ダイソービクなら一枚50円!?手軽に使えるネットは釣り人支援アイテム!

スポンサーリンク

また発見しました。なぜダイソーはいつもそうなんでしょう。

 

 

 

なぜ釣具を別コーナーに隠すのでしょう。

 

 

釣具なんだから釣具コーナーに設置すれば良いわけです。それをあえて別の売り場に設置する。嫌がらせでしょうか?

 

 

 

 

今回ご紹介したい釣りアイテムは「園芸コーナー」に置いてありました。

 

 

園芸ですよ?あまりにも釣りとかけ離れたコーナーです。

 

まあ今までもフックリリーサーをバーベキューコーナーに置いてみたり、ストリンガーを洗濯コーナーに置いてみたり。我々を撹乱し続けていました。

フックリリーサーがダイソーで3本100円で売られていた件【屈辱とお詫び】

 

 

 

ストリンガーをダイソーで!100円のアイテムを組み合わせて大物狙いの必需品を自作する!

 

 

しかし私の発見レベルも高まっていますからこうやって別コーナーにある釣具も発見できるわけです。

 

 

 

こちらです。

 

ビクです。どう見てもビクでしかありません。

 

回収ネット袋なんて書いてありますが「魚」の回収ネット袋、すなわちビクです。

 

 

 

これはかなりの便利アイテム。サイズも丁度良いです。

 

 

埼玉県にある管理釣り場「朝霞ガーデン」では、受付で同様のサイズのネットを50円で販売しています。このネットが手軽で使いやすい。

 

1枚当たり50円という安さですから使い捨てにする方も多いでしょう。無論私は何度も繰り返し使っていますが。単なるネット袋なのでいつ捨ててもそれほど痛くはないのです。

 

 

このダイソーのビクは二つで100円。同様に1枚当たり50円ですね。

 

 

大きさは朝霞ガーデンのビクと同様ですが朝霞ガーデンのビクよりネットも結びヒモも丈夫です。

 

 

 

広げてみるとほら、いいでしょう?

 

現地売りで買うよりはあらかじめ購入しておいたほうが安く上がるはずです。300円とか取られるのは馬鹿らしいですからね。

 

 

 

結び口もしっかり締まります。

 

結び目が緩んでいて気付いたら魚がいなくなっていたという「うっかリリース」の危険性も抑えられています。

 

 

 

ちなみにこのビク、もっと大きいサイズなら一枚100円です。大物サイズ用も販売されていました。自分の目的に合わせて用意しておけるわけですね。

 

 

今紹介しているサイズでは大魚や大量の魚は入りませんが、このサイズのビクはトラウト管理釣り場でヤマメやイワナなどの貴重な魚が釣れた時に使うのなんかには最適ですね。魚を入れるまではポケットに入れておけば良いのですから。

 

わざわざビクやスカリを準備してから釣りを始めるスタイルよりかはずいぶん手軽ですね。

 

 

 

さあ、今回もダイソーの釣り具隠しを見破ったぞ!新たな釣り具隠しを発見したらご一報を!!

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 貧乏釣りへ
にほんブログ村 新ジャンル「貧乏釣り」をよろしくお願いします!

 

関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

スポンサーリンク

お役立ち記事カテゴリー人気記事!

“ダイソービクなら一枚50円!?手軽に使えるネットは釣り人支援アイテム!” への12件のフィードバック

  1. rid より:

    新しい発見ですね!
    これならかさ張らずにガンガンポイントを移動して大物出るまでバックの中にでも入れておけば問題ありませんね。

    そして、私事ですが、買ってしまいました‥‥
    プレッソのロット立てを。
    使いやすくて良かったです。

    • green より:

      このタイプのビクの最大の利点はそこですね!持ち帰らないつもりの中釣った高級魚。リリーサー気取りの人間が漁師になる瞬間です。そこで非常用ダイソービクを取り出せば臨機応変に立ち回ることができますね!
      プレッソロッドスタンド買いましたね。これで「管釣り風」を醸し出すことができますね!

  2. りくパパ より:

    これ使ってます。
    バスを釣りに行って鯰が釣れたらこれに入れて木などにくくっておくと、鯰食おじさんが持っていきますw鯰が、缶コーヒーに替わるというお得な錬金術です。

    • green より:

      鯰好きのいたずら妖精のことですね。それとの交換にこのビクが使われているとは驚きです。神事にも最適というわけですね。
      鯰も入るし缶コーヒーも入る。一緒に入れたくない組み合わせ№1ではないですか!

  3. ポテポテ より:

    スミマセン!自分も最初はこれを使っていたのですが、大きいのが入らないのでブルジョアなフロートスカリに買い替えてしまいました・・・。

    貧乏なのにスカリに4000円も払ってしまいましたよ・・・。

    でも高いだけあって最高に使いやすいです。
    うっかリリースもなくなりました。

    • green より:

      フローティング、人命にかかわらずトラウトの命を助けるために4000円を費やしましたか…
      動物愛護団体から表彰状がきても知りませんよ。
      ダイソーのビク大は正に大物専用ですね。60upにも対応できます。
      うっかリリースのスリルを味わうのもなかなかいいと思いますよ!

  4. ケン より:

    ダイソー釣り具隠しネタあります!キティちゃんの巾着袋というか小物入れなんですが、ウレタン素材でまさにリール入れるのにちょうど良い大きさです。私の行きつけのダイソーでは電子辞書入れ、いやワレットの近くに陳列されておりました。

    セリアも負けてはいません、グリーンさんが紹介されていたスプールに巻くゴムヘアバンドですが15個入りで売っておりました色が3色×5個、黒、茶、紺の組み合わせとピンク、紫、水色の組み合わせがあります。私は両方買ってしまいました!サイズがあるらしく私が買ったのはLでしたが、ダイワ、シマノの2000番台にはぴったりかと思います。入れ物がまた秀逸でビニール素材のミニポーチ的なものですので、クランク入れや浮き入れなど流用可能です!ぜひぜひネタにしていただければと思います!

    • green より:

      セリアにそんないい物がありましたか!それは調査せねばいけませんね。
      ダイソーに刃向かってくるその精神。さすがセリアです。釣具にもっとフィーチャーしてくれば地位を向上できるだろうに…

  5. サンデービルダーです。
    これはお手軽でいいですね。
    自分が現在使っているビクも、実はダイソーさんにて、10年ほど前に購入したもの。(*これも便利でいいのですが、現在は廃盤のようです。)
    確か洗濯ネットとして売られていたもので、60cm級サイズでも入っちゃう大き目の袋状ものです。
    グリーンさんのご希望があれば、ブログにて詳しく御紹介しますよ。
    ぜひその記事を読みたいという方もそういないとは思いますが・・・。

    • green より:

      このビク紹介の記事の反響もなかなかありましたからニーズは多いと思いますよ!トラウト管釣りでは特に!
      やはり手軽な袋タイプのビクがいいですよね。すぐ捨てられるような安さで。ぜひご紹介ください!

  6. すずきゅう より:

    ダイソーのアイストレー 14個取(冷凍庫で氷を作るやつ)をクランク入れに使っています。
    蓋も付いていて積み重ねもできるし、なにより個室になっているのでクランク同士のフック絡みもなく取り出しやすいです。
    蓋を留めるのは、こちらもダイソーのゴムバンド(3本100円)を使っています。
    まぁ、少しかさばるのが難点ですが、コスパ的には良いですよ。

    • green より:

      製氷ケースをクランク入れにするとは斬新な発想ですね。またもダイソーに釣具が隠れていましたか!
      私もダイソーの製氷ケースを持っていますが製氷ケースとしてしか使っていないことに反省です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です