ラメをふんだんに取り入れたカラコンのテスト!見事結果を出せるのか!

前回のあらすじ

釣りミーティングin川場キングダム。今回はなんと80cmクラスが入荷されているとのこと。まだ釣られていないプレミア級のトラウトは残っているのか!

デカいサイズを入れた川場キングダムフィッシングにみんなで挑んでみよう!

 

 

私は特に釣らないと死ぬとかではないのでスロースタートです。みんなに挨拶をしつつなかなか釣りを始めません。

 

だって、こんなスープが無料で提供されていたんですよ!

なんたるもてなし。川場キングダムのもてなしはとどまるところを知りません。もてなしの進化が速すぎて東京オリンピックの時には一体どうなっているのでしょう。

 

 

 

今回の戦略は「モードB」。カラコンが効かない場合のモードBです。

 

モードBのルアーは、カラコン、セニョールトルネード赤、ハイドラム、ふわとろです。ちなみにモードAはカラコンのみ、モードCはモードBにcompを加えたものです。

 

夏よりは釣れるかもしれない。川場村の夏は、雰囲気は最高ですがそれと引き換えに釣れる感は減少します。があるからですね。藻が少なくなれば私にも勝機ありです。

 

 

そして今回の重要なミッションはこちら。

「練マザー作の試作品で釣る」です。

 

練マザーの作ってくれた試作品、ラメをふんだんに取り入れたカラコンです。練マザーが作ったので「マザコン」と命名しましょう。

 

 

 

さあ、早速試してみましょう。たてよこななめ氏のいた流れ込み側に陣取ります。

 

色とりどりのマザコン。

それぞれを試してみますが反応はありません。そもそも川場キングダムはカラコンが効かない釣り場。私の「カラコン効力データベース」ではそう解析されています。

 

 

私がここでマザコンをテストすることの限界を感じ、カラコン公式テスターに依頼します。

 

たてよこななめ氏です。

 

 

たてよこななめ氏は貧乏釣りメーカー「POOR STYLE」と契約をしている数少ない公式テスターです。やはり新開発ルアーにはテスターの力が必要ですね。

 

 

メーカー(右)、製造者(左)がテスター(中)を見守ります。新作ルアーの命運を賭けた緊張感のある場面ですね。

 

 

「アピール力はありそうだが反応はあまりないか…」

 

やはり公式テスターでもいきなりこのマザコンを使いこなすのは難しいか…?

 

 

 

否!ヒット!!

 

数投で釣り上げました。やはりPOOR STYLEの公式テスターたてよこななめ氏。年間契約うまい棒5本で雇っただけはあります。

 

 

その後は何回も当たりがありましたがバラしてしまう。現在1キャッチ5バラしです。

 

 

 

「フックの大きさを調整することが必要だな」

 

フックの大きさを12や14など、細かく調整しています。私にはまるでわかりません。

 

 

 

水中でマザコンを微妙に操作しています。どんな操作をしているのか私には知る由もありません。

 

 

ここでヒット!白のラメに当たりがありました。

 

表層、ボトム、レンジを探り、動き方も変えてみます。どうやっているのかは全くわかりません。

 

さらにヒット!

 

全て上あごにかけるという見事な芸当。確実に食った瞬間に合わせを入れているのですね。

 

やりました。マザコンが釣れるということをいとも簡単に証明しました。私なら3日かかったことを20分で証明してくれるなんてなんてコストパフォーマンスが良いのでしょう。

※カラコンルアー販売ページ。ちなみにラメコンはまだ販売されておりません。

 

 

マザコンのテストは終了。ペレット撒きが始まったからです。オーナーがペレットを撒きながらポンドを一周します。

 

 

未だ0匹の私。カラコンテストに忙しかったからですね。ペレット撒きで見事ボウズ逃れを確定させておきましょう。

 

 

 

ペレットが撒かれる。カラコンを投げる…!

 

 

 

釣れない!

 

私の両隣、たてよこななめ氏とユッケ氏、ta氏は爆。どうしても私だけには釣れません。

 

完全にカラコンはここのトラウトに嫌われているのですね。いや、たてよこななめ氏には好かれていますね。私自身が嫌われています。

 

 

「子供が釣れるまでペレットを撒き続けてくれる」というオーナーは哀れに思い、その対象を「子供」から「子供と貧乏」に広げてくれました。

 

私の巻くラインにペレットを撒き続けてくれるオーナー。それでも釣れません。

 

私自身が魚に嫌われているのだから仕方ない。多国籍パブでキャストのおかわりを渋る私なんて魚に嫌われて当然なのです。

 

 

 

ついにオーナーに言いました。

 

 

「すいません。もういいです…。諦めました…。」

 

増税でペレット代だって上がっているはず。それを私に費やすなんて間違っている。私に撒くのはで十分なのです。

 

 

オーナーもこう思ったことでしょう。

 

 

「コイツマジ釣れねーな。こんなにペレット撒いて釣れねーとかマジでヤバいよ。しかも前回もだぜ。こいつなら2トン撒いても釣れねーんじゃねーの…?」

 

そんな思いを全く顔に出さず、残念そうに去っていきました。

 

 

 

とここでこちらから見て対岸。小屋側のほうで騒がしくしています。大物が上がったのか…?

 

走る…!ネタを求めて奔走するグリーン!次回、大物をゲットしたのは…?

川場キングダムで緊急事態!命を守るため孤軍奮闘した結果は…!

 

いつも投票ありがとうございます!今回もよろしくお願いします! にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

 

関連記事です!

人間失格系カラコンルアー好評発売中!

このブログの収益の一部、ほんの一部は「unicef」及び「あしなが育英会」に寄付されています。

スポンサーリンク

“ラメをふんだんに取り入れたカラコンのテスト!見事結果を出せるのか!” への4件のフィードバック

  1. アバター うーちゃん より:

    グリーンさん。おはようございます。

    マザコン!爆笑しました。
    そしてテスト風景が様になってますね。
    読者企画で全国◯◯コン コンテストを開催してはいかがでしょうか?

    • アバター green より:

      マザやロリ、ファザなど色々シリーズ展開ができますね!しかしたてよこななめ氏のカラコン技術は相当のものですね。カラコン世界一決定戦があったらブラジルと同じく優勝候補です。

  2. アバター しのやん より:

    ペレットタイムで釣れないのは厳しいですね( ̄▽ ̄;)

    ペレットカラーで表層、またはゆっくり沈む物なら釣れると思うんですが、、、

    トップで浮いているだけでもバホバホされて楽しいですよ(笑)

    • アバター green より:

      後半…、ついにペレットタイムでの逆襲が始まる…!
      鱒の命を助けた私に幸運が訪れます…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です