑の、言ってみれば「金魚のエサのデカい版」です。

 

 

 

 

管理釣り場のトラウトには、このペレットのカラーやペレットの形をしたルアーが絶大な効果があることは立証されています。

 

 

これには異論がないとして、その他のエサはないか。

 

 

 

タニシや虫なども食べる習性があることはわかっていますが、自分の卵とも言える「イクラ」も食べているはずなのです。

 

 

 

釣った魚を捌いてみると、卵を持っているトラウトがよくいますよね。ごく自然な話です。

 

 

管理釣り場のポンドの中には卵が産み付けられていても全然不自然ではないのです。

 

 

それをトラウトが食べてしまうことだって当然の話。それなら「イクラ」ルアーなんて効果的なんじゃないか?

 

 

 

 

イクラを模したトラウトルアーはすでに存在しています。

 

 

 

しかしこれだけはクリア出来ていない。

 

 

 

「エッグルアー禁止」

 

 

もちろんイクラルアーなのだからエッグルアー禁止と言われれば為す術がありません。

 

 

 

しかし思ったのです。

 

 

「このコンタクトレンズくんならそのレギュレーションをかいくぐれる!」

 

 

 

形は明らかに「エッグ」ではありませんよね。半球ですから。

どちらかと言えば「カップ型ルアー」。バベルZやEXA系です。ボトムでのポジションやフックの向きを意識した縦釣りルアーの定番シリーズです。

 

 

この「コンタクトレンズくん」をよりカップ型ルアーに近付けてみよう。これが今回の開発です。

 

 

 

 

作り方は「コンタクトレンズくん」とほぼ同じなのですが、今回はさらに「型」を使います。

 

 

シリコンの型にさらに型を組み合わせる方式。鋳物業界騒然です。

 

 

以前、「HAIR」というアルミ縦釣りルアーを作った時のアルミ板を使って型を作ります。

これは何の型かと言うと、「ボディの内側に形を作る型」です。

 

 

 

縦釣りルアー(ボトム系小型ルアー)はフックの位置が重要です。ボトムに落ちたとき、フックが上を向いていることがフッキング率を上昇させます。

 

そのため、ボトムでのボディとフックの位置を意識した形作りにしたいのです。

 

 

 

この型を使い、UVレジンを固めます。

フックが上向きになるように平らな面にを作りつつ、スナップ接続部の角度も非常に重要なため、そのしっかりした位置も確保できる「型」です。

 

 

そしてこのアルミ板を剥がせば形は完成です。

 

 

 

 

そしてこれに好きなカラーリングをする。とりあえず油性マジックペンで良いでしょう。

 

 

 

 

どうですか?

色とりどりにラインナップされた、「カラコンくん」の誕生です。

 

 

イクラカラーやペレットカラーも思い通りです。わざと気泡を作ることによりアピール力を付けることが出来ます。

 

 

 

 

しかもこのルアーのレギュレーション回避性の高い部分は、「全長1.2センチ」!

 

 

イワナセンターのような「1センチ未満のルアー禁止」の場所でも使えます。

※イワナセンターはzero~3号池「1.5センチ未満のルアー禁止」となったようです…

 

 

ボディは固いのでソフトルアーにもあたりません。すごいでしょう。

 

 

 

 

 

 

釣れればですが。

 

 

 

さあ、この新作ルアーの釣果はいかに!次回、刮目せよ!

FF川越再開!難敵は水位の低さと水草!朝霞ガーデンよりも難しい!?

 

 

 

今日の記事がほんの少し面白かったという方!投票お願いします! にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村

 

 


関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

自作釣りアイテムカテゴリー人気記事!

“エッグじゃないイクラルアー?UVレジンで厳しいレギュレーションをかわす最強縦釣りルアーを開発!” への4件のフィードバック

  1. tomo より:

    これは釣れる(確信)

    • green より:

      そうでしょうそうでしょう。
      これで釣れなかったら私がおかしいんじゃなくて魚のほうがおかしいです。
      しかし思ったようにいかないのが人生なんですよね・・・

  2. たてよこななめ より:

    はじめてコメントさせて頂きます。
    いつも仕事中に笑いながら楽しみに読ませてもらっております。

    さてイワナセンターさんですが・・・
    「1.5センチ未満のルアー禁止」
    に更に変更になりました。
    同じオーナーさんである、おくとねFPも同じです・・・

    今後とも面白い記事楽しみにしております☆

    • green より:

      いつもありがとうございます!
      な、なんですとーーー!そんなショッキングな出来事が!
      教えていただいてありがとうございました。気付くのが1ヶ月あとになるところでした。後で直しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です