スポンサードリンク

マグロのアラは激安!ネギマ鍋は簡単手順でたっぷり栄養が取れる!

自作料理レシピ!
スポンサーリンク

禁断の料理「マグロのネギマ鍋」とは!

とある日、ちゃんパパ氏のYouTubeを見ました。

 

 

 

マグロのアラでネギマ鍋だとぉーっ!!

 

 

この「ネギマ」についてはよくわかってはいません。葱間なのか葱マグロなのか。そんなことはどうだっていいのです。

 

 

マグロのアラというのは安く売っているそうですね。しかも私が調べたところ、アラを売っている=その場でマグロを卸しているため良い売り場なのだとか。

 

ということは一挙両得。安く良い店で買ったものであれば全て納得がいきます。

 

 

しかも、ちゃんパパ氏の動画を見てると何だか楽しそうではありませんか。「夜中に一人ネギマ鍋を作る」なんて貧乏釣り師の秘密のミッションのようではありませんか。

 

 

 

ということでマグロのアラを探しにいきます。しかしマグロのアラなんて売り場で見たことがありません。普通にひょっこり魚屋に行って買える代物なのか…。

 

 

 

 

あった、あったぞぉーーーっ!!

 

 

 

なんと、一個だけ置いてあったのは本マグロのアラ!しかもこんなにずっしり入って300円だとぉーっ!?

 

良いのでしょうか。こんなに本マグロをぞんざいに扱って。「腐っても本鮪」ですからね。うまーく削ぎ取れば中トロが何貫か作れるのではないでしょうか。

 

 

本マグロのネギマ鍋を作ろう!

というわけでちゃんパパ氏の動画のようにアラを切っていきましょう。

【パパの料理】激安まぐろのアラで料亭の味(ねぎま鍋)【節約レシピ】

 

とりあえず適当にぶつ切りにすれば良いので子どもでもできます。

 

ちょっと大きめですがこのぐらい豪快にいくのが漁師メシです。

 

ポイント1「熱湯で湯引き」する!

まず初めのポイントは、切ったアラに熱湯をかけて湯引きすることです。これにより気持ち臭みを取ります。

 

あくまでも「料理してるだろ感」を出すためです。

 

 

次にネギ。「赤ネギ」というなんだか高級そうなネギを150円で手にいれました。

 

 

おおっ!なんだこの新鮮そうなネギは!これだけでも旨そうです。

 

 

鍋に適当に水を入れます。

 

そしていつもの「料理人ぶる」という悪いクセ。レシピにはない「勝手にオーマイ昆布」を繰り出します。

 

せっかくなので「勝手にぶなしめじ」も用意しました。

 

味付けは、醤油、めんつゆ、砂糖、みりん、日本酒。おそらく「調味料的なものを適当にぶちこめばなんとかなる」でしょう。

 

 

そして煮立ってきたらアラをぶちこむ!アクはしっかりと取りましょう。

 

ポイント2「ネギは焦げ目をつけてから投入」!

次なるポイントはここ!

ちゃんパパ氏は「ネギは焼き目をつけると旨そうに見える」と。これは本当だ、一気に郷土料理感がスパークしました。

 

終わり。たったこれだけ。これなら料理下手な貧乏釣り人でも簡単に作ることができます。

 

 

酒のつまみに最適!激安アラを手にいれよう!

以上。計600円くらいで家族四人分のネギマ鍋ができました。

 

ネギとアラですから栄養満点!子どもにも食べてもらいたい料理です。しかし「栄養満点」って何でしょうね?栄養に満点ってあるのでしょうか。

 

そんなことは置いておいて、程良い血のクセが酒のつまみにも最適です。「オヤジの味」の代表格となるでしょう。

 

 

しかしこの料理の最大の難関は「アラを入手できるか」ということ。アラを見つけたらすかさずカゴに入れましょう。

 

とは言え調理の行程はとても簡単なのでみんなもちゃんパパ氏の参考動画を見ながらやってみよう!

〈皆様のご投票でもっと上に登りたい!よろしくお願いします!〉 にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

コメント