スポンサードリンク

ダイソーメスティンを適当に使ってみる【シーズニング不要でいきなり炊ける!】

100円ショップで揃える釣り具
スポンサーリンク

今話題のダイソーのメスティンを入手!

ついに話題のダイソーのメスティンを入手しました。

 

ダイソーのメスティンが話題になるまでこれがメスティンという名前の物だと知らなかったという国民はなんと9割以上だとか(五時レンジャー貧乏釣り部調べ)。

いわゆる「飯盒器」のことですね。小さな飯盒炊飯をやる時に使う物です。

 

ダイソーのメスティンは500円!

ではこのダイソーのメスティン。何が話題か

 

 

 

コストパフォーマンスですね。

 

 

本体価格500円、税込で550円という「Go!Go!郷!」価格というのが驚きです。

 

 

 

通常のメスティンであればこれくらいの価格。

(これは2合用)

 

ダイソーのメスティンは一合用ながら500円という「メスティン界の激安王」の名をほしいままにしています。

 

 

 

一合用ということは、私のように「孤独庭キャン」をやる人には最適ということ。

 

「孤独庭キャン」とは、家族がいるのに庭に出てきてくれないために一人でやることになる庭キャンの総称。令和の時代に新しく生まれた言葉ですね。

created by Rinker
イワタニ(Iwatani)
¥3,800(2021/07/28 07:13:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥2,222(2021/07/28 15:20:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

しかしあまりにもお手軽で楽しいのでカセットコンロと網焼き器は「一人庭キャン五大神器の一つ」といえるでしょう。

 

そこに加わる価値のある、いわば孤独庭キャンのために生まれたと言っても過言ではないこのダイソーのメスティンの性能をとくと味わってみることとしました。

 

準備品も100円!

ダイソーのメスティンを使うためには「加熱するもの」が必要なことは当然です。

 

コンロやバーナーなど、手持ちの加熱用品を用いれば良いことなのですが、ダイソーのメスティンにちょうど良い物が売っていたので買ってみました。

 

これはアルコールバーナー用五徳というもの。ちょうど良い大きさの鍋置きです。

 

100円の分際で2サイズ対応できるというのはさすがダイソー。頼んでもないことをしてくれます。

 

 

そしてこの五徳で使えるという固形燃料。「旅館で出てくるアレ」と言えばもう分かりますね。

 

今回はあえてこれらの組み合わせでご飯を炊いてみることとしましょう。メスティンの箱にも「半自動炊飯」という新しそうで全然流行らなそうな機能が書かれていますしね。

 

 

説明書通りにシーズニングしないで使用してみる

ということでまずは説明書にかかれたとおり、「一合の米を研いで15〜30分」浸します

「えっ?シーズニングしないの?」と驚かれた方、キャンプ玄人ですね。

 

「シーズニング」とはメスティンの焦げ付き防止や臭い防止のために用いる事前準備のこと。米の研ぎ汁でメスティン全体を煮込むという常人では思いつかないキャンパーの技法です。

 

しかしシーズニングというものはやりません。なぜかって?

 

 

 

 

 

説明書に書いてないからですよ。

 

 

説明書に書いてないということはダイソーが「別にやらなくていいよ」「キャンパーなら当然知ってんだろ」と考えているからでしょう。前者に賭けました。

 

 

さらに駄目な人がやってしまう、「キャンパーきどり」で炊き込みご飯風を試みました。

ちなみに水の量は適当です。これも説明書に書いてなかったからですね。

 

 

ダイソーのメスティンでご飯を炊く!

さあ、ダイソーのメスティンで適当にご飯を炊いていきます

 

五徳を組み、中に固形燃料を入れます。

 

そして火にかけます。

 

なんと、固形燃料が無くなったらちょうど炊きあがりという恐ろしく緻密に計算された仕様となっているそうです。これは楽ちんですね。

 

 

固形燃料が無くなるまで待つとします。

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

おかしいな…。

 

 

説明書には「10分くらい経つと吹きこぼれが始まりますが~」と書いてあります。

 

 

が、始まりません。

 

 

 

しかし飯盒は「赤子泣いても蓋取るな」が鉄則のため、そのまま待つとします。

 

 

 

そして固形燃料が全て無くなりました。

 

 

 

恐る恐る蓋を開けると…、

 

 

こ、米が炊けてない…!!

 

 

米がまだ水を吸ってない状態になっています。試しに噛んでみるとやはり硬い。完全に失敗に終わりました。

 

 

「出来なかったら修正する…!炊き返しだ…!」

 

 

熱湯を少々入れてまた火にかける「炊き返し」により修正を図ります。固形燃料2個目となりますがそんなことにかまっていられません。

 

敗因はおそらく「風」だと思います。風除板が見当たらなかったため、風をモロに受けてしまいました。出来るだけ壁によせてからかけ直します。

 

しかし吹きこぼれない…。水蒸気のようなものが出てきたので良しとしましょう。先程と比べれば大きな進歩です。

 

 

そして固形燃料が尽きない前に調整を図って蓋を開けてみます。

 

 

こ、これは…!

 

なかなか良いのでは無いでしょうか。今回は水を多く含んで良さそうな状態です。

 

 

ついにダイソーメスティンご飯が完成!

味見してみます。

 

 

…ご、ご飯だ!ご飯が我が家にやってきた…!

 

 

やりました。完全逆転勝利です。「炊き返し」が成功しました。

 

アルミ臭さなども全くありません。アルミに焦げもつきませんでした。やはりシーズニングはしなくて良かったのですね。

 

適当にやってみましたが何とかなりました。敗因は風除版ですね。風除版があれば固形燃料が一個でもできあがるのではないでしょうか。

 

家から離れたところで行う場合に面倒くさいのがですね。悠長に研いでなんていられません。そのため、一合用の無洗米を購入しました。

 

これならペットボトルの水をぶちこめば準備完了というわけですね。(十分な時間水に浸してください)

 

 

さあ、「一人庭キャン五大神器」の一つ、ダイソーメスティンをつかいこなしたぞ!残りの神器が何なのかは知らない…!

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村 管理釣り場を応援しよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました