スポンサードリンク

巻きバベルA「たてよこななめ」の真髄を完全会得!?とにかく停滞時間を増やせ!

基本ボウズ!ポンコツ実践記
スポンサーリンク

前回のあらすじ

3年間使われたセニョールトルネード赤が名誉の寿命を全うした。しかし持ちうる全ての手段を使って釣ってみせる!

朝霞ガーデンの土日に潜入!変則タックルで朝イチに失敗する!

 

最高の釣日和。気温は徐々に高くなってきます。

 

たてよこななめ氏はバベルで連発。連発というかずっと釣れ続けています。

 

 

 

では私もとうとう秘技を出してしまうかな…。

 

 

「失くすともったいないから使わない」及び「ラインに直結するのが大変」の理論により鳴りを潜めていたバベルA。久々に使うこととしましょう。

 

 

足元のクリアなポイントで縦及び横、斜めの動きを確認します。

 

 

足元2mで微妙に動くよう、たて、よこ、斜め上、斜め下に動かすと…、

 

 

 

ヒット!

 

 

バベルA「麒麟」カラーで釣れました。

 

 

またたて、よこ、斜めに極ゆっくり、鱒の反応を見ながらバベルAを動かします。すると…、

 

 

 

さらにゲット!

 

 

 

わかった…、ついにわかったぞ…、

 

 

 

 

たてよこななめの動きの真髄が…!!

 

五時レンジャー三人

 

私は今までルアーを意識してたてよこななめに動かしていました。しかし今回は逆に「動かさないことを意識」しました。できるだけ動かないように動かす。「止まらないように、しかし動かないように」という感じです。

 

 

すると、バベルAの近くにいる魚は反応しなくても、そこより少し離れた位置にいる魚が食ってくるようになったのです。サッカーで言うと「第2ラインからの飛び出し」ですね。

 

 

 

この動きを見えない場所、すなわちしっかりキャストしてから行うことを意識します。

 

 

ロングキャスト!そして沈める…。

 

その後はできるだけリールを巻かずに、しかし止めずに、先ほど動いていたように意識して微妙に動かします。するとラインが動く…、

 

 

 

ヒットぉーーーっ!!

 

 

完全に会得しました。巻きバベルとは意識的に動かすのではなく、意識的に動かさないようにするということだったのですね。

 

 

 

隣りにいたミホミ氏に私が会得した巻きバベルの真髄を伝授します。

 

ミホミ氏は真摯に私の話を聞いています。それも当然、今までベールに包まれていたバベルAのたてよこななめの動きの真髄が聞けるのですからね。ついに私がバベルAの伝承者となったのです。

 

 

 

そして本家のたてよこななめ氏にもこの動きを会得したことを報告しに行きます。すると…、

 

 

 

「うーん、違うかな。」

 

 

 

な、なにぃーーーっ!!

 

なにぃ!

 

なんと!私が会得した「巻きバベルたてよこななめの真髄〜漆黒の章〜」が完全に否定されました!

 

 

嗚呼、恥ずかしい…。得意になってミホミ氏にクソ技を伝授したインチキ伝承者ここにありです。うっかりこの記事を参考にしてブックマーク保存してしまった方、お手数ですが削除をお願いします。

 

怖いニジマス

 

ミホミ氏はあまり口を聞いてくれなくなりましたしかしジャギさながら巻きバベルの異端児となった私はカラコンでせこせこと釣果を伸ばします。

 

朝霞ガーデンルアー池の「とある場所だけなぜかカラコンへの反応が違う」という謎の現象を活用して二桁へ迫る…!

 

 

 

しかし…、タイムアップ!結果9匹…!

 

 

残念、二桁には至りませんでした。しかしそんなことはどうでも良いのです。釣りに間に合わなかったユッケ氏が到着しましたので、もはやみんなは競艇モード。本来の目的「大勢で競艇に行く」の準備ができました。

 

息子は3匹。まあ「全然偏光しない偏光グラス」をかけていたから仕方がないですね。「全然偏光しない偏光グラス」しか持っていませんから仕方のないことです。ちなみに私は「裸眼」です。

 

 

親子二人で「乙女コンパクトはやっぱり使いづらいよな。でもダイワのリバティクラブはホント最高だよ!アタリが如実に取れる!やっぱメーカー品は違うな!」などと底辺の会話をしていたのを横で聞いていたたてよこななめ氏は哀れに思い、なんと自身のコールマンの偏光グラスを息子にくれました!

 

 

 

 

こ、これは…!

 

 

かけてみてびっくり。世の中のあらゆる光線を無効化するような偏光ぶり。これが本来の偏光グラスの性能なのか…!

 

一流偏光グラスをプレゼントされた息子は大喜び。「野球でも使える!」と豪語していました。

 

 

 

しかし朝霞を後にし、バイクで戸田競艇場へ向かう道中、息子がぽつりと言いました。

 

 

 

 

「貧乏釣り部を痛感するよ…」

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

終劇

 

にほんブログ村 釣りブログ 貧乏釣りへ
にほんブログ村 一緒に名言を叫ぼう!

コメント

  1. Ken より:

    貧乏釣り場の皆さんのブログ拝見していて思うのですが、「貧乏」が当てはまるのがグリーンさんだけのような気が・・・。
    他の方は少なくとも私より釣りにお金をかけていらっしゃいます。  ^ – ^

  2. Shunshi.N より:

    貧乏つり部最大御所の記事に初めてコメントさせて頂きます。
    たてよこななめ氏の使っていた偏光グラスとなると信じられない釣果をたたき出す代物ですね。
    早速Amazonでポチッとさせて頂きました。メガネっ子の息子に使わせますのでグリーン様ご子息とおそろになります。
    私の偏光グラスは大御所の一人のおすすめユニクロ旧式。在庫処分で更に格安で売っていたのでストック分含め3個の大人買いしました。安定の貧乏つり部情報クオリティー。
    略して言うところの貧乏サイコー!!

    • グリーングリーン より:

      ついに買いましたか!「太陽が見られる」という伝説の偏光グラスを…!
      それを恵んでもらわずに自分で購入するなんてとんだ富豪です!さらなる高みへ行きましたね…。

タイトルとURLをコピーしました