スポンサードリンク

完全オリジナルイベント「釣りクイズ」の開催!バベルスクールは最大の盛り上がりを見せる…!

楽しい企画モノ!
スポンサーリンク

前回のあらすじ

ロブルアーの人気イベント「バベルスクール」にスタッフとして潜入したグリーン。参加者を楽しませるために企画した未曾有の大会とは…!?

大人気のバベルスクールにスタッフとして潜入!何かを残すことは出来るのか?

 

 

さっそく報酬をいただきました。

 

308カレー(大)です。

 

なんと、昼食まで恵んでくださるとは有り難や鶴貝様…!プアースタイルの基本報酬「うまい棒」よりも遥かに豪華。レクチャーしているしもきん氏ユッケ氏を眺めながら一足先に腹を満たします。

 

 

 

午後もしもきん氏とユッケ氏によるレクチャーは続きます。

 

30名近くの参加者全員に余すことなくバベルをレクチャーするのですから大変です。

 

 

 

私も何かしなくては…!

 

 

 

私も私なりに懸命にレクチャーを行います。

 

 

 

バベルの良さ…、ロブルアーの素晴らしさを全身で伝えます。

 

 

参加者の方々も私の説明を熱心に聞いてくれていました。

 

 

やはり想いが伝わるというのは大変嬉しいものですね。バベルのレクチャーが出来ない私にもやるべきことはあったのです。

 

 

参加者全員への個別レクチャーが終了しました。

 

 

さあ、ここからが私の出番です。

 

 

今回レクチャー後に行われるイベントは「ロブルアー釣りクイズ」。釣りとクイズを融合させた釣り界初の試みとなるでしょう。

 

私達が勝手に考えたこのゲームをやらせてくれるロブルアーの懐に感謝…!しかしやらせてもらうからには参加者の方々に楽しんでもらわなければなりません。

 

 

ルールは簡単。

 

①スタートの合図とともに釣り開始

 

②釣った人には一匹につき一枚の「クイズ解答券」がもらえる(最大3枚保持可能)

 

③解答券を出題所に持っていくとクイズが出題される

 

④クイズに正解すれば賞品ゲット!不正解ならうまい棒(グリーンやさいサラダ味)ゲット!

 

 

読んだだけで楽しそうでしょう。いいですよ、各釣りメーカーの皆さん。この釣りクイズを他のイベントでも多いに活用してください。カレーライスの報酬で全然構いませんよ。

 

ちなみにクイズの難易度は「チチワ結び」ランクとしました。せっかく出題所まで行って外れたらうまい棒を叩き割りたくなりますからね。

 

 

しかも賞品はなんと「選べるバベルA」に加えて「ももいろカラコンZ」!バベルが品切れてももいろカラコンZのみになったら誰も出題所に来なくなるんじゃないでしょうか…。

 

 

しかし予想に反してカラコンを獲得する方が多くいました。

 

何せ「今日カラコン買えないんですか!?」と言ってくる方が2名もいましたからね。販売用カラコンを持参しなかったことを悔いるしかありません。

 

しかし計8個のカラコンを放出し、全て無くなりました。今日だけで新たな8人の「カラコニスト」を生み出してしまいましたね。

 

 

 

そしてロブルアー釣りクイズは終了。しかしこのあともお楽しみが待っています。

 

ジャンケン大会!308クラブさんからも豪華な賞品を提供していただき、大興奮のゲームとなりました。

 

 

最後まで楽しめるロブルアーイベント。今回参加できなかった人は下のフロアから苦情が出るくらい地団駄を踏みましょう

 

 

そして閉会式。長き一日が終わりました。

 

しかし雑用ADの仕事はまだあります。会場の片付けを終えて初めて休むことができるのです。

 

しかも欲張って先日行われた「管釣りフェスってなんだ!?」のあとがたり編を4人で収録させてもらいます。まだ聞いていない人は5回聞いて5回涙しましょう。

「管釣りフェスってなんだ!?」の秘話が聞ける!ユッケ・グリーン・鶴貝社長・しもきんの「うらがたり」録音!

 

 

 

片付けも収録も終わり、後は帰るだけとなりました。

 

鶴貝社長からは、夏休みに予定されているトライアングルレインボー企画「子ども食堂ニジマス釣り大会」へのご協力の申し出をいただきました。

 

ありがたい…、トライアングルレインボーをガン無視したメーカーさんもいたというのに、ロブルアーを始め多くのメーカーさんが力になってくれるようになりました。トライアングルレインボーをガン無視したメーカーさんがいても少しも気になりません。

 

 

さあ、今回のバベルスクールへのスタッフ参加で次の要請は間違いなく無いだろう!今回参加された方々は本当に運が悪かったな…!!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村クリックお願いします!

 

コメント