縦釣り初心者におすすめするアイテムはこれだ!縦釣り師養成講座

スポンサードリンク

最近縦釣りが大のお気に入りの私。

 

 

「こんなに釣れるなら毎回ボウズの恐怖に怯える必要がない」というのが一番の理由です。

 

 

好きな釣り方をして全く釣れなくても、釣りたくなったときに釣れる方法がある。なんて幸せで贅沢な果報者でしょう。

 

 

 

これを他人にも勧めてみたい!手っ取り早く、よく釣りに同行する「モーセK師」を勧誘します。

 

 

 

「超絶面白いほぼ間違いなく釣ることができる『縦釣り』って知ってます!?」明らかに胡散臭い勧誘です。

 

 

 

釣りを知らない人から見れば「楽して儲かる方法があるんですけど知ってます?」と何ら変わりはありません。

 

 

 

 

しかし私は縦釣りの楽しさを熱く伝えることにより、なんとかモーセK師をタックルベリーに引き込みました。

 

 

まずは「中古コーナー」。ここに縦釣りルアーがよく入荷されたりしています。

 

 

ありました。ROBの「バベルZ」が。

 

 

 

 

このモーセK師。ルアーメーカーには興味がありません

 

 

まだ管理釣り場をやり始めた頃に、「よくわからないけどトラウトルアーを揃えた」というのでワレットを見せてもらうとキラキラ目のクランクがビッシリ。ROBのバービーなんていう高級クランクも知りませんでした。いや、今も知りません。ROBのバービーかどうかということはモーセK師には全く関係がないところです。

 

 

 

そんなモーセK師にROBルアーのバベルだと言ってもそれは意味のないことなので「縦釣り爆釣ルアー」と教えました。

 

 

 

 

中古では二つ売っていましたが、モーセK師はそれでは物足りません。もっとざっくりと「金にまかせて」たくさん欲しいのです。

 

 

 

何も分からず買ったバービーだって大量でした。一万円ぐらい一気に買ったようです。それならばと新品のバベルを見に行きます。

 

 

 

 

蛍光カラーのバベルZがたくさんありました。「とにかくまずは視認性」という独自の理論を伝えるとモーセK師は有無を言わずピンク、黄色、オレンジを全て購入しました。その財力がうらやましい。

1.5gしか置いていなかったのは残念なところですが、「縦釣りの里」で使うには問題ないでしょう。

 

 

 

次にライン

 

「視認性の良い中程度の品質で良い」ということを伝えましたがta氏のおすすめは「エステルライン」だと伝えるとやはり有無を言わさず購入。

120mという、2回分がリールに巻けて税抜710円!コストパフォーマンスにも優れています。私は絶対にトーナメンターではありませんが使っても良いでしょうか?「超絶視認性」ですよ!?次、買います。

 

 

 

ta氏の話では、エステルラインは伸縮性がないのがメリットではあるが、そこがデメリットとなり前触れもなくプツンと切れることがあるとのこと。それでもこの安さなら試してみたくなりますね。今度モーセK師に感想を聞いてみましょう。

 

 

 

 

バベルを縦釣り用として使うには「フックを逆に取り付ける」という作業が必要。せっかくご購入いただいたのだからその作業は私がやらせていただきましょう。画像の「フロントフック」の記載にあるとおりです。

 

 

 

 

ロッドとリールについてはあえて「不問」としました。一番重要なのは「ライン」と考えているからです。どんなロッドでもリールでも釣らせて見せましょう!いや、バックボーンに「縦釣りの里」があるので強気に出ただけです。

 

 

 

 

さあ、縦釣りの準備は出来た。あとは釣るだけだ!グリーンの持つ知識だけで縦釣り入門者に釣らせることはできるのか!?次回、いざコーチング!!

初めての縦釣りで爆釣!ヒットルアーはバベルZの蛍光カラー!?

 

 

少し面白かったという方、クリックお願いします! にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

 


関連記事です!

スポンサーリンク

最近の人気記事!

魚料理カテゴリー人気記事!

“縦釣り初心者におすすめするアイテムはこれだ!縦釣り師養成講座” への2件のフィードバック

  1. bonobono より:

    フックの向きは、バベルの向き”( ”、フックの向き” し ”
    合わせて”(し ”で良いのでしょうか。見づらくてすみません。

    • green より:

      OKです!バベルZのパッケージの後ろにはそう書いてありました。私じゃなくてROBがそう言ってるのだから安心ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です